新しくなった鉄筋間隔設定とその他の鉄筋の改良点

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

新しくなった鉄筋間隔設定とその他の鉄筋の改良点

Tekla Structures 2022 には、鉄筋セットの新しくなった間隔設定、曲線脚の表面、パフォーマンスの向上などの機能強化が図られ、いくつかの新しいプロパティが追加されています。鉄筋オブジェクトで、[重心情報を表示] コマンドを使用できるようになりました。また、多数のプロパティ パネルが部分的に再配置されました。[鉄筋の形状管理] も改良されています。

鉄筋セットの間隔プロパティの改良

鉄筋セットの間隔プロパティが、鉄筋グループのプロパティとほぼ同じになりました。これらのプロパティは、[分布] の下にあるプロパティ パネルで使用できます。これは、以前の [間隔プロパティ] セクションに代わるものです。

1 つ以上の鉄筋セットと 1 つ以上の鉄筋グループを選択した場合、同じプロパティが共有されるため、それらの間隔プロパティを同時に変更できるようになりました。

鉄筋セットの副部材のガイドラインプロパティ モディファイアーでも同じ間隔プロパティを使用できます。

モデル ビューでの鉄筋間隔の変更

[鉄筋セット][鉄筋セットの副部材のガイドライン]、または [鉄筋プロパティ モディファイアー] プロパティ パネルでの間隔値の変更に加えて、直接変更の寸法およびハンドルを使用することでモデル ビュー内の鉄筋セットの鉄筋間隔を変更することもできます。

第 1 のガイドラインは別個に副部材のガイドラインの間隔を変更するには、[メイン部材から継承] を [いいえ] に設定します。プロパティ モディファイアーの場合、新しい [配置変更] プロパティを [はい] に設定します。

  1. [直接変更] スイッチがアクティブになっていることを確認します。

  2. 鉄筋セット、副部材のガイドライン、またはプロパティ モディファイアーを選択します。

  3. コンテキスト ツールバーで、 [間隔の変更] ボタンをクリックします。

  4. 間隔値、始点/終点オフセット、またはガイドライン上の本数をクリックし、新しい値を入力して、Enterキーを押します。

コンテキスト ツールバーで、[作成方法] のオプションを選択することもできます。[指定間隔] オプションを使用すると、間隔値を複数リスト (空白文字で区切る) したり、乗算を使用して同じ間隔を繰り返したりすることができます (例: 100 200 5*300)。

個々の鉄筋を追加、移動、または削除する場合、コンテキスト ツールバーで [鉄筋の移動、追加、削除] をクリックし、直接変更ハンドル および を使用します。プロパティ パネルの [除く] リストを使用して、鉄筋セットの最初の鉄筋と最後の鉄筋を除外することもできます。

既存のカスタム コンポーネントにおける鉄筋の間隔

以前のバージョンの Tekla Structures を使用して作成したカスタム コンポーネントでは、鉄筋セットの間隔が、新しい間隔プロパティを使用するように自動的に変換されます。パラメーター変数を使用して間隔値が設定されている場合、新しい間隔プロパティを使用するには、それらのカスタム コンポーネントを編集する必要があることに注意してください。

カスタム コンポーネント インスタンスの他のプロパティは変更されません。

鉄筋セットの曲線脚の表面

[ガイドライン] コマンドを使用して鉄筋セットを作成した場合、コンクリート部材の脚の表面Tekla Structures により作成されるようになりました。脚の表面は曲面または平面にできます。また、曲線コンクリート構造や複雑なコンクリート構造を簡単かつ効率的に補強できます。

既存の鉄筋セットに脚の表面を追加するには、モデル内の鉄筋セットを選択し、リボンの [鉄筋セット] コンテキスト タブで新しい [脚の表面の追加] ボタンをクリックした後、脚の表面を追加する表面を選択します。

脚の表面の使用方法の詳細については、「脚の面と脚の表面を使用して鉄筋セットを変更する」を参照してください。

脚の表面がある鉄筋セットには、2 つのガイドラインのみ含めることができます。

鉄筋セットでの鉄筋平面の方向の変更

デフォルトでは、ガイドラインに対して垂直な平面に鉄筋セットの鉄筋が Tekla Structures により作成されます。傾斜しているか複雑なコンクリート構造では、鉄筋平面をモデルの全体座標の Z 方向に整列するか、他の方法で整列できます。

選択した鉄筋セットの鉄筋平面の方向を変更するには、コンテキスト ツールバーで新しい [鉄筋平面の向き] ボタンをクリックします。Tekla Structures で、第 1 のガイドラインの始点に 2 つの青い直接変更ハンドルが付いた黄色の矢印が表示され、鉄筋が全体座標の z 方向に整列されます。

