マルチユーザー モードでのナンバリング設定

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

マルチユーザー モードでのナンバリング設定

次のように、ナンバリング設定を定義します。

  1. [図面とレポート] タブで、[ナンバリング設定] > [ナンバリング設定] をクリックします。

  2. [ナンバリング設定] ダイアログ ボックスで、[マスターモデルと同期を取る (保存 -> ナンバリング -> 保存)] チェック ボックスをオンにします。

    このチェック ボックスをオンにすると、前回の保存が行われる前のナンバリングをキャンセルできます。 これは、たとえば、ナンバリングの結果を確認し、まだ変更が必要なものが見つかった場合などに役立ちます。

    注:

    マルチユーザー モデルで作業している場合は、常にこのオプションを使用して保存時の競合が生じないようにします。

  3. その他のプロパティを必要に応じて設定します。

  4. [OK] をクリックします。

    これにより、全部材または変更した部材のナンバリングの前後にモデルが Tekla Structures により自動的に保存されるようになります。

[図面とレポート] タブで、ナンバリング実行 > 変更部分のナンバリングを実行する をクリックしてナンバリングを実行すると、Tekla Structures により、ナンバリングの進捗状況を示すリストが表示されます。 ナンバリングが終了すると、変更されたナンバリング結果がリストでハイライトされます。 Tekla Structures では、リスト上のアイテムを選択すると、モデル内の対応するオブジェクトがハイライトされます。 F キーを押しながらアイテムを選択すると、Tekla Structures 上の現在のビューの作業領域がオブジェクトの周囲にフィッティングされます。

ナンバリング結果が正しければ、[ナンバリング結果の保存] をクリックして 2 回目の保存を行います。 2 回目の保存の前にナンバリングをキャンセルするには、[キャンセル] をクリックします。 ナンバリングをキャンセルすると、モデルはナンバリング前の状態に戻り、標準ファイルがすべてのダイアログに読み込まれます。

ナンバリング結果をさらに詳しく確認するには、[タイマーの停止] をクリックします。

Tekla Structures により 2 回目の保存が行われるまでの期間を変更するには、詳細設定 XS_NUMBERING_RESULTS_DIALOG_DISPLAY_TIME を使います。

注:

定期的に (たとえば、1 日に 1 回) [ナンバリングのエラーチェックと修復: すべて] コマンド (ファイル > エラーチェックと修復) を実行し、マルチユーザー データベースからナンバリングの不整合を取り除くことをお勧めします。

Was this helpful?
前へ
次へ