[詳細設定] ダイアログ ボックスでの詳細設定の値の変更

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

[詳細設定] ダイアログ ボックスでの詳細設定の値の変更

詳細設定を使うと、実際のニーズ、プロジェクト固有の必要条件、工業規格などに合わせてTekla Structures をカスタマイズすることができます。 詳細設定の変更は [詳細設定] ダイアログ ボックスでのみ行います。 [詳細設定] ダイアログ内の設定は、他の初期化ファイル内の設定よりも優先されます。

  1. [ファイル] メニューで、 [設定] > [詳細設定] をクリックして [詳細設定] ダイアログ ボックスを開くか、Ctrl+E キーを押します。
  2. カテゴリをブラウズして目的の詳細設定を探します。

    [検索]ボックスに、検索語を入力することもできます。すべてのカテゴリーで検索語を検索するには、[すべてのカテゴリー]を選択します。ワイルドカードも使用できます。たとえば、アンカーおよびフィルターという単語が含まれ、これら2つの単語の間に文字が含まれるすべての詳細オプションを検索するには、アンカー*フィルターと入力します。

  3. 値を入力するかリストから選択して、詳細設定の値を設定します。
    • オプションタイプの横のリストを使用して、役割固有の詳細オプションのタイプをSYSTEM (ROLE)からMODEL (ROLE)またはDRAWING(ROLE)に変更できます。また、この逆も可能です。オプションタイプをSYSTEM(ROLE)に変更すると、値が自動的にデフォルト値に変更されます。SYSTEM (ROLE)オプションに値を入力すると、タイプがMODEL (ROLE)またはDRAWING(ROLE)に変更されます。

    • システム固有の詳細設定のタイプを [SYSTEM] から [MODEL (SYSTEM)] に変更できます。この場合、値はオプション データベースに保存されます。詳細設定をリセットして [SYSTEM] に戻した場合、値はオプション データベースから削除され、初期化ファイルで指定された値が使用されます。

    • 一部の詳細設定では、スイッチを使用してマークの内容の定義などを実行できます。 %TPL:PROJECT.NUMBER%.

    • [詳細設定] ダイアログ ボックスで詳細設定のスイッチを定義する場合、単一のパーセント記号でスイッチを囲みます (%xxx%)。ini ファイルでスイッチを定義する場合、二重のパーセント記号でスイッチを囲みます (%%xxx%%)。

    • フォルダー パスを入力する必要がある場合は、フォルダー パスの末尾に円記号を入力するか、円記号を省略することができます。

  4. [適用] または [OK] をクリックします。
    ヒント:

    テキスト ファイルで詳細設定の完全なリストを作成するには、[ファイルへの書き込み] をクリックします。 リストには、詳細設定の名前、現在の値、およびタイプが示されます。 ファイルへの書き込みでは、現在の設定がエクスポートされるだけで、詳細設定を変更することはできません。

役に立ちましたか?
前へ
次へ