形状ディテール ストリップ

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

形状ディテール ストリップ

[形状ディテール ストリップ] では、壁の縁端の厚み、へこみパターン、壁のハンチ、モック ジョイント、およびファサードの突起をモデリングできます。このコンポーネントは、プレキャストでのみ使用されることに注意してください。

[形状ディテール ストリップ] は、オブジェクトに詳細な形状を追加するために使用できます。[形状ディテール ストリップ] に異なる設定を作成し、それぞれの状況に応じて適切な設定を選択できます。

このツールでは、不規則なコンクリート プロファイル カタログ プロファイルが使用されます。これらのプロファイルが Tekla Structures 環境で見つからない場合は、Tekla Warehouse ローカル コンテンツからモデルにダウンロードします。

使用方法

サンドイッチ パネルの厚み

壁のへこみパターン

選択順序

  1. 部材面を選択します。
  2. 複数の点をピックして位置を指定します。
  3. マウスの中ボタンをクリックして形状ストリップを作成します。

形状ディテール ストリップのプロパティ

オプション

説明

形状を選択します。厚み、へこみ、および突起を作成できます。

選択したオプションの A、B、C、D の各寸法を定義します。

[キャスト ユニットに追加][部材に追加]

選択した部材に形状を追加する方法を選択します。[部材に追加] または [キャスト ユニットへのオブジェクトの追加]

[カットのみ][カットと分離][部材のみ]

カットをモデリングする方法を選択します。

メイン部材プロパティを使用する

作成された部材のプロパティを制御できます。[メイン部材プロパティを使用する] オプションを使用すると、追加した部材にメイン部材のプロパティが割り当てられます。それ以外の場合は、コンクリート梁の保存された標準属性を選択できます。

後で保存したプロパティを変更した場合、追加された部材のプロパティを更新するには、形状ディテール ストリップを変更する必要があることに注意してください。

[中間][左][右]

形状の位置を選択します。

入力線からのストリップのオフセットを定義します。

へこみと突起の間隔を定義します。たとえば、「40*400」と入力すると、へこみの中央から測定して400の間隔で40のへこみが作成されます。

ディテールストリップを延長

形状ディテール ストリップを単一行として作成する場合に、部材面全体に詳細ストリップを延長するかどうかを指定します。

[はい] に設定すると、入力線の両方向にディテールが配置されます。

役に立ちましたか?
前へ
次へ