XS_MIS_SEQUENCE

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

XS_​MIS_​SEQUENCE

[詳細設定] ダイアログ ボックス内のカテゴリー

エクスポート

MISがエクスポートするEJEファイルタイプおよびKISSファイルタイプでシーケンスを有効にします。

シーケンス情報として使用する部材プロパティを定義します。 以下のオプションがあります。

  • CLASS

  • PHASE_NUMBER(デフォルト)

  • PHASE_NAME

  • UDA:USER_PHASE

注:

シーケンス情報フィールドの最大長は、KISSファイルタイプで10文字、EJEファイルタイプで4文字です。 この情報をMISシーケンスとして使用する場合は、フェーズ名またはユーザーフェーズに長い名前を使用しないでください。

この詳細設定はユーザー固有であり、設定はユーザー フォルダーにある options.bin に保存されます (例: C:\Users\<user>\AppData\Local\Trimble\Tekla Structures\<version>\UserSettings)。Tekla Structures を再起動して、新しい値を反映させます。

役に立ちましたか?
前へ
次へ