レイアウト マネージャでのグループのセットアップ

Tekla Structures
2023
Tekla Structures

レイアウト マネージャでのグループのセットアップ

[レイアウトマネージャ] でグループを作成し、レイアウト ポイント、レイアウト ライン、レイアウト円弧を適切にまとめることができます。

レイアウト マネージャでの基準点

レイアウト ポイントの位置を定義する際、レイアウトマネージャ基準点を使用できます。既にモデルに存在する基準点を使用できます。ファイル > プロジェクトプロパティ > 基準点で新しい基準点を定義することもできます。レイアウトマネージャは、基準点に定義したモデル内の位置座標を使用し、東座標北座標高さの各座標も使用します。

ファイル > プロジェクトプロパティ > 基準点 で基準点を追加、変更、または削除する場合、[レイアウトマネージャ] を再度開くか更新して、基準点データが最新であることを [レイアウトマネージャ] で確認する必要があります。

  • 追加した基準点は、レイアウトマネージャ内のグループの [ローカル座標系のグループ化] リストに表示されます。
  • レイアウトマネージャでグループにリンクされた基準点を削除した場合、Tekla Structuresはその基準点を再作成し、レイアウトマネージャで引き続き使用できるようにします。
  • レイアウトマネージャで使用されている基準点を変更する場合、Tekla Structures に、レイアウトマネージャでの基準点の使用に関するメッセージが表示されます。変更された座標をレイアウトマネージャで使用することも、使用しないことを選択することもできます。使用しないことを選択した場合、基準点の座標は Tekla Structuresレイアウトマネージャで異なるものになります。

レイアウトマネージャが基準点機能を使用するTekla Structuresのバージョンで既存のモデルを開くと、レイアウトマネージャはモデル原点 [(0,0,0) & 回転なし] ではないグループのローカル座標系に基づいて基準点を作成します。作成した基準点は、レイアウトマネージャのグループに追加され、[ローカル座標系のグループ化] リストに表示されます。基準点は、ファイル > プロジェクトプロパティ > 基準点 の基準点リストにも表示されます。[基準点] ダイアログ ボックスの説明テキストには、基準点がレイアウトマネージャにより作成されたことが示されます。

グループのデフォルト座標系の定義

デフォルトの基準点を定義し、[レイアウトマネージャ] で作成するすべての新しいグループにデフォルト座標系を設定できます。[レイアウトマネージャ] でグループを使用し、レイアウト ポイント、レイアウト ライン、レイアウト円弧をまとめることができます。

  1. [管理] タブで、[レイアウトマネージャ] をクリックします。
  2. レイアウトマネージャで、[レイアウトマネージャのオブジェクトグループ] を選択して使用可能な [新規グループのローカル座標系のグループ化] リストを表示します。
  3. 使用する基準点、モデル原点、または現在の作業平面をリストから選択します。

モデル内で定義した基準点をリストで使用できます。レイアウトマネージャを開いてからモデルに新しい基準点を追加した場合、新しい基準点をリストで使用できるようにするにはレイアウトマネージャを再度開くか更新します。

グループのデフォルトの座標系は、リストから別のオプションを選択することでいつでも変更できます。デフォルトの座標系は新しいグループのみに適用されることに注意してください。既存のグループは変更されません。

グループのナンバリング設定の定義

レイアウトマネージャのすべてのグループで同じナンバリング設定を使用するように指定できます。設定を変更すると、変更後に作成するすべてのグループで変更後の設定が使用されます。既存のグループの設定は変更されません。

  1. [管理] タブで、[レイアウトマネージャ] をクリックします。
  2. をクリックして設定を開き、[グループ] をクリックします。
  3. ナンバリング設定を定義します。
    1. [頭マーク] ボックスに頭マークを入力します。

      頭マークを空白のままにし、レイアウト ポイント、レイアウト ライン、およびレイアウト円弧名を頭マークなしで作成することもできます。

    2. [開始番号] ボックスに開始番号を入力します。
    3. [数値の最大長] ボックスに番号の最大長を入力します。
    4. [区切り文字] ボックスに頭マークと番号を区切るための区切り文字 (ハイフンまたはスペース) を入力します。
    5. [手前のスペースの塗りつぶし] リストから、数字の前にある先頭スペースに 0 を入力するかどうか (たとえば、PFX 00001PFX 1 のどちらにするか) を選択します。
  4. [OK] をクリックします。
  5. ナンバリング設定をグループ内のポイントとラインに適用するには、グループを右クリックし、[自動命名] を選択します。
注:

デフォルトの設定を使用しない場合は、個々のグループのナンバリング設定を変更できます。グループを選択し、設定を変更します。デフォルト設定に戻すには、[リセット] をクリックします。

レイアウト マネージャでのグループの作成

  1. [管理] タブで、[レイアウトマネージャ] をクリックします。
  2. [レイアウトマネージャのオブジェクトグループ] を右クリックして [グループの追加] を選択します。

    ポイント、ライン、円弧をモデリングしたときにそれらをグループにまとめることができるように、複数のグループを設定します。レイアウトマネージャでは最大 255 個のグループを設定できます。

  3. 必要に応じて、グループをクリックして名前を変更します。

    グループ名には 18 文字使用できます。

  4. グループのナンバリング設定を定義します。
  5. [ローカル座標系のグループ化] を選択します。

    座標は、選択するとすぐに適用されます。

    デフォルトの基準点を使用しない場合、他の適切な基準点、モデル原点、または現在の作業平面を選択できます。

グループの座標系を選択してそれにレイアウト ポイントを追加した場合、レイアウトマネージャでポイントの位置座標を表示できるようになりました。レイアウトマネージャでポイントを選択し、レイアウトマネージャでポイントの座標を表示します。

  • [モデル内の位置] には、モデル原点と比較したポイント位置が表示されます。
  • [グループ内の位置] には、グループ ローカル座標系と比較したポイント位置が表示されます。
  • [東、北、高さ] には、対応する X、Y、Z 座標を表す座標が表示されます。
ヒント: [レイアウトマネージャ] でフィート・インチ単位を表示するには、XS_IMPERIALTRUE に設定します。それ以外の場合、メートル法が使用されます。XS_IMPERIALTRUE に設定されている場合、[レイアウトマネージャ] の設定 でフィート・インチ単位の距離精度設定を変更できます。

注:

レイアウトマネージャで、ツリー構造内に [未割り当て] グループが表示される場合があります。[未割り当て] グループには、不適切なグループ情報が含まれているレイアウト ポイントとレイアウト ラインが表示されます。通常、これらのポイントとラインは、以前のバージョンのレイアウトマネージャで作成されたものです。

役に立ちましたか?
前へ
次へ