鉄筋平面の方向を他の方法で調整するには、ハンドルをドラッグします。

元の鉄筋平面方向に戻し、黄色の矢印を非表示にする場合は、コンテキスト ツールバーで をもう一度クリックします。

プロパティ モディファイアーの新しい設定

鉄筋セットのプロパティ モディファイアーを使用することで、鉄筋セットのすべての鉄筋にプロパティ モディファイアー (または投射) が接触していなくても、同じ平面にある鉄筋セットのすべての鉄筋を変更できるようになりました。新しい [鉄筋全体面に影響] 設定は、鉄筋プロパティ モディファイアー プロパティの [特殊 (勾配付)] セクションで使用できます。

[鉄筋全体面に影響] を [はい] に設定するだけで、たとえば開口部の反対側にある鉄筋セットに影響を与える 1 つのプロパティ モディファイアーを作成できます。

[鉄筋全体面に影響] = はい [鉄筋全体面に影響] = いいえ

鉄筋セットのパフォーマンスの改善

鉄筋セットの変更を以前よりも高速に行うことができるようになりました。さまざまな鉄筋セットが相互に接するモデルでは特に、パフォーマンスが向上しています。また、多数の間隔ゾーンを含む鉄筋セットでは、鉄筋の間隔の変更が大幅に高速化されました。

鉄筋オブジェクトの重心

鉄筋オブジェクトの重心を確認できるようになりました。たとえば、オブジェクトを吊り上げる場合や搬送する場合は重心を把握しておくことをお勧めします。

  1. モデル内の 1 つ以上の鉄筋オブジェクトを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    • 右クリックし、[重心情報を表示] を選択します。

    • リボンで、 の横にある下矢印をクリックし、[重心] を選択します。

Tekla Structures により、選択したオブジェクトの重心に点が作成され、重心の詳細が個別のウィンドウに表示されます。

モデルから点を削除するには、モデル ビューを再描画します。

鉄筋オブジェクト プロパティ パネルの変更点

鉄筋セットおよびモディファイアーに加えて、鉄筋、鉄筋グループ、溶接金網、緊張材のプロパティ パネル レイアウトが変更されています。プロパティ パネルの一部のセクションの名前が変更され、いくつかのプロパティが別のセクションに移動しました。たとえば、以前の [属性] セクションは [一般][特殊 (勾配付)] に置き換えられ、[作成] セクションは削除され、その内容は [分布] に移動しました。

これらの変更により、さまざまなプロパティ パネル間の一貫性が向上し、各種オブジェクト タイプの共通プロパティを見つけて変更するのが容易になりました。

鉄筋オブジェクトの固定方法

鉄筋オブジェクトの固定方法を指定できるようになりました。[ユーザー定義情報] ダイアログ ボックスの [パラメーター] タブで、鉄筋オブジェクトに使用できる新しい [固定方法] ユーザー定義情報を使用します。固定方法を選択できるオプションとして、[無し][帯筋][溶接接合]、および [ルース バンドル] があります。

鉄筋の形状管理の改良点

  • 新しい詳細設定 XS_REBAR_USE_POLYCURVES_IN_EVALUATORTRUE に設定されている場合 (デフォルト値)、鉄筋の形状管理 が鉄筋の連続曲線形状を認識して使用するようになりました。これは、脚の表面を持つ鉄筋セットで役立ちます。

    さらに、円弧を認識して、直線鉄筋脚の特殊点を削除する鉄筋形状変換が拡張され、形状の偏差が曲線の許容値未満の場合、連続曲線の隣接する円弧が 1 つの円弧に結合されるようになりました。

    これまでは、連続曲線鉄筋形状はポリラインとして認識され、短い鉄筋脚のポリゴン チェーンが生成されることがありました。これは、XS_REBAR_USE_POLYCURVES_IN_EVALUATORFALSE に設定されている場合にも当てはまります。

  • [鉄筋の形状管理] で曲げ形状ルールを定義するとき、次の新しい論理比較演算子を使用できるようになりました。

    • 平行ではありません

    • 非鉛直

    • 同一線上にありません

    • オーバーラップしていません

  • モデル内の選択した鉄筋と、RebarShapeRules.xml ファイル内の既存の曲げ形状を比較できるようになりました。

    この改良点は、Tekla Structures 2021 SP2 で導入されました。

  • [鉄筋の形状管理] で、元の入力点順序で認識されない鉄筋が、逆の入力点順序でも自動的に検証されるようになりました。この改良により、特定の鉄筋形状について重複して定義を作成する必要がなくなります。

    この改良点は、Tekla Structures 2021 SP4 で導入されました。

  • RebarShapeManager.CustomProperties.dat ファイルで、任意のユーザー定義情報や次の組み込みプロパティを、カスタム プロパティとして使用するように定義できるようになりました。

    • NAME

    • GRADE

    • SIZE

    • CLASS

    • proSERIE

    • proSTARTNUMBER

    ナンバリング頭マークに proSERIE を、開始番号に proSTARTNUMBER を使用します。

    この改良点は、Tekla Structures 2021 SP4 で導入されました。

役に立ちましたか?
前へ
次へ