レポートの作成

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

レポートの作成

モデル全体または選択したモデル オブジェクトのみに関連したレポート情報を含めることができます。Tekla Structures では、関連する製品とその他のオブジェクトが自動的に選択されます。目的のモデル オブジェクトを含む、複数の図面のレポートを作成できます。さらに、製品のリストや、製品に含まれる部材のレポートを作成できます。レポート テンプレートにネストされた製品構造が含まれる場合、表示または印刷するレポートに製品の階層が Tekla Structures に表示されます。

.xsr.html、.csv、PDF などのさまざまな形式でレポートを作成できます。Tekla Structures ですべての .html レポートを Web ブラウザーで開くことができます。デフォルトでは、すべてのレポートは、Tekla Structures ウィンドウ内の新しいダイアログ ボックスに表示されます。

モデル全体または選択したオブジェクトのレポートの作成

  1. モデルを開きます。
  2. 必要に応じて、モデルをナンバリングします。

    モデルをナンバリングせずにレポートを作成できます。これは、大規模なマルチユーザー モデルからドラフト レポートを作成する場合に便利です。この場合でも、ナンバリングが最新になっていない場合は、Tekla Structures に警告メッセージが表示されます。

  3. [図面とレポート] タブで [レポート] をクリックします。
  4. [オプション] タブで表示設定を定義するか、必要な表示設定を含む設定を読み込みます。
    レポートをダイアログ ボックスと関連付けられたビューワーのどちらに表示するかと、作成後にレポートを表示するかどうかを選択できます。

    表示オプションは、頻繁に使用するものに設定し、上部にある [保存する] ボタンをクリックして、標準の設定ファイルで設定を保存することをお勧めします。[名前を付けて保存] を使用して、別のファイルに設定を保存することもできます。

  5. レポート テンプレート リストから [レポート テンプレート] を選択します。
    テンプレートを選択すると、テンプレートの名前とテンプレート形式が [レポート ファイル] ボックスに表示されます。

    リストに表示されるレポート テンプレートの検索場所の詳細については、「フォルダの検索順序」を参照してください。

    レポート テンプレートとテンプレートの作成の詳細については、テンプレートテンプレートの作成.html レポート テンプレートの作成PDF レポート テンプレートの作成を参照してください。

  6. [レポートのタイトル] に、目的のレポート タイトルを入力します。
  7. [名前] ボックスで、レポート ファイル名を変更し、レポートを保存するフォルダーを参照できます。
    デフォルトで、レポートはモデル フォルダの下の \Reports フォルダに保存されます。
  8. モデル全体のレポートを作成する場合以外は、適切な選択スイッチとフィルターを使用してレポートに含める部材を選択します。
  9. 以下のいずれかの操作を行います。
    • モデル全体のレポートを実行するには、[全部材(A)] をクリックします。
    • 選択したモデル オブジェクトについてレポートを実行するには、[選択部材(S)] をクリックします。
Tekla Structures では、定義した設定に従ってレポートが作成され、レポートを表示するように選択している場合は、レポートが表示されます。デフォルトでは、レポートはモデル フォルダの下の \Reports フォルダに保存されます。

選択した図面のレポートの作成

  1. レポートに含めるモデル オブジェクトの図面を作成します。
  2. モデルを開きます。
  3. [図面とレポート] タブで [ドキュメント管理] をクリックします。
  4. [ドキュメント管理] で、レポートに含める図面を選択します。
    Tip:

    複数の図面を選択するには、Ctrl キーを押しながら、選択する各図面をクリックします。

  5. [図面とレポート] タブで [レポート] をクリックします。
  6. リストから図面レポート テンプレートを選択します。

    たとえば、[図面リスト] または [図面リビジョン管理] を選択します。

  7. [レポートのタイトル] に、目的のレポート タイトルを入力します。
  8. [名前] ボックスで、レポート ファイル名を変更し、レポートを保存するフォルダーを参照できます。
    デフォルトで、レポートはモデル フォルダの下の \Reports フォルダに保存されます。
  9. [オプション] タブに移動し、表示オプションを設定します。
    レポートをダイアログ ボックスと関連付けられたビューワーのどちらに表示するかと、作成後にすぐにレポートを表示するかどうかを選択できます。
  10. 選択部材 をクリックします。

    Tekla Structures で、図面が選択され、レポートに情報が表示されます。定義した設定に従ってレポートが作成されます。レポートを表示するように選択している場合は、レポートが表示されます。

ネストされた製品のレポートの作成

  1. モデルを開きます。
  2. レポートに含める製品を選択します。
  3. [図面とレポート] タブで [レポート] をクリックします。
  4. リストから製品レポート テンプレートを選択します。

    次のレポートは、デフォルト環境にあります。

    • Assembly_List: 製品のリストを作成します。
    • Assembly_Part_List: 製品に含まれる部材のレポートを作成します。
  5. [レポートのタイトル] に、目的のレポート タイトルを入力します。
  6. [名前] ボックスで、レポート ファイル名を変更し、レポートを保存するフォルダーを参照できます。
    デフォルトで、レポートはモデル フォルダの下の \Reports フォルダに保存されます。
  7. [オプション] タブに移動し、表示オプションを設定します。
    レポートをダイアログ ボックスと関連付けられたビューワーのどちらに表示するかと、レポートを表示するかどうかを選択できます。
  8. 選択部材 をクリックします。
Tekla Structures では、定義した設定に従ってレポートが作成され、レポートを表示するように選択している場合は、レポートが表示されます。

レポート設定

設定

説明

レポート テンプレート 使用可能なすべてのレポート テンプレートのリストが表示されます。

レポートタイトル

オプションのレポート タイトル。

3 つまでのレポート タイトルを入力できます。各標準レポートでは、これらのタイトルのうち、必要なものだけが使用されます。たとえば、[製品リスト] レポートでのフェーズ情報の表示には、[タイトル1] が使用されます。

ブラウズ

レポートの保存先フォルダを変更するために使用します。デフォルトで、レポートは現在のモデル フォルダの下の \Reports フォルダに保存されます。

表示 選択したレポートを表示します。
印刷 選択したレポートを印刷します。
全部材(A) 選択したテンプレートを使用して、モデル内のすべてのオブジェクトからレポートを作成します。
選択部材 選択したテンプレートを使用して、選択したオブジェクトからレポートを作成します。

オプション:レポートの表示

Tekla Structures がレポートの表示方法を定義します。

[ダイアログ使用] を選択すると、新しいウィンドウでレポートが表示されます。

[外部アプリケーション使用] を選択すると、関連付けられたプログラムでレポートが表示されます。たとえば、Tekla Structures ですべての HTML レポートを Web ブラウザで開くことができます。

[オプション:レポートを表示する]

レポート作成後にレポートを画面に自動的に表示するかどうかを定義します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