IFC オブジェクトをネイティブの Tekla Structures オブジェクトに変換

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

IFC オブジェクトをネイティブの Tekla Structures オブジェクトに変換

梁、柱、ブレース、プレート、スラブ、フーチング、壁など、ほとんどの平行 IFC 参照オブジェクトを Tekla Structures ネイティブ オブジェクトに変換できます。また、曲線区間のある梁、Tekla Structures からエクスポートされた梁、文字列、整数、浮動小数点タイプのユーザー定義情報を変換することもできます。Tekla Structures で IFC オブジェクトを変換する目的は、構造モデルの作成を支援し、初期モデリング フェーズで修正せずに済ませることです。

IFC オブジェクト変換では、IFC オブジェクトはアイテムまたは押し出しとして変換されます。アイテムとしての変換とは、3D 形状によってアイテムの形状が定義される Tekla Structures アイテムとして、IFC オブジェクトが変換されることを意味します。押し出し としての変換とは、IFC オブジェクトが、部材の長さを作成するために押し出されるプロファイルを持つ部材 (柱、梁、プレートなど) として変換されることを意味します。

IFC オブジェクト変換では、以下を行う必要があります。

  1. 変換する前に、IFC 参照モデルのプロファイルと単位が目的の環境と互換性があることを確認します。
  2. [IFCオブジェクト変換設定] ダイアログ ボックスでオブジェクト変換設定を確認し、必要に応じて変更します。
  3. IFC オブジェクトをネイティブ Tekla Structures オブジェクトに変換します。これ以外のオブジェクトの変換方法には、次の 2 つがあります。
    • [IFCオブジェクトの変換] タブの [管理] コマンドを使用して、選択したすべての参照モデル オブジェクトを一括変換する。
    • IFC オブジェクト変換変更管理を使用して変換する。変更管理を使用した新しい参照モデル リビジョンを使用して、更新変換を実行することもできます。

プロファイル変換ロジックの詳細については、以下の「プロファイル変換ロジック」セクションを参照してください。制限事項については、以下の「IFC オブジェクト変換の制限事項」を参照してください。

オブジェクト変換は常に必要か?

Tekla Structures では、干渉チェック、レポート、スケジュールなどで、ネイティブ オブジェクトと同様の方法で参照モデル オブジェクトを使用できます。参照モデル オブジェクトはさまざまな用途に使用できるため、すべてのオブジェクトがネイティブである必要はありません。たとえば、参照モデル オブジェクトは図面やレポートに表示できます。

参照ファイルは、ファイルのコピーと比較して、ファイルの内容が設計分野の設計会社によって自動的に更新されるという利点があります。

IFC オブジェクト変換設定の確認および変更

変換を開始する前に変換設定を確認し、必要に応じて変更します。

  1. [ファイル] メニューで、設定 > IFCオブジェクト変換設定 をクリックします。
  2. [IFCオブジェクト変換設定] ダイアログ ボックスで、変換設定を確認して変更します。
    変換後にレポートを作成 このコマンドは廃止されました。レポートの代わりに変更リストを使用できます。
    ハンドルを上フランジに設定

    梁の参照線を上フランジに設定します。

    [ハンドルを上フランジに設定] がオフの場合、梁の参照線は梁の中間に配置されます。

    変換結果を向上させるため、この設定は折れ梁には使用しません。

    B-rep オブジェクトの変換

    B-rep オブジェクトを Tekla Structures オブジェクトに変換します。

    コンクリート材質やその他の材質 (鋼材など) を個別にアイテムまたは押し出しに変換するか選択することができます。選択したオプションが直接変換および変換変更管理に適用されます。

    B-rep オブジェクトはアイテムに変換され、変換後のアイテムは形状カタログに追加されます。アイテムはクラス 996 に属します。

    メイン部材プロファイルマッピング プロファイル名 主に IFC モデルと Tekla Structures プロファイル カタログのプロファイル名を比較してプロファイルをマッピングします。

    寸法:主にオブジェクトの寸法を比較して、プロファイルをマッピングします。

    IFC オブジェクト コンバータでは、第 1 の方法として選択された方法でプロファイルをマッピングできない場合、第 2 の (選択されていない) 方法が適用されます。

