マルチユーザー モード

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

マルチユーザー モード

シングル ユーザー モードまたはマルチ ユーザー モードのいずれかで、Tekla Structures モデルを操作できます。 マルチユーザー モードでは、複数のユーザーが同じモデルに同時にアクセスできます。 複数のユーザーが、互いの進捗を把握しながら、同じプロジェクトに取り組むことができます。 これにより、モデルのコピーや結合などの作業が不要になります。

利点

  • 重複するモデルを制御、追跡、または保存する必要がない

  • 単一のモデルを使用することにより、現場でのミスが減少する

  • 単一のマスター モデルに基づいた架設計画

  • 単一のマスター モデルから作成されたボルトおよび材質のリスト

  • 大規模なプロジェクトで多数のユーザー間で工作業負荷を共有できる

  • モデル履歴を収集できる (「XS_COLLECT_MODEL_HISTORY」を参照)

その他の考慮すべき点

すべてのプロジェクトに言えますが、マルチユーザー プロジェクトは注意深く計画する必要があります。 次のような点を考慮する必要があります。

  • 一度に 1 人のユーザーだけがマスター モデルを保存できる

  • ナンバリング計画を使用します。 マルチユーザー モデルで作業する場合は、[ナンバリング設定] ダイアログ ボックスの [マスター モデルと同期を取る(保存 -> ナンバリング -> 保存)] オプションを必ず使用して、保存の競合を防止してください。

  • ナンバリング セッションを適切にスケジュールする (大きなモデルのナンバリングにはいくらか時間がかかる場合がある)

  • 複数のユーザーが同じ領域で作業を行う際に発生する可能性のある競合を回避するために、可能であれば、モデルに対する作業をユーザー間で重複しないように振り分けます。

  • 1 つのプロジェクトに対して、シングルユーザー設定とマルチユーザー設定を併用してはいけません。 シングルユーザー モードでマルチユーザー モデルを保存すると、そのモデルに対して他のユーザーが行った変更が失われ、モデルが破損する場合もあります。 作業内容をマルチユーザー モードで保存する方法については、「マルチユーザー モードでの保存」を参照してください。

注:

Tekla Structures のマルチユーザー モードは、TCP/IP ベースのネットワーク上でのみ動作します。

Was this helpful?
前へ
次へ