Tekla Structures 2022 リリース ノーツ

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

Tekla Structures 2022 リリース ノーツ

Tekla Structures 2022 へようこそ。

Tekla Structures で自動化を行い、迅速なコラボレーション、プロジェクト時間の短縮、ワークフローの円滑化、および効果的な意思決定を実現します。ワークフローが改善されるため、早期の意思決定、すばやいコラボレーション、工場製作によるスケジュールの短縮を実現できます。先進的なペーパーレスのワークフローと高度に自動化された製作により、まったく新しい利便性を体験し、建設の工程を変革しましょう。

このバージョンのさまざまな新機能と改良点については、以下の情報を確認してください。

サービス パック

現在利用できるサービス パックで加えられた新機能、改良点、修正については、次のリンクを参照してください。

互換性

未完成のモデルは、現在利用しているバージョンの Tekla Structures を使用して完成させることをお勧めします。

今回のバージョンには下位互換性がありません。Tekla Structures 2022 でモデルを作成または保存すると、以前のバージョンではデータベースが異なるため開くことができません。

サポートされているオペレーティング システムについては、ハードウェア推奨事項を参照してください。

オンプレミスライセンスの場合、Tekla Structures2022 では、Teklaライセンスサーバー 2017 以降が必要です。Tekla Structures の現在のバージョンで使用するライセンス サーバー バージョンを確認するには、「Tekla ライセンス サーバー のハードウェア推奨事項」を参照してください。

管理者向けリリース ノーツ

上級ユーザーは、「Tekla Structures 管理者向けリリース ノーツ」を一読し、今回のリリースで追加されたカスタマイズ設定の適用方法をご確認ください。

ローカライゼーション リリース ノーツ

今回のリリースにおける環境固有の変更点については、「ローカライゼーション リリース ノーツ」で説明しています。

Tekla Open API リリース ノーツ

Tekla Open API リリース ノーツは「Tekla Developer Center」にあります。

Tekla Structures のバージョン全体のリリースノーツの概要

バージョン全体Tekla Structuresのリリースノーツの概要は、バージョン 2018 以降のバージョンおよびサービスパックの新機能と改良点Tekla StructuresについTekla Structuresて解説しています。概要は英語でのみ利用可能です。

Was this helpful?
前へ
次へ