図面とファイル ドキュメントの削除

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

図面とファイル ドキュメントの削除

不要になった図面や他のファイル ドキュメントがある場合、[ドキュメント管理] から削除できます。

注: 設定によっては、ドキュメント管理からの図面や他のファイル ドキュメントの削除が許可されません。
  1. ドキュメント管理で、削除する図面や他のファイル ドキュメントを選択します。
  2. 右クリックして [削除] を選択するか、[ドキュメント管理] ウィンドウの下部にある [削除] ボタンをクリックします。
  3. Tekla Structures で削除の確認を求められた場合は、[はい] を選択します。

    Shift キーを押しながら [削除] を選択した場合、Tekla Structures によりドキュメントの削除の確認は求められません。

    図面とファイル ドキュメントの両方を選択した場合、図面およびファイル ドキュメントで別個の確認メッセージが表示されます。

    [クイックアクセスツールバー] で [元に戻す] をクリックするか、Ctrl + Z キーを押すと、削除を元に戻すことができます。

ファイル ドキュメント ファイルは、対応するフォルダからすぐに削除されます。.dg ファイルは \drawings フォルダーからすぐには削除されず、デフォルトでは 7 日後に削除されます。シングル ユーザー モードですぐに削除する場合、[クイック起動] で「不要な図面ファイルの削除」と入力します。

図面ファイルが削除される頻度を制御する詳細設定は、XS_DELETE_UNNECESSARY_DG_FILES_SAFETY_PERIOD です。図面ファイルが自動的に削除されるかどうかを制御する詳細設定は、XS_DELETE_UNNECESSARY_DG_FILES です。

マルチユーザー モードで作業している場合は、「マルチユーザー モードで不要な図面ファイルを削除する」を参照してください。

マルチユーザー モードでは、図面を作成すると、[ドキュメント管理] で重複となる点に注意してください。さらに、そのいずれかは出図済みとしてマークされます。1 つのエントリを削除すると、重複エントリも削除されます。これは、すべての図面タイプに当てはまります。モデルを保存して再度開くと、リスト内の重複する図面が再度単一エントリになります。

ヒント:

一部の一般図を削除した後、一般図の図面番号を振り直す場合、モデリング モードで [クイック起動] にすべての一般図の図面番号を振り直すと入力し、Enter キーを押します。このコマンドでは、作成順に基づいて、すべての一般図に番号 1 から図面番号を振り直します。このコマンドが使用できるのは、シングルユーザー モードのみです。

[すべての一般図の図面番号を振り直す] コマンド実行前の [ドキュメント管理] リスト

[すべての一般図の図面番号を振り直す] コマンド実行後の [ドキュメント管理] リスト

役に立ちましたか?
前へ
次へ