印刷ファイル名のカスタマイズ

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

印刷ファイル名のカスタマイズ

特定の図面タイプに固有の詳細設定を使用することで、Tekla Structures.pdf ファイルとプロット ファイルに自動的に名前が付けられる方法を変更できます。

  1. [ファイル] メニューで、[設定 > 詳細設定] をクリックし、[印刷] カテゴリーに移動します。
  2. 印刷ファイル図面タイプに応じて、詳細設定 XS_​DRAWING_​PLOT_​FILE_​NAME_​AXS_​DRAWING_​PLOT_​FILE_​NAME_​WXS_​DRAWING_​PLOT_​FILE_​NAME_​GXS_​DRAWING_​PLOT_​FILE_​NAME_​M、または XS_​DRAWING_​PLOT_​FILE_​NAME_​C のいずれかまたはすべての値を入力します。

    詳細設定の末尾の文字は、図面タイプを示します。値は、単一の % で区切ります。使用可能な値については、以下の表を参照してください。いくつかの値を組み合わせることができます。この値では大文字と小文字が区別されません。

  3. [OK] をクリックします。

    例:

    次の例では、製品図 .pdf の名前が E_P1_PLATE_Revision=2.pdf になります。

    XS_DRAWING_PLOT_FILE_NAME_A=E_%NAME.%_%TITLE%%REV?_Revision=%%REV%.pdf

有効な値

印刷ファイル名における結果の例

説明

%NAME%

%DRAWING_NAME%

P_1

部材、製品、またはキャストユニットの位置。prefix_number の形式のファイル名を使用。

%NAME.-%

%DRAWING_NAME.-%

P-1

部材、製品、またはキャスト ユニットの位置。prefix-number の形式のファイル名を使用。

%NAME.%

%DRAWING_NAME.%

P1

部材、製品、またはキャスト ユニットの位置。prefixnumber の形式のファイル名を使用。

%REV%

%REVISION%

%DRAWING_REVISION%

2

図面リビジョン番号。

%REV_MARK%

%REVISION_MARK%

%DRAWING_REVISION_MARK%

B

図面リビジョン マーク

%TITLE%

%DRAWING_TITLE%

PLATE

図面プロパティ ダイアログ ボックスからの図面の名前。

%UDA:<drawing user-defined attribute>%

塗装済み

図面のユーザー定義情報の値。ユーザー定義図面属性は、objects.inp に定義されています。ユーザー定義情報の実際の値は、図面固有のユーザー定義情報ダイアログ ボックスで入力します。

%REV? - <text>%

2 - リビジョン

条件付き頭マークを追加します。この例では、REV が存在する場合に、Tekla Structures により ? と % の間にあるテキストがファイル名に追加されます。

%TPL:<template attribute>%

ベース プレート

テンプレート エディターで確認できるテンプレート属性を使用できます。これらの属性の実際の値は、図面プロパティ ダイアログ ボックスで入力します。例:

  • %TPL:TITLE1%

  • %TPL:TITLE2%

  • %TPL:TITLE3%

  • %TPL:DR_DEFAULT_HOLE_SIZE%

  • %TPL:DATE%

  • %TPL:TIME%

  • %TPL:DR_DEFAULT_WELD_SIZE%

注:

XS_ASSEMBLY_POSITION_NUMBER_FORMAT_STRING で、値の間に区切り文字を使用しない場合 (たとえば、%ASSEMBLY_PREFIX%%ASSEMBLY_POS%)、または XS_USE_ASSEMBLY_NUMBER_FOR を設定する場合、印刷ファイル名 (P_1) にアンダースコアを含める必要がある印刷ファイル名スイッチ %DRAWING_NAME% および %NAME% は、うまく機能しません。

スイッチを機能させるには、以下の操作を行います。

  • XS_ASSEMBLY_POSITION_NUMBER_FORMAT_STRING を使用する場合、値の間にドット (.)、スラッシュ (/)、またはハイフン (-) を使用します (例: %ASSEMBLY_PREFIX%.%ASSEMBLY_POS% など)。
  • XS_USE_ASSEMBLY_NUMBER_FOR を空のままにします。
注:

[詳細設定] ダイアログ ボックスでスイッチを定義する場合、単一のパーセント記号でスイッチを囲みます (%xxx%)。.ini ファイルで詳細設定用のスイッチを定義する場合、二重のパーセント記号でスイッチを囲む必要があります (%%xxx%%)。たとえば、.ini ファイルで定義する場合は詳細設定 XS_​BOLT_​MARK_​STRING_​FOR_​SIZE%%BOLT_NUMBER%%*D%%HOLE.DIAMETER%% と入力します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