    許容値 寸法比較のための値を入力します。測定単位は環境に基づきます。

    [許容値] の [r] 値は、角鋼管プロファイルにのみ作用します。熱間圧延プロファイルを冷間圧延プロファイルと区別するために使用されます。

  3. IFC オブジェクト プロパティ セットのプロパティをコピーして、変換された Tekla Structures オブジェクトのユーザー定義情報として使用します。
    1. [追加] をクリックして行を追加し、[プロパティ] ボックスに IFC プロパティの名前を入力します。

      [情報] ダイアログ ボックスに表示されている IFC プロパティ (頭マーク EXTERNAL なし) を書き留めます。

      プロパティ セット名にはドット (.)、アンダースコア (_)、スペースを使用できます。

    2. [ユーザー定義情報] ボックスに、ユーザー定義情報の名前を入力します。

      ユーザー定義情報の名前の最大長は 20 文字です。ここで追加するユーザー定義情報は、objects.inp ファイルにも指定する必要があります。情報名が一意であることを確認します。ユーザー定義情報の元の名前を入力します。一部のユーザー定義情報では、翻訳された名前もサポートされています ([プロファイル名]、[説明]、[IFC タイプ (タイプ)]、[オブジェクト タイプ]、[フェーズ]、[材質]、[仕上げ]、[プロファイル]、[名前])。

      オブジェクト タイプ プロパティを ObjectType と共にユーザー定義情報にコピーできることに注意してください。

    3. [タイプ] をクリックして、情報の形式を選択します。

      指定できる形式は、文字列、整数、または倍精度浮動小数点数です。タイプを選択すると、ユーザー定義情報タイプではなく IFC プロパティ タイプが指定されます。

  4. IFC オブジェクトを Tekla Structures ネイティブ オブジェクトに変換する前に、変換が正しく行われるようにプロファイルと材質をチェックし、次の方法でプロファイルまたは材質を手動でマッピングします。
    1. [チェック] ボタンをクリックします。

      見つからないプロファイルまたは材質は、Tekla Structures[マッピングがありません] ダイアログ ボックスで、[プロファイルがありません] タブと [材質が見つかりません] タブに表示されます。

    2. Tekla Structures プロファイルおよび Tekla Structures 材質のリストで適切なオプションを選択し、見つからないプロファイルと材質のマッピングを定義します。

      IFC 部材プロファイル名は、Tekla Structures プロファイルにマッピングできます。プロファイルのマッピングは、プロファイル名が含まれていても、変換を実行できるだけの情報が含まれていない IFC データで機能します。必要に応じて、マッピングを後で変更できます。変換でマッピングが使用されるのは、プロファイルが Tekla Structures で見つからない場合のみです。プロファイル変換は、以下で説明する特定のロジックに従います。

      材質マッピングは、既存の材質と見つからない材質の両方で機能します。

    3. [マッピング カタログを更新して終了] をクリックします。

    カタログ ファイルは、テキスト エディターで開いて編集することもできます。これを行うには、[カタログ] ボタンをクリックします。編集の完了後、IFC オブジェクト変換設定を再度開くと、新しい設定が使用できるようになります。ファイルは、モデル フォルダーの \attributes フォルダーにあります。

    TeklaStructuresCatalogMaterials.txt にはすべての材質が含まれます。

    TeklaStructuresCatalogProfiles.txt にはすべてのプロファイルが含まれます。

    MappedMaterials-default.txt は材質をマッピングします。

    MappedProfiles-default.txt はプロファイルをマッピングします。

  5. [IFCオブジェクト変換設定] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。
    これで、使用可能な 2 つの方法のいずれかによって IFC オブジェクトを変換できます。

