CUSTOM.REBAR_SHAPE_COUPLERS

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

CUSTOM.REBAR_​SHAPE_​COUPLERS

CUSTOM.REBAR_SHAPE_COUPLERS カスタム テンプレート属性は、解説図内で鉄筋の形状、曲げ寸法、鉄筋の両端におけるカプラーを示すグラフィック シンボルを表示します。カプラー データは、[鉄筋カプラー][鉄筋端部アンカー]、および [鉄筋を分割してカプラーを追加] の鉄筋カプラー コンポーネントのユーザー定義情報から取得されます。

CUSTOM.REBAR_SHAPE_COUPLERS属性は、コンテンツタイプがREBARであるグラフィックフィールドでのみ利用することができます。

Tekla Structuresで、図面レイアウトに目的のテーブルが含まれていること確認します。デフォルトでは、rebar_with_couplersテーブルが[図面レイアウト]プロパティで利用できます。

図面には、少なくとも鉄筋が含まれている必要があります。鉄筋が含まれていない場合、テーブルに何も表示されません。

カプラーおよび端部アンカーのシンボルのカスタマイズ

カプラーおよび端部アンカーのシンボルの表示方法をカスタマイズすることができます。

  1. さまざまな種類のカプラーまたは端部アンカーについて、モデル プロパティと実際のシンボル間のマッピングを定義できます。

    マッピングは、デフォルトで ..\ProgramData\Trimble\Tekla Structures\<version>\environments\common\system に置かれている RebarCoupler.Symbols.dat ファイルで管理します。このファイルは、モデル フォルダーの下か、詳細設定 XS_PROJECTXS_FIRM、および XS_SYSTEM で指定された共通システム フォルダーにあります。マッピングを制御する方法については、RebarCoupler.Symbols.dat ファイルを参照してください。

    設定ファイル RebarCoupler.Symbols.dat にシンボル ファイル名とシンボル番号の両方を指定できます。シンボル ファイル名を省略すると、デフォルトのファイル (CouplerSymbols.sym) が使用されます。詳細については、環境に含まれるサンプル ファイルを参照してください。

  2. 鉄筋端部で作画するシンボルを独自に作成することができます。

    使用するシンボルは、..\ProgramData\Trimble\Tekla Structures\<version>\environments\common\symbols にデフォルト置かれているシンボル ファイル CouplerSymbols.sym にあります。シンボル エディターで新しいシンボルを作成して追加できます。

役に立ちましたか?
前へ
次へ