柱-梁 (14)

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

柱-梁 (14)

[柱-梁 (14)] は、コンクリート柱とコンクリート梁または壁/パネルの間のジョイントを作成します。梁の方向は、水平または傾斜にすることができます。ジョイントはプレキャスト部材でのみ機能する点に注意してください。

作成されるオブジェクト

  • カット
  • フィッティング

使用方法

オプション 説明

梁端部は、柱に設置されます。

梁端部は、柱に設置されます。

選択順序

  1. メイン部材 (柱) を選択します。
  2. 副部材 (梁/壁/パネル) を選択します。

[ピクチャー] タブ

[ピクチャー] タブを使用して、柱および梁の切り取り部の形状と切り取り部の寸法を定義します。

切り取り部の寸法

オプション 説明

水平方向のメイン部材と副部材の切り取り部。

柱と梁の間の間隔は両側で定義できます。テーパー開口部の場合、開口部をどれくらい小さくするかを定義できます。

例:

垂直方向のメイン部材と副部材の切り取り部。

柱と梁の間の間隔は両側で定義できます。テーパー開口部の場合、開口部をどれくらい小さくするかを定義できます。

例:

開口部を小さくする方法を選択します。

次のオプションがあります。

  • 梁の中心線から
  • 梁の端部から

切り取り部の形状

オプション 説明

副部材のカット

柱の上部に向かってカット

柱の下部に向かってカット

縦方向にすべてカット

カットなし

[柱] タブ

[] タブを使用して、柱の上部を変更する方法を定義します。

柱の延長

柱の延長を定義します。値を入力しない場合、柱は元の上部レベルに延長されます。

説明

1

梁の上部から垂直方向への柱の延長。

この寸法は、柱の延長を定義するための 3 つの寸法 (134) の中で、最も優先順位が高くなります。

2

柱の上部が梁に対して直角であるか平行であるかを選択します。

[直角]:

[梁上面に平行]:

3

垂直方向の柱の延長。

4

梁の下部から垂直方向への柱の延長。

[一般] タブ

詳細を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。

[一般] タブ

[解析] タブ

詳細を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。

[解析] タブ

役に立ちましたか?
前へ
次へ