選択した IFC オブジェクトの一括変換

現在のオブジェクト変換設定を使用して、すべてのインポート済みの IFC オブジェクトを一括変換できます。同じモデルのリビジョンが 2 つ以上必要です。

  1. サイド パネルの [参照モデル] ボタン をクリックして、[参照モデル] リストを開きます。
  2. [モデルの追加] ボタンをクリックし、[モデルの追加] ダイアログ ボックスでモデルをブラウズして [モデルの追加] をもう一度クリックします。
  3. モデルで、変換するオブジェクトを選択します。
  4. リボンに移動し、[管理] タブで、[IFCオブジェクトの変換] をクリックします。
    選択したオブジェクトは、IFC オブジェクト変換設定に基づいて変換されます。変換は、それまでに変換されたことのないオブジェクトに対して自動的に実行されます。変換済みの IFC オブジェクトは、変更リストの一番下に表示されます。各オブジェクトはそれぞれ別の行に表示され、カットは関連オブジェクトの下に階層的に表示されます。

    • モデル内のオブジェクトを選択するには、[モデル内のオブジェクトを選択] チェック ボックスを有効にしてから、オブジェクトの行をクリックします。これによって、関連するネイティブ オブジェクトも選択されます。
    • 変更リストでモデル オブジェクトをハイライトし、その詳細を表示するには、[選択したオブジェクトをモデルから取得] チェック ボックスをオンにしてから、モデル内のオブジェクトをクリックします。
    • モデル内の選択したオブジェクトにズームするには、[選択部材にズーム] チェック ボックスをオンにしてから、変更リスト内で行をクリックします。[モデル内のオブジェクトを選択] が選択されていない場合、[選択部材にズーム] チェック ボックスはオフです。
    • プロパティの詳細リストに変更のみを表示するには、[変更のみ表示] チェック ボックスをオンにしてから、変更リスト内の行をクリックします。

      [プロパティの詳細] リストでは、いずれかの列を誤って削除した場合、列見出しを右クリックしてコンテキスト メニューから列を選択することで、その列を元に戻すことができます。列を目的の位置にドラッグします。

    • オブジェクトの状態は、[新規] (緑色)、[変更] (黄色)、[削除済み] (赤)、[更新] (青、変換変更管理を再度開いた場合は灰色)、[エラー] (紫色) のいずれかとなります。
    • [変換の状態] 列には、変換結果の状態が表示されます。
    • 変換済みのオブジェクトのプロパティは、変更リスト内でオブジェクトをクリックしたときにサイド パネルに表示されるプロパティの詳細リストに表示されます。
  5. リスト内のオブジェクトを更新するには、変換の状態を [変換] に変更し、[変更を適用] をクリックします。
  6. リストが消えた場合は、次のボタンをクリックします。これらのボタンは、変換変更リストがアクティブな場合のみ表示されます。
    • [変更リスト] ボタンをクリックすると、変更リストが再表示されます。
    • [プロパティの詳細] ボタンをクリックすると、プロパティの詳細リストが再表示されます。

変換変更管理を使用した IFC オブジェクトの変換 - 最初の変換

オブジェクト変換変更管理では、オブジェクト レベルで変更確認と変更管理を行います。最初のデータ変更管理では、変換変更管理を行って、施工プロジェクトの課題を低減する必要があります。オブジェクトは自動的に変換されず、変換変更リストを使用して変換する必要があります。

  1. [参照モデル] ボタン をクリックし、[参照モデル] リストを開きます。
  2. [モデルの追加] をクリックし、[モデルの追加] ダイアログ ボックスでモデルをブラウズして [モデルの追加] をもう一度クリックします。
  3. [参照モデル] リストでモデルをダブルクリックし、[IFCオブジェクト変換変更管理を開始] ボタン をクリックします。

    現在の変換の状態が変更リストに表示され、変換管理が有効になります。この状態は、参照モデル オブジェクトの物理的変更と IFC 変換設定に基づきます。参照オブジェクトのプロパティは、変更リスト内でオブジェクトをクリックしたときにオブジェクトごとに別個に表示されるプロパティの詳細リストに表示されます。

    [モデル内のオブジェクトを選択]、[選択したオブジェクトをモデルから取得]、[選択部材にズーム] チェック ボックスを使用し、モデルと、変更内容と詳細のリストを確認します。

    参照オブジェクトの状態および変換ロジックと色:

