梁と梁のジョイント

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

梁と梁のジョイント

ガセット プレート

説明

フルデプス ガセット プレート - 副部材はメイン部材に干渉しないようにカット。

[スチフナーコネクション 梁 (129)] を使用します。

フル デプス ガセット プレート - 副部材が勾配を持つ、かつ/または斜め。

[スチフナーコネクション 梁 (129)] を使用します。

シンプル ガセット プレートで梁に接合。

[シンプルシアープレート (146)] を使用します。

シンプル ガセット プレートで梁に接合 - ボルト削除オプション。

[シンプルシアープレート (146)] を使用します。

シンプル ガセット プレートで梁に接合 - 副部材は斜め。

[シンプルシアープレート (146)] を使用します。

シンプル ガセット プレートで梁に接合 - 副部材は勾配を持つ (かつ斜め)。 副部材に位置を合わせて配置されたボルトとプレート。

[シンプルシアープレート (146)] を使用します。

シンプル ガセット プレートを梁に接続 - 副部材は勾配を持ち、斜め。 谷木条件。

[シンプルシアープレート (146)] を使用します。

シンプル ガセット プレートを梁に接続 - 副部材は勾配を持ち、斜め。 谷木条件。

[シンプルシアープレート (146)] を使用します。

部分的デプス ガセット プレートを梁の上フランジに接合 - 直交または斜め、スチフナー オプション。

[上部フランジへの溶接 (147)] を使用します。

部分的デプス ガセット プレートを梁の上フランジに接合。 勾配、直交、または斜め。

[上部フランジへの溶接 (147)] を使用します。

部分的デプス ガセット プレートを梁の上フランジに接合、副部材はメイン部材に干渉しないようにカット。 直交、勾配、斜め。

[フィンプレート3 (149)] を使用します。

フル デプス ガセット プレート。 直交、勾配、斜め。

[フルデプス (184)] を使用します。

フル デプス ガセット プレート。 副部材はメイン部材に干渉しないようにカット。

[フルデプス拡張 (185)] を使用します。

フル デプス ガセット プレート。 副部材はメイン部材に干渉しないようにカット。 副部材は勾配を持つ。

[フルデプス拡張 (185)] を使用します。

フル デプス ガセット プレート。 副部材はメイン部材に干渉しないようにカット。 副部材は勾配を持ち、斜め (隅棟、谷棟)。

[フルデプス拡張 (185)] を使用します。

フル デプス ガセット プレート。 副部材はメイン部材に干渉しないようにカット。 副部材オフセット。 ボルト削除オプション。

[フルデプス拡張 (185)] を使用します。

クリップ アングル

説明

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。

[クリップアングル (141)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 副部材は勾配を持つ。 ノッチ付けオプションが多数あります。

[クリップアングル (141)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 溶接開先オプション。

[クリップアングル (141)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 副部材は勾配を持つ。

[クリップアングル (141)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 2 つの副部材。 ボルト/ボルト、溶接/ボルト、溶接/溶接オプションがあります。

[両面クリップアングル (143)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 梁せいの異なる 2 つの副部材。

[両面クリップアングル (143)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 2 つの副部材。 安全コネクション。

[両面クリップアングル (143)] を使用します。

クリップ アングル ジョイント - 片面クリップ/両面クリップ。 2 つの副部材。 一方に勾配。

[両面クリップアングル (143)] を使用します。

エンド プレート

説明

エンド プレート ジョイント - 副部材は水平または勾配、直交または斜め。 ノッチ付けオプションが多数あります。

[エンドプレート (144)] を使用します。

エンド プレート ジョイント - ハンチあり/なしの拡張プレート。

[エンドプレート (144)] を使用します。

エンド プレート ジョイント - 2 つの副部材。 ボルトの許容精度を確保する自動ノッチ付け。

[両面エンドプレート (142)] を使用します。

エンド プレート ジョイント - 梁せいの異なる 2 つの副部材。

[両面エンドプレート (142)] を使用します。

エンド プレート ジョイント - 2 つの副部材。 直交かつ/または斜め。

[両面エンドプレート (142)] を使用します。

エンド プレート ジョイント - 2 つの副部材。 安全コネクション。

[両面エンドプレート (142)] を使用します。

エンド プレート ジョイント - 2 つの副部材。 水平かつ/または勾配を持つ。

[両面エンドプレート (142)] を使用します。

折れ板

説明

折れ板ジョイント - 副部材は斜めまたは直交、プレートの手前側と向う側に接続。

[折れ板 (190)] を使用します。

折れ板ジョイント - 副部材斜めまたは直交、プレート片面に接続。

[折れ板 (190)] を使用します。

折れ板ジョイント - 副部材斜めまたは直交、プレート片面に接続。 プレート配置オプションが多数あります。

[折れ板 (190)] を使用します。

折れ板ジョイント - 斜めかつ勾配を持つ (隅棟、谷棟)。

[折れ板 (190)] を使用します。

ベアリング タイプ

説明

梁と梁のベアリング ジョイント。 ボルトは 1 ~ 4 本使用できます。

[シーティング(30)] を使用します。

梁と梁のベアリング ジョイント。 スペーサー オプション。

[シーティング(30)] を使用します。

梁と梁のベアリング ジョイント。 スペーサー オプション。

[シーティング(30)] を使用します。

スタブ柱を使った梁と梁のベアリング ジョイント。 直交、勾配、および斜めの条件で接続。

[十字 (4)] を使用します。

梁を梁にベアリングするためにクランプを使うジョイント。

[釘によるシーティング(36)] を使用します。

1 本の母屋に接合する梁と梁の母屋接合。

[母屋接合 (93)] を使用します。

2 本の母屋に接合する梁と梁の母屋接合。

[母屋接合 (93)] を使用します。

梁と梁のノッチ済みシーティング ジョイント。 直交および斜めの条件で接合。

[ノッチ済みシーティング (9)] を使用します。

チューブ レールをメイン部材に接合する梁と梁のベアリング。 凸円またはボルト孔にアクセスするオプションがあります。

[柱・レール (113)] を使用します。

アングルを使って梁を梁にベアリングするノッチ済みシート。

[レールジョイント (70)] を使用します。

2 つの副部材を垂木にアングルで接合するジョイント。 ノッチ付けが必要。

[レールジョイント (70)] を使用します。

2 つの副部材を垂木にアングルで接合するジョイント。 プレートを使用。 ノッチ付けが必要。

[レールジョイント (70)] を使用します。

2 つの副部材を垂木にアングルで接合するジョイント。 勾配を持つ/水平のノッチ付けが必要。

[レールジョイント (70)] を使用します。

2 つの副部材を垂木にアングルで接合するジョイント。 プレートを使用。

[冷間圧延重なり (1)] を使用します。

2 つの副部材を垂木にアングルで接合するジョイント。 アングルを使用。

[冷間圧延重なり (1)] を使用します。

2 つの副部材を垂木にアングルで接合するジョイント。 ニー ブレース オプション。

[冷間圧延重なり (1)] を使用します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