サンドイッチ パネルの水平シーム

Tekla Structures
2024
Tekla Structures

サンドイッチ パネルの水平シーム

[サンドイッチ パネル水平シーム] では、2 つのサンドイッチ パネルの間に水平シームを作成します。シームの寸法と継ぎ加工は、すべてのレイヤー (内部シェル、フォイル、断熱材、および外部シェル) で指定できます。また、追加フォイル レイヤーを定義することもできます。

作成されるオブジェクト

  • シーム

  • 継ぎ加工

  • フォイル

  • 断熱

  • 追加フォイル レイヤ

適用

状況

説明

サンドイッチ パネルのシェル間のシーム。

継ぎ加工が追加されたシーム。

実際の作業を始める前に

必要な部材を選択できるようにするには、[コンポーネント オブジェクトの選択] スイッチを有効にします。

選択順序

  1. 1つ目のサンドイッチ パネルの内部シェルを選択します。

  2. 2つ目のサンドイッチ パネルの内部シェルを選択します。

    副部材を選択すると、シームが自動的に作成されます。

部材の識別キー

部材

1

コンクリート部材 (壁、柱、梁、スラブ)

2

複数の点をピックできます。

[ピクチャー] タブ

[ピクチャー] タブを使用して、水平シーム プロパティを制御します。

シーム位置

シームは、内部シェル、断熱材、および外部シェルで定義できます。外部シェルでは、ドラフト角度を指定できます。

サンドイッチ パネルのシェル間のシームの位置を指定します。壁の間の中心線は、シームの位置の計算時に参照線として使用されます。

例:

シェル クラス

シームに適用する部材クラスを指定します。[サンドイッチパネル水平シーム] コンポーネントでは、デフォルトでクラス1の内部シェル、クラス2のフォイル、クラス3の断熱材、クラス4の外部シェルが作成されます。これらのクラスを使用してシームを適用します。

フォイル、断熱シェル、および外部シェルの間にシームが作成されないようにするには、[断熱クラス] ボックスを空白のままにしておきます。

断熱材の継ぎ加工

断熱材レイヤで継ぎ加工を作成できます。

オプション

説明

断熱材レイヤの継ぎ加工はありません。

断熱材レイヤの上部と下部の片側継ぎ加工。

継ぎ加工の深さと幅を指定できます。

断熱材レイヤの上部と下部のミラーリングされた片側継ぎ加工。

継ぎ加工の深さと幅を指定できます。

断熱材レイヤの上部と下部の両側継ぎ加工。

継ぎ加工の深さと幅を指定できます。

オフセット

シームのオフセットを指定できます。

[継ぎ加工] タブ

内部シェル、断熱材レイヤ、外部シェルの継ぎ加工を定義するには、[継ぎ加工] タブを使用します。

継ぎ加工の側面

継ぎ加工を適用するサンドイッチ パネルの側面を選択します。両側の継ぎ加工を個別に定義できます。

次のオプションがあります。

  • 上側
  • 下側
  • 両側

ジョイント タイプ

割込またはグルーブの継ぎ手接続は両面で選択できます。

オプション オプション 説明

外側の形状に基づく割込継ぎ手接続

中心線に基づくグルーブ継ぎ手接続

中心線に基づく割込継ぎ手接続

外側の形状に基づくグルーブ継ぎ手接続

1 つの割込と 1 つのグルーブ継ぎ手を作成した場合、部材に重ねることができます。これは、シーム位置の値付きの [ピクチャー] タブで定義されます。部材を互いに近づけるには、負の値を入力します。

[追加フォイル] タブ

シームで追加フォイル レイヤを定義するには、[追加フォイル] タブを使用します。

フォイル

オプション

説明

デフォルト

t

追加フォイルの厚さを定義します。

1 mm

マーク

部材マークの頭文字および開始番号。

デフォルトの部材開始番号を定義するには、ファイル メニュー > 設定 > オプション[コンポーネント] 設定で設定します。

材質

材質の等級。

デフォルトの材質を定義するには、ファイル メニュー > 設定 > オプション[コンポーネント] 設定を開き、[材質] フィールドで設定します。

名前

追加フォイルの名前。

FOIL

[クラス]

追加フォイル レイヤの部材クラス番号。

コメント

追加フォイル レイヤに関するコメントを追加します。

接続方法

オプション

説明

継手・仕口なし

追加フォイルをサンドイッチ パネルに取り付ける方法を選択します。

  • [継手・仕口なし] (フォイルはフリー部材)

  • 溶接

  • キャスト ユニット

  • サブアセンブリとして

内部シェル

追加フォイルの接続先のプロファイルを選択します。

  • 内部シェルで

  • 外部シェルで

位置 h*b

フォイル レイヤの頭マークを選択します。

  • [位置 h*b][位置 b*h]: 頭マークなしにプロファイルが作成されます。

  • [位置 PLh*b][位置 PLb*H]: 頭マークがPLで始まるプロファイルが作成されます。

  • [パラメトリック断面 h*b][パラメトリック断面 b*h]: 下のボックスに頭マークを入力します。

自動

フォイル レイヤの回転を選択します。

  • 自動

  • 正面

  • 上面

  • 背面

フォイル形状

追加フォイルの形状を指定します。

[一般] タブ

詳細を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。

[一般] タブ

[解析] タブ

詳細を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。

[解析] タブ

役に立ちましたか?
前へ
次へ