鉄骨梁 (曲) の作成

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

鉄骨梁 (曲) の作成

  1. [鋼材] タブで [ > 梁(曲)] をクリックします。
  2. 始点をピックします (1)。

  3. 円弧上の点をピックします (2)。
  4. 終点を指定します (3)。

    Tekla Structures では、プロパティ パネルの [鉄骨梁] プロパティを使用して、指定した点の間に梁が作成されます。

    半径は、ピックした点によって定義されます。

曲線梁プロパティの変更

  1. プロパティ パネルが開いていない場合は、曲線梁をダブルクリックし、[鉄骨梁] プロパティを開きます。
  2. 必要に応じてプロパティを変更します。
  3. [変更] をクリックします。

鉄骨梁プロパティ

プロパティ パネルの [鉄骨梁] プロパティを使用して、鉄骨梁、鉄骨折れ梁、または梁 (曲) のプロパティを表示および変更します。鉄骨梁をダブルクリックして、プロパティを開きます。梁プロパティ ファイルのファイル名拡張子は、*.prt です。

プロパティ パネル レイアウトをカスタマイズした場合は、プロパティのリストが異なる場合があります。

設定

説明

一般

名前

ユーザー定義可能な梁の名前。

名前には、最大 61 文字指定できます。

Tekla Structures では、部材名は、レポートと [ドキュメント管理] で使用されるほか、同じタイプの部材の識別にも使用されます。

プロファイル

梁のプロファイル

材質

梁の材質

仕上げ

仕上げのタイプ。

仕上げは、ユーザーが定義できます。仕上げでは、部材表面の処理方法を記述します。たとえば、防錆塗料、高温亜鉛メッキ、耐火コーティングなどの処理を指定できます。

クラス

梁のグループ化に使用されます。

たとえば、部材をクラス別に異なる色で表示できます。

マークシリーズ

部材ナンバリング

部材マークの頭文字と開始番号。

製品ナンバリング

製品マークの頭文字と開始番号。

位置

平面上

梁の参照線を基準とする作業平面上の梁の位置

回転

作業平面上の軸を中心とした梁の回転

デプス

梁の位置デプス。位置は作業平面に対して常に垂直になります。

端部オフセット

Dx

梁の参照線に沿って梁の終点を移動し、梁の長さ を変更します。

Dy

梁の参照線に対して垂直に梁端部 を移動します。

Dz

梁端部 を作業平面の Z 方向沿いに移動します。

梁(曲)

平面

曲率平面。

半径

曲線梁の半径。

セグメント数

Tekla Structures で曲線梁の描画に使用するセグメントの数。

変形

ねじり

変形角度を使用して梁をねじる場合に使用します。

モデルキャンバー

梁にプリキャンバー を付加する場合に使用します。

短縮表示

モデル内の梁を短縮する 場合に使用します。図面で梁の実際の長さが短縮されます。

IFC エクスポート

(IFC) entity

IFC エクスポートの 場合、部材の IFC エンティティ タイプとサブタイプを選択します。使用可能なサブタイプは、選択した IFC エンティティによって異なります。

事前定義されたオプションで IFC4 サブタイプを選択するか、USERDEFINED を選択して [ユーザー定義タイプ (IFC4)] に任意のテキストを入力できます。

サブタイプ (IFC4)

ユーザー定義タイプ (IFC4)

その他

UDA

[ユーザー定義情報] をクリックし、部材のユーザー定義情報 (UDA) を開きます。ユーザー定義情報には、部材に関する追加情報が含まれています。

役に立ちましたか?
前へ
次へ