XS_DRAWINGS_USE_CAP_HEIGHT_FOR_FONT_HEIGHT

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

XS_DRAWINGS​_USE​_​CAP​_HEIGHT​_FOR​_FONT​_HEIGHT

[詳細設定] ダイアログ ボックスのカテゴリー:図面のプロパティ

この詳細設定により、図面で使用されるフォント高さシステムが決まります。

  • この詳細設定を TRUE に設定すると、図面のエクスポート (DGN、DWG、DXF) と印刷/出力 (紙、プロット ファイル、PDF) で CAP の高さが使用され、フォント高さが特定のフォントの大文字の高さと同じになります。CAP の高さを使用すると、Tekla Structures 図面で設定されるフォント高さが、Autodesk AutoCAD または Bentley MicroStation で図面を開いたとき、または図面を紙に印刷したり PDF に出力したときと同じになります。

  • この詳細設定を FALSE に設定すると、em フォントの高さが使用されます。たとえば、em の高さを使用し、図面を Tekla Structures から DWG ファイルにエクスポートすると、フォント高さが別の単位 (em から CAP) に変換され、結果のフォント高さが何度も不正確になります。
  • デフォルト値は FALSE ですが、使用する環境やプロジェクトによっては値を TRUE に変更する必要があります。

従来、Tekla Structures 図面内のテキストの高さは、em (ポイント サイズ) フォントの高さのみを基準として決まっていました。ただし、プロジェクトによっては、別の業界標準である CAP フォントの高さを使用してテキストの高さを決める必要があります。CAP の高さには、em の高さよりも大文字の高さがより正確に反映されます。

(1) CAP の高さ

(2) ポイント サイズ (em)

以下の図に、詳細設定を TRUE (CAP の高さを使用) に設定した場合と、FALSE (em の高さを使用) に設定した場合の、エクスポートされた DWG ファイル内のフォントの高さの違いを示します。

注:

図面テンプレートで大文字のフォントの高さを適用することもできます。テンプレート エディターの図面テンプレートによって作成された図面内のテキストは、XS_DRAWINGS_USE_CAP_HEIGHT_FOR_FONT_HEIGHT 詳細設定の影響を直接受けません。これは、フォントの高さを変更すると、テンプレート フィールドがオーバーラップする可能性があるためです。

図面テンプレートに CAP フォントの高さを適用する方法について詳しくは、「グラフィック テンプレートでのフォントの高さの制御」をご覧ください。

この詳細設定はモデル固有であり、設定はオプション データベースに保存されます。

役に立ちましたか?
前へ
次へ