    状態 変換の状態
    新規 変換なし
    変更 [アイテムとしての変換] または [押し出しとしての変換]
    削除済み [アイテムとしての変換] または [押し出しとしての変換]
    更新 [アイテムとしての変換] または [押し出しとしての変換] 青 (変換変更管理を再度開いた場合は灰色)
    エラー 変換なし ライラック
  4. 目的のオブジェクト行を選択し、[変換の状態] 列の [変換] を選択した後、[変更を適用] をクリックしてオブジェクトを変換します。変換は変換設定に基づいて行われます。複数のオブジェクトを選択できます。
    • 変換後、変換の状態は、変換の結果に応じて [アイテムとしての変換] または [押し出しとしての変換] になります。
    • B-rep は [表面形状] として、パラメトリック プロファイルは [パラメトリック] として、任意の形状は [任意] として表示されます。製品も [任意] であり、また [製品オブジェクトの選択] または [コンポーネントオブジェクトの選択] 選択スイッチで選択された参照オブジェクトも同様です。

    • B-rep ([参照タイプ] 列の [表面形状]) 変換を選択した場合、エラーがない場合、変換はアイテムとして行われます。
    • オブジェクトが押し出し ([参照タイプ] 列の [任意] または [パラメトリック]) の場合と、押し出しとして変換されます。
    • アイテムとしての変換を指定するには、[アイテムとしての変換] を選択します。この場合、押し出しオブジェクトもアイテムとして変換されます。変換では、同じ形状が既に使用可能かどうかが確認されません。そのため、新しい形状が常に作成されます。
    • 押し出しとしての変換を指定するには、[押し出しとしての変換] を選択します。このとき、B-rep は押し出しとして変換され、プロファイルはマッピングによって変換されますが、マッピングがない場合、プロファイルは周囲ボックスによって変換されます。この変換で、常に好ましい変換結果が得られるとはかぎりません。
    • 変換が失敗した場合は、結果が [変換の状態] 列に書き込まれ、ラインの色が紫色になります。
  5. リストが消えた場合は、次のボタンをクリックします。これらのボタンは、変換管理がアクティブな場合のみ表示されます。
    • [変更リスト] ボタンをクリックすると、変更リストが再表示されます。
    • [プロパティの詳細] ボタンをクリックすると、プロパティの詳細リストが再表示されます。

変換変更管理を使用した IFC オブジェクトの変換 - 更新のための変換

以前変換済みの参照オブジェクトが新しい参照モデル リビジョンで変更された場合、古いリビジョンと新しいリビジョンの参照モデルを比較して変換を更新できます。

  1. サイド パネル の [参照モデル] ボタンをクリックして、[参照モデル] リストを開きます。
  2. [参照モデル] リストでダブルクリックして、古い参照モデル リビジョンを開きます。
  3. [ディテール] セクションの [ファイル] リストで新しいリビジョンのファイルを選択し、[変更] をクリックして、新しいリビジョンの参照モデルによって参照モデルを更新します。
  4. [IFCオブジェクト変換変更管理を開始] ボタン をクリックします。
  5. 次の手順で変更を行います。
    • [モデル内のオブジェクトを選択] と [選択部材にズーム] チェック ボックスをオンにして、変更されたオブジェクトをモデル内に明確に表示します。
    • 変更された行をクリックして、サイド パネルのプロパティの詳細に変更の詳細を表示します。
  6. 以前変換したオブジェクトを部分的に更新するには、プロパティの詳細パネルで、特定のプロパティの横にある [更新] チェック ボックスを選択します。
    たとえば、プロファイル情報のみを更新するには、プロパティの詳細パネルで [プロファイル] 行の横にある [更新] チェック ボックスのみを選択します。
  7. 変換の状態が [変更] であるすべてのオブジェクトを変換するには、すべての行を選択し、[変換の状態] を [変換] に変更して [変更を適用] をクリックします。
    • 変換の状態が [変更] であるオブジェクトが、現在のIFCオブジェクト変換設定に基づいて変換されます。
    • 以前変換済みのネイティブ モデル オブジェクトを以前の変換タイプと設定に基づいて更新するには、[変換の状態] 列で [変換] を選択します。タイプを押し出しからアイテムに変更することはできません。この場合、ネイティブ オブジェクトを削除して、変換を指定する必要があります。
    • 参照オブジェクトの状態が [削除済み] の場合、[変換] を選択し、[変更を適用] をクリックします。これにより、ネイティブ オブジェクトと削除された参照オブジェクトへのリンクが削除されます。

