マークの自動結合

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

マークの自動結合

Tekla Structures では、マークを自動的に結合できます。

次のものを自動的に結合できます。

  • 部材マークと仕上げ材マーク
  • 鉄筋マーク

結合設定などのマーク プロパティの詳細については、「マーク プロパティ - [内容]タブ、[一般]タブ、[結合]タブ、および [表示設定] タブ」を参照してください。

マークは手動で結合することもできます。詳細については、「マークの結合」を参照してください。

結合部材マーク

結合部材マークは、図面内の類似する部材に対して、各部材に別個のマークがあるのではなく、部材マークが 1 つしか使用されていないことを意味します。 結合部材マークには含まれている部材数が示され、定義した部材マークの内容、および手前側情報と向う側情報が含まれます。 マークは、メイン部材の X 方向でのみ結合されます。

Tekla Structures で図面に表示される部材のマークが結合されるのは、次のような場合です。

  • 複数の副部材が同じメイン部材に溶接またはボルト接合される。

  • 複数の部材が同一線上にある。

  • 部材間の距離が等間隔である。

  • 複数の部材に同じ部材マークが付けられている。

  • 部材間の距離が、詳細設定 XS_PART_MERGE_MAX_DISTANCE で設定された距離よりも短い。

  • 詳細設定 XS_MIN_MERGE_PART_COUNT で設定されている数と少なくとも同じ数の部材が配列に含まれている。

制限事項

  • 同一製品の一部ではない部材マーク (製品マーク) を結合することはできません。

  • Tekla Structures では、隣接部材のマークは結合されません。

マーク結合の詳細設定

部材マークの結合には、以下の詳細設定が役立つ場合があります。

XS_MULTIPLIER_SEPARATOR_FOR_MERGED_PART_MARK

XS_NSFS_POSTIX_FOR_MERGED_PART_MARK

XS_NS_POSTIX_FOR_MERGED_PART_MARK

XS_FS_POSTIX_FOR_MERGED_PART_MARK

XS_PART_MERGE_MAX_DISTANCE

XS_MIN_MERGE_PART_COUNT

以下の例では、HEA300 梁 (メイン部材) の X 方向に部材マークが結合されています。

次の例では、左端の 2 つの部材マークが結合されていません。これは、これらのマーク間の距離が離れすぎているためです。

以下の例では、マークは X 方向 (この例では水平方向) にのみ結合されるため、Y 方向のマークは結合されません。

部材マークの自動結合

部材マークと仕上げ材マークを自動的に結合することで、図面内のマーク数を減らすことができます。

  1. [図面とレポート] タブで、[図面のプロパティ] をクリックし、図面タイプを選択します。
  2. 必要なものとできる限り近い図面プロパティを読み込みます。
  3. 単品図、製品図、キャストユニット図 左側のオプション ツリーで [ビューの作成] をクリックし、変更するビューとプロパティを選択して [ビュープロパティ] をクリックします。
  4. [部材マーク] をクリックします。

    仕上げ材を結合する場合、代わりに [仕上げ材マーク] をクリックします。

  5. 部材マーク プロパティの [一般] タブで、[マーク結合] を [オン] に設定します。
  6. 単品図、製品図、キャストユニット図[保存する] をクリックしてビュー プロパティの変更を保存し、[閉じる] をクリックして図面プロパティに戻ります。

    一般図 [OK] をクリックします。

  7. [保存する] をクリックして図面プロパティを保存し、[OK] をクリックして図面を作成します。

Tekla Structuresにより、メイン部材の両面に位置する同一副部材のマークを結合します。

結合鉄筋マーク

Tekla Structures では、鉄筋の類似の鉄筋マークを自動的に結合できます。また、手動で鉄筋マークを結合することもできます。 結合される鉄筋マークには、複数のブロックおよびその他の情報が含まれます。 ブロックは類似した複数のマークを集約します。

Note:

Tekla Structuresで図面内の鉄筋マークを自動的に結合するには、鉄筋をモデル内のコンクリート部材または鋳込みユニットに接続する必要があります。

Tekla Structuresでは、図面に表示される鉄筋のマークが自動的に結合されるのは、次のような場合です。

  • 鉄筋が同じコンクリート部材またはキャストユニットに属している。

  • 鉄筋の方向が同じである。

  • 鉄筋マークが同じある。

  • 鉄筋が互いに近い場所にある。

  • すべての鉄筋を通って直線を引くことができる。

次の詳細設定を使用して、表示された鉄筋に対して自動的にマークを結合する距離を定義することもできます。

XS_​MAX_​MERGE_​DISTANCE_​IN_​HORIZONTAL

XS_​MAX_​MERGE_​DISTANCE_​IN_​VERTICAL

鉄筋マークの自動結合

鉄筋マークを自動的に結合することで、図面内のマーク数を減らすことができます。

  1. [図面とレポート] タブで、[図面のプロパティ] をクリックし、図面タイプを選択します。 鉄筋マークは、キャストユニット図および一般図で結合できます。
  2. 必要なものとできる限り近い図面プロパティを読み込みます。
  3. キャストユニット図: 左側のオプション ツリーで [ビューの作成] をクリックし、変更するビューとプロパティを選択して [ビュープロパティ] をクリックします。
  4. [] をクリックします。
  5. 鉄筋マークダイアログボックスの[結合]タブを開きます。
  6. [同一キャストユニットに同じマーク] リストからオプションを選択して、マークを結合し、引出し線を作成します。
    • [グループ毎に引き出し線一つ] を選択すると、鉄筋グループごとに 1 つの引出し線が作成されます。

    • 一行毎に引出し線:マークを結合し、鉄筋の列ごとに 1 つの引出し線を作成します。

    • 平行引出し線:マークを結合し、平行引出し線を作成します。

    • 引出し線を一点に集中:マークを結合し、すべての引出し線を 1 つの点に対して引きます。

    • マージしない:マークは結合されません。マークごとに個別の引出し線が作成されます。

    • [マージしない] を選択した場合でも、Tekla Structures で自動的に結合されるマークのマーク内容を [結合] タブで定義する必要があります。

  7. 結合方向が複数個可能な場合、[優先する合体方向] から水平または垂直を選択することができます。
  8. 結合した鉄筋マークに含める内容を、[フィールド一覧] リストから選択します。

    結合された鉄筋マークが図面に確実に表示されるようにするには、鉄筋マークの最後の要素として [ブロックの区切りシンボル] を必ず含めます。区切りシンボルを省略するには、このボックスを空白にしたまま、この要素をマークに含めます。

  9. 必要に応じて、マーク内の単一の要素の周囲にフレームを追加します。 フレームは各要素に個別に定義できます。
  10. マークテキストのフォント、フォントの高さ、および色を調整します。 これらの設定は各要素に対して個別に調整できます。
  11. キャスト ユニット図: [保存する] をクリックしてビュー プロパティの変更を保存し、[閉じる] をクリックして図面プロパティに戻ります。

    一般図 [OK] をクリックします。

  12. [保存する] をクリックして図面プロパティを保存し、[OK] をクリックして図面を作成します。

この例では、3つのA φ12 L2000マークをあるブロックに結合して、6つのV φ8 L650マークを他のブロックに結合し、それらのブロックを次の方法で結合します。

  1. 単一マークの内容
  2. ブロックを分割するシンボル
  3. ブロック頭文字
  4. グループ間の距離
  5. ブロック1
  6. ブロック2
役に立ちましたか?
前へ
次へ