図面内の螺旋梁の表示

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

図面内の螺旋梁の表示

螺旋梁は、折りたたまれた状態または折梁展開された状態で表示できます。展開ビューでは、螺旋梁はまっすぐに展開されます。

コンクリート螺旋梁および鉄骨螺旋梁の作成方法に関する詳細については、「コンクリート螺旋梁の作成」と「鉄骨螺旋梁の作成」を参照してください。

下の例では、[プロパティ2] タブのビュー プロパティで、[折梁展開] オプションが [はい] に設定されています。ビュー内で部材がカットされている ことに注意してください。

次の例では、[折梁展開] オプションが [いいえ] に設定されています。

螺旋梁の寸法設定

直線寸法、角度寸法、および半径寸法を螺旋梁に追加できます。

以下では、定義されたビューにおける寸法の自動作成について説明します。

寸法プロパティの詳細については、「寸法プロパティ」を参照してください。

  1. [図面とレポート] タブで、[図面のプロパティ] をクリックし、図面タイプを選択します。
  2. 左側のオプション ツリーで [ビューの作成] をクリックし、変更するビューとプロパティを選択して [ビュープロパティ] をクリックします。
  3. オプション ツリーで [寸法] をクリックします。
  4. 新しい行を追加し、[寸法タイプ] として [螺旋梁の寸法] を選択します。目的の寸法作成ルールのプロパティを選択し、[ルールの編集] をクリックします。
  5. [寸法作成ルールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[直線寸法]、[角度寸法]、および [角度寸法と半径寸法] で使用する事前定義された寸法プロパティを選択します。

    使用可能なプロパティがニーズに合わない場合、図面を開いてプロパティ パネルを開き、オブジェクト リストから直線寸法、角度寸法、半径寸法を開いた後、それらの寸法タイプの新しい設定を編集して保存します。3 つの寸法タイプの螺旋梁の [寸法作成ルールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、保存された設定を選択できるようになります。

  6. 一意の名前を入力し、[名前を付けて保存] をクリックすることで、寸法ルール プロパティを保存します。

  7. [保存する] をクリックしてビュー プロパティを保存し、[閉じる] をクリックして図面プロパティ ダイアログ ボックスに戻ります。
  8. [保存する] をクリックして図面プロパティを保存し、[OK] をクリックして図面を作成します。

螺旋梁の部材マーク

部材マークに螺旋梁の回転を表示できます。回転角度は、モデルの螺旋梁プロパティで指定されます。

部材マークのプロパティと要素の詳細については、「マーク プロパティ」と「マーク要素」を参照してください。

  • 次のいずれかの方法を使用して、他の部材と同じ方法で螺旋梁に部材マークを追加できます。

    • 開いている図面で、螺旋梁を選択し、右クリックして [マークの作成] を選択し、[適用されたマーク プロパティの使用] を選択して現在のマーク プロパティを使用するか、または [ビュー プロパティの使用] を選択してビュー エレベーション マーク プロパティを使用します。

    • 開いている図面で、螺旋梁を選択し、[注記] タブで [部材マーク] をクリックして、[選択部材] を選択します。

    • 図面を作成する前に図面プロパティで自動マークを定義することもできます。

螺旋梁の寸法およびマークの例

下の例は、直線寸法と、回転角度情報を含む部材マークを示しています。

次の例は、螺旋梁の半径寸法を示しています。

役に立ちましたか?
前へ
次へ