オプションと詳細設定が格納されるファイル

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

オプションと詳細設定が格納されるファイル

警告:

モデル フォルダー以外にある .ini ファイル内の詳細設定の値を変更しても、既存のモデルには影響しません。 詳細設定は、[詳細設定] ダイアログ ボックスまたはモデル フォルダーにある options.ini ファイルでのみ更新することができます。詳細設定 XS_​FIRM または XS_​PROJECT で定義されているフォルダー内にある options.ini ファイルからは更新できません。 .ini ファイルは既存のモデルを開いたときにも読み取られますが、options_model.db または options_drawings.db に存在していない新しい詳細設定のみが挿入されます。これには、たとえば、[詳細設定] ダイアログ ボックスにはまだ表示されていないが、ソフトウェアでは追加されているオプションがあります。

モデル作成時の動作

新しいモデルが作成されるときに、Tekla Structures は、モデル固有のオプションの値と詳細設定の値を standard.opt ファイルおよび .ini ファイルから特定の読み取り順序で読み取り、データベース options_model.db および options_drawings.db と、options.ini ファイルをモデル フォルダーに作成します。

モデル固有のオプションまたは詳細設定の変更

  • [オプション] または [詳細設定] ダイアログ ボックスでモデル固有のオプションまたは詳細設定を変更して、[OK] または [適用] をクリックすると、その設定が適用されます (適用されない場合は警告メッセージが表示されます)。

  • 更新されたモデル固有のオプションまたは詳細設定は、モデルが保存されるときに、モデル フォルダーにある options_model.db および options_drawings.db に保存されます。

  • また、モデル フォルダーにある options.ini ファイルから更新できる特別なモデル固有の詳細設定もいくつかあります。これには、たとえば、[詳細設定] ダイアログ ボックスではまだ表示されていない新しい詳細設定があります。

  • モデル固有の詳細設定は、[詳細設定] ダイアログ ボックス、またはモデル フォルダーにある options.ini ファイルでのみ変更できます。

  • モデル固有のオプションは、[オプション] ダイアログ ボックスで手動で変更を行うか、ダイアログ ボックスで standard.opt ファイルの値を読み込むことによってのみ変更できます。

ユーザー固有のオプションまたは詳細設定の変更

  • [オプション] または [詳細設定] ダイアログ ボックスでユーザー固有のオプションまたは詳細設定を変更して、[OK] または [適用] をクリックすると、その設定が ..\Users\<user>\AppData\Local\Trimble\Tekla Structures\<version>\UserSettings にある options.bin に保存されます。

  • ユーザー固有の詳細設定は、[詳細設定] ダイアログ ボックスでのみ変更できます。

  • ユーザー固有のオプションは、[オプション] ダイアログ ボックスで手動で変更を行うか、ダイアログ ボックスで standard.opt ファイルの値を読み込むことによってのみ変更できます。

[オプション] ダイアログ ボックスでのカスタマイズされた設定の保存

  • [上書き保存] ボタンを使用して、[オプション] ダイアログ ボックスで独自のモデル固有の設定を保存できます。 これにより、standard.opt ファイルがモデル フォルダーにある \attributes フォルダーに保存されます。

詳細設定とその値のリストの作成

  • [詳細設定] ダイアログ ボックスで [ファイルへの書き込み] をクリックすると、テキスト ファイルに詳細設定の完全なリストを作成できます。 リストには、詳細設定の名前、現在の値、およびタイプが示されます。

standard.opt ファイルの詳細については、「Standard.opt 設定」を参照してください。

Was this helpful?
前へ
次へ