変換された IFC オブジェクトを選択するマクロ

[IFC オブジェクト選択に基づいて変換されたオブジェクトを選択] マクロは、Tekla Structures ネイティブ オブジェクトに変換したオブジェクトを選択します。たとえば、Tekla Structures ネイティブ オブジェクトのプロパティを確認するには、変換されたオブジェクトを選択できます。このマクロは、[アプリケーション] カタログの [アプリケーションとコンポーネント] セクションにあります。

[クラス] の値

変換されたオブジェクトの状態は、[クラス] 列の変更リストに表示されます。IFC の入力データが不十分で、変換されたオブジェクトを適切に作成できない場合があります。次の表で [クラス] の値の意味を説明します。

[クラス] の値 IFC オブジェクトのデータ 変換されたオブジェクトの説明

990

名前を持つパラメトリック プロファイル

オブジェクトを正常に変換できるだけの情報が IFC モデルに含まれています。

991

名前を持たないパラメトリック プロファイル

オブジェクトのプロファイルに基づいて、オブジェクトの名前が特定されています。 Tekla Structures

992

名前を持つ任意のプロファイル

変換されたオブジェクトのプロファイルは、IFC モデルのパラメータ化されているプロファイル データがないために誤って回転されている可能性があります。

993

名前を持たない任意のプロファイル

変換されたオブジェクトのプロファイルは、IFC モデルのパラメータ化されているプロファイル データがないために誤って回転されている可能性があります。

プロファイル名は UNKNOWN に設定されています。

994

名前を持つ境界表示部分

IFC モデルのプロファイル データが不足しているため、プロファイルが周囲ボックスになっている可能性があります。

995

名前を持たない境界表示部分

IFC モデルのプロファイル データが不足しているため、プロファイルが周囲ボックスになっている可能性があります。

プロファイル名は UNKNOWN に設定されています。

996

境界表示部分

オブジェクトはコンバーター設定の [BREP オブジェクトの変換] オプションを使用して変換されています。

変換された B-rep オブジェクトはアイテムかコンクリート アイテムのいずれかで、形状カタログに追加されています。

例: IFC オブジェクトを一度に Tekla Structures オブジェクトに変換する

この例では、IFC モデルを構造モデルの基礎として使用します。梁と柱がネイティブ Tekla Structures オブジェクトに変換されます。

  1. 無関係の IFC レイヤーを非表示にします。
    1. サイド パネルの [参照モデル] ボタン をクリックします。
    2. [参照モデル] リストで、参照モデルをダブルクリックして詳細を開きます。
    3. 右側の下矢印をクリックして [レイヤ] リストを開きます。
    4. 不要なレイヤを非表示にするため、目的のレイヤの横にある目のボタンをクリックします。

  2. 表示されているすべての IFC オブジェクトを選択します。
  3. リボンの [管理] タブで、[IFCオブジェクトの変換] をクリックします。

    Tekla Structures によって参照オブジェクトが変換されます。

  4. IFC オブジェクトのプロファイルと材質をチェックし、見つからない材質をマッピングします。
    1. [ファイル] メニューで、設定 > IFCオブジェクト変換設定 をクリックします。
    2. [チェック] をクリックします。

      見つからないプロファイルと材質のリストが Tekla Structures に表示されます。

    3. [プロファイルがありません] タブと [材質が見つかりません] タブを表示します。

      参照部材の見つからない材質として、コンクリート ブロックTekla Structures に示されます。

    4. リストから [CONCRETE_UNDEFINED] を選択します。

    5. [マッピング カタログを更新して終了] をクリックします。
    6. [変換後にレポートを作成] チェック ボックスをオンにします。
    7. [IFCオブジェクト変換設定] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。
  5. [管理] タブで、[IFCオブジェクトの変換] をもう一度クリックします。

