ナンバリング エラーの修復

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

ナンバリング エラーの修復

ときどき (特に図面またはレポートの作成前に)、モデル内のナンバリングを確認し、修復することをお勧めします。

注:

Tekla Model Sharing を使用している場合や、マルチユーザー モードの場合、ナンバリングを定期的に修復することが非常に重要です。

  1. [図面とレポート] タブで、ナンバリング設定 > ナンバリング設定 をクリックして、[ナンバリング設定] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [追加された部材] 部材に対して、[既存部材と比較] オプションが選択されていることを確認します。
  3. [変更された部材] 部材に対しては以下のいずれかのオプションが選択されていることを確認します。
    • 既存部材と比較

    • 可能な限り現在のマークを保持

  4. [OK] をクリックして変更を保存します。
  5. モデル全体を修復する場合を除き、ナンバリングを修復するオブジェクトを選択します。
  6. [ファイル] メニューで [エラーチェックと修復] をクリックして、[ナンバリング] で以下のいずれかのコマンドを選択します。
    • ナンバリングのエラーチェックと修復: すべて

      このコマンドは、変更されていないものを含め、すべての部材と製品に名前を付けます。

    • ナンバリングのエラーチェックと修復: 選択オブジェクトのシリーズ

      このコマンドは、選択した部材と同じ頭文字と開始番号を持つすべての部材および製品にナンバリングします。

      Tekla Structures では、より新しい部材または製品により小さい番号が割り当てられている場合でも、より古い部材または製品の番号がすべての同一部材に割り当てられます。

      ヒント:

      部材または製品に特定の位置番号を手動で割り当てる場合は、モデル内のナンバリングを修復してから、[マークの変更] コマンドを使用します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