CRANK_xxx

Tekla Structures
2022
Tekla Structures

CRANK_xxx

これはテンプレート属性です。テンプレート属性は、フィルタリングで使用したり、モデルからデータを取得して図面やレポートで使用したりできます。たとえば、レポートを作成するときに、Tekla Structures によって、レポート テンプレートに追加された属性が、対応するオブジェクト プロパティ値に置き換えられます。

鉄筋セットの分割線または端部ディテール モディファイアーを使用して定義された鉄筋セットの鉄筋クランク情報を表示するには、次のテンプレート属性を使用します。

(1) = 分割線の位置

テンプレート属性 説明

CRANK_SIDE_START

CRANK_SIDE_END

鉄筋の始点または終点で分割線のどちら側にクランクが作成されるかを示します: Left または Right

CRANK_ROTATE_START

CRANK_ROTATE_END

鉄筋の始点または終点でクランクがどの角度に回転するかを示します。

CRANK_STRLEN_START

CRANK_STRLEN_END

鉄筋の始点または終点にあるクランクの直線セグメントの長さを示します。

これは上の図の (2) です。

CRANK_LENTYPE_START

CRANK_LENTYPE_END

鉄筋の始点または終点にあるクランクの長さのタイプを示します: Diagonal ratio, Diagonal distance, Horizontal ratio, Horizontal distance.

CRANK_RATIO_START

CRANK_RATIO_END

鉄筋の始点または終点にあるクランクの長さを定義するために使用される鉄筋径の乗数を示します。

CRANK_DIST_START

CRANK_DIST_END

鉄筋の始点または終点にあるクランク セグメントの長さを示します。

クランクの長さタイプが Horizontal distance の場合、上の図の (3) にあたります。

クランクの長さタイプが Diagonal distance の場合、上の図の (4) にあたります。

CRANK_OFFSET_START

CRANK_OFFSET_END

鉄筋の始点または終点にあるクランクの直線セグメントのオフセット距離を示します。

これは上の図の (5) です。

役に立ちましたか?
前へ
次へ