XS_AUTOMATIC_USER_FEEDBACK_SAVING_INTERVAL

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

XS_​AUTOMATIC_​USER_​FEEDBACK_​SAVING_​INTERVAL

[詳細設定] ダイアログ ボックス内のカテゴリー

モデリング

使用状況統計情報の保存間隔を定義する整数を入力します。保存間隔は、データ収集がファイルにデータを保存するまでに発生するコマンドまたは相互作用の回数です。詳細設定の値は、ログファイルの行数に対応しています。デフォルト値は、100 です。

UserFeedbackLog.txtという名前のログファイルが teklastructures.ini ファイル内の XSUSERDATADIR で定義されたパスの下の Logs フォルダにあります。

役に立ちましたか?
前へ
次へ