    Tekla Structures によってオブジェクトが変換されます。

    変換されたすべてのオブジェクトで、クラス が 992 になっています。これは、IFC モデルにパラメータ化されたプロファイル データが含まれていないため、変換されたオブジェクトのプロファイルが正しく回転されていない可能性があることを示します。

  6. 変換変更リストを確認します。
    • 変更リストでオブジェクトを選択して、それらのオブジェクトをモデル内でハイライトします。[モデル内のオブジェクトを選択] ボタンと [選択部材にズーム] ボタンを使用します。

    • 変換されたオブジェクトを IFC オブジェクトと比較します。

    • リボンの [オブジェクト情報を表示] ボタンを使用して、オブジェクトに関する詳細情報を表示します。

変換された梁と柱の画像を次に示します。

IFC オブジェクト変換のプロファイル変換ロジック

IFC 部材プロファイル名は、Tekla Structures プロファイルにマッピングできます。プロファイルがマッピングされていない場合、IFC オブジェクト変換におけるプロファイルの変換には、Tekla Structures により特定のロジックが使用されます。

IFC モデルでパラメトリック プロファイルが使用されている場合、I、L、U、C、T、Z、四角形および円タイプのプロファイルは、パラメーターによって定義できます。

  1. Tekla Structures で IFC ファイルを作成した場合、元のプロファイル名が使用されます。
  2. 同じ名前のプロファイルが Tekla Structures のプロファイル カタログで見つかった場合は、そのプロファイルが使用されます。
  3. それ以外の場合、Tekla Structures はパラメーター値を確認して対応するプロファイルを見つけます。見つかった場合、そのプロファイルが使用されます。
  4. それ以外の場合、デフォルトのパラメトリック プロファイルが使用されます。

IFC モデルで使用されている任意のプロファイルでは、プロファイルの形状はポリゴンで定義されます。

  1. Tekla Structures で IFC ファイルを作成した場合、元のプロファイル名が使用されます。
  2. Tekla Structures プロファイル カタログで形状が確認されて見つかった場合はそのプロファイルが使用されます。形状確認では、標準タイプの熱間圧延プロファイルがサポートされます。
  3. それ以外の場合、任意のプロファイルの設定に基づいて新しいプロファイルが作成されます。

IFC モデルで B-rep 形状が使用されている場合、オブジェクトが表面によって定義され、プロファイルの形状情報は存在しません。

  1. 対応するアイテムが Tekla Structures モデルに存在する場合、そのアイテムが使用されます。
  2. 存在しない場合は、新しいアイテムが作成されて使用されます。

押し出しタイプに対して [アイテムとしての変換] を使用すると、常に新しいアイテムが作成されます。

IFC オブジェクト変換の制限事項

Tekla Structures は、ほとんどの直線の IFC オブジェクトをネイティブ Tekla Structures オブジェクトに変換します。ただし、変換にはいくつかの制限があります。

Tekla Structures は、オブジェクトの変換時に IFC モデルで使用可能な情報を使用するので、IFC モデルの質に依存します。

IFC オブジェクトの変換には、次の制限事項があります。

  • IFC4.0、IFC4.1 形式およびより新しい IFC 形式は、IFC オブジェクト変換でサポートされていません。
  • IFC モデルが IFC 標準に従っていない場合は、正常に変換されない可能性があります。
  • ボルト、鉄筋、および溶接は、ネイティブの Tekla Structures オブジェクトに変換できません。
  • 現在サポートされている物理要素は、IfcBeam, ifcColumn、ifcMember、ifcPile、ifcFooting、ifcPlate、ifcDiscreteAccessory、ifcSlab、ifcWall、ifcWallStandardCase、ifcRailing、ifcBuildingElementPart です。
  • SweptSolid、Brep、CSG、およびクリッピング表現のみサポートされています。
  • 1 つのオブジェクトの複数の表現はサポートされません。
  • プロファイル オフセットはサポートされていません。
  • 角が正しく変換されない場合があります。
Was this helpful?
前へ
次へ