オートコネクション

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

オートコネクション

事前定義されたプロパティを持つジョイントを自動的に選択し、モデル内で選択した部材に適用するには、オートコネクションツールを使用します。 オートコネクションを使用すると、類似する部材構成条件の類似するジョイントがTekla Structuresにより自動的に作成されます。

ジョイントを個別に追加する場合でも、フェーズごとに追加する場合でも、またプロジェクト全体にわたって追加する場合でも、オートコネクションを使うと、すばやくジョイントを追加できます。 オートコネクションは、プロジェクトの規模が大きく、多数のジョイントを使用するときや、モデルの変更時または変更されたプロファイルのインポート時に役立ちます。

注:

作業モデル内でオートコネクションを使用する前に、テストモデルを作成し、特定のプロジェクト用に必要なすべてのジョイント条件を作成することをお勧めします。そうすると、テストモデルを使用して、さまざまなジョイントタイプのルールとプロパティをチェックできます。モデルは、ジョイント情報のクイック参照としても機能します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