プロジェクト フォルダ、企業フォルダ、または環境フォルダを使用した、カスタマイズしたプロパティ パネルの設定の配布

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

プロジェクト フォルダ、企業フォルダ、または環境フォルダを使用した、カスタマイズしたプロパティ パネルの設定の配布

管理者は、カスタマイズしたプロパティ パネルの設定を社内の他のユーザーに 配布できます。

プロジェクト フォルダ、企業フォルダ、または環境フォルダの \PropertyPane というフォルダに PropertyPaneSettings.xml ファイルを配置します。

  1. 共有するプロパティ パネルの設定をカスタマイズします。

    プロパティ パネルの設定は、..\Users\<user>\AppData\Local\Trimble\Tekla Structures\<version>\UI\PropertyPane\ フォルダにある PropertyPaneSettings.xml ファイルに保存されます。

    フォルダが見つからない場合は、コンピューターで隠しファイルおよびフォルダを表示できることを確認します。

  2. \PropertyPane というフォルダを会社のプロジェクト フォルダ企業フォルダ、またはシステム フォルダに作成します。
  3. \PropertyPane フォルダに PropertyPaneSettings.xml ファイルをコピーします。
  4. Tekla Structures を再起動します。

    ..\Users\<user>\AppData\Local\Trimble\Tekla Structures\<version>\UI\PropertyPane\ フォルダのファイルは検索の優先順位が最も高くなります。それ以降は Tekla Structures ではデフォルトの検索順序が使用されます。

    PropertyPaneSettings.xml ファイルが複数の異なるフォルダ位置に配置されている場合、Tekla Structures は別のフォルダから設定を読み取り、結合します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