マルチユーザーモードのアクセス権

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

マルチユーザーモードのアクセス権

権限を使用してアクセス権を制御できます。モデルを作成したユーザー、または同じ組織のすべてのユーザーは、権限を使用してモデルへのアクセス権を制御できます。実際には、モデルの権限は privileges.inp ファイルを通じて制御されます。

privileges.inp ファイルを変更することで、次のアクセスを制御できます。

  • ユーザー定義情報を変更するためのアクセス権。

  • オブジェクト プロパティを変更するためのアクセス権。これは、オブジェクトをロックおよびロック解除することで行います。

  • ナンバリング設定を変更するためのアクセス権。

  • マルチユーザーサーバーのユーザーを削除するためのアクセス権。

  • 標準ファイルを保存するためのアクセス権。

[ロック]ユーザー定義情報(UDA)または図面のロック、または[フェーズ管理]のロックを使用することで、自分が使用しているモデルと図面が誤って変更されないようにすることができます。[ロック]UDAおよび権限を併せて使用して、特定のユーザーや組織がモデルを変更できないように制限することもできます。

たとえば、チェックが状態の情報だけを変更できるように、モデルへのアクセスを限定できます。また、承認や製作状況および架設状況に使用されるユーザー定義情報を、特定のユーザーが変更できないようにすることも可能です。

privileges.inp ファイルは、Tekla Model Sharing で共有モデルのユーザー定義情報またはナンバリング設定の変更、および標準ファイルの保存を許可するユーザーを制御するためにも使用されます。

privileges.inpファイルでのアクセス権の変更

権限が適用される仕組み:

  • privileges.inpファイルは、モデル内で権限を更新するユーザーインターフェイスとして機能します。

  • 権限は、privileges.inpファイルから読み込まれ、モデルに保存されます。

  • 現在のユーザーにその操作を行うことが許可されている場合にのみ、権限はprivileges.inpファイルから読み込まれます。

  • privileges.inpファイルがない場合や読み込むことができない場合、既にモデルに保存されている権限(ある場合)が使用されます。

  • 権限が設定されなければ、すべてのユーザーに完全なアクセス権があります。

  • Tekla Structuresは、ユーザーがモデルを作成するとき、またモデルを開くたびに、privileges.inpファイルの権限のデフォルト値を確認します。

  • Tekla Structuresでは、現在のモデルフォルダの最初のファイルが検索され、次に詳細設定XS_​INPで定義されたフォルダの最初のファイルが検索されます。

注:

モデルを作成したユーザー、または同じ組織のユーザーだけが、そのモデルの権限をprivileges.inpファイルで変更できます。

アクセス権限を変更するには、次のようにします。

  1. モデルを閉じます。

  2. ..\ProgramData\Trimble\Tekla Structures\<version>\environments\common\inp フォルダーにある privileges.inp ファイルを、任意のテキスト エディターで開きます。

  3. 必要な設定を変更し、ファイルを保存します。

  4. モデルを開き直します。

下記に、privileges.inpファイルの例を示します。組織とユーザー名は、スラッシュ(/)または円記号(\)で区切ります(<organization>/<user>)。ユーザー名が入力されていない場合は、社内のすべてのユーザーを意味します。各行には、タブで区切られた3つの列があります。

1人のユーザーまたは何人かのユーザーにのみ権限を付与する場合、まずすべてのユーザーを除外してから、権限を付与するユーザーを追加する必要があります。

組織名とユーザー名では大文字と小文字が区別されることに注意してください。たとえば、COMPANYAcompanyAと同じではありません。

privileges.inpファイル内のオプション

以下のコマンドがprivileges.inpファイルに含まれています。

  • ユーザー定義情報(UDA)を変更するためのアクセス - attribute:UDA_NAME

  • オブジェクトプロパティを変更するためのアクセス - attribute:OBJECT_LOCKED

  • ナンバリング設定を変更するためのアクセス - action:PartnumbersOptions

  • ナンバリング実行へのアクセス - action:PerformNumbering

  • マルチユーザーモデルでユーザーを削除するためのアクセス - action:AllowMultiuserKick

  • 標準ファイルを保存するためのアクセス - action:SaveStandard

  • 印刷図面にウォーターマークを追加するためのアクセス - action:DrawingWatermark

1人のユーザーまたは何人かのユーザーだけにアクセス権を付与したい場合は、まずすべてのユーザーを除外してから、必要なユーザーを追加します。

オプション

説明

protected user-defined attribute

attribute:name

保護されたユーザー定義情報の"name"に影響します。objects.inpで名前の正確なスペルを確認してください。

または

action

action:name

操作の"name"に影響します。使用可能な操作:

  • PartnumbersOptions: ナンバリング設定へのアクセスを制御します。

    制限: 完全/なしのみ

  • PerformNumbering: ナンバリング実行へのアクセスを制御します。

  • AllowMultiuserKick: マルチユーザーモデルからユーザーを削除するためのアクセスを制御します。

    制限: 完全/なしのみ

  • SaveStandard: 標準ファイルを保存するためのアクセスを制御します。

    制限: 標準ファイルのみ

  • DrawingWatermark: 印刷した図面にウォーターマークを追加するためのアクセスを制御します。

user

everyone

すべてのユーザー

domain/

ネットワークドメインの"domain"内のすべてのユーザーに影響します。

domain/nn

ネットワークドメインの"domain"内のユーザー"nn"に影響します。

nn

ユーザー"nn"に影響します。

rights

full

ユーザーはユーザー定義情報を変更できます。

view

ユーザーはユーザー定義情報を表示できますが、変更できません。このオプションは、ユーザーに淡色表示されます。

none

ユーザー定義情報はユーザーに表示されません。

ユーザー定義情報のロック

オブジェクトが誤って変更されないようにするには、[ロック]ユーザー定義情報(UDA)を使用します。

次のものに使用できます。

  • 部材(個別に梁、柱などに)

  • ボルト

  • 溶接

  • 特定の図面タイプ

  • プロジェクトプロパティ

  • フェーズプロパティ

[ロック]ユーザー定義情報(UDA)には、[はい][いいえ][組織]の3つの値があります。[はい]に設定された場合、オブジェクトはロックされ、そのプロパティを変更することはできません。オブジェクトの、ナンバリングに影響しないユーザー定義情報のみを変更できます。ロックされたオブジェクトを変更しようとした場合、Tekla Structuresは次の警告メッセージを表示します。

"ロックされているオブジェクトがあるため、この操作を実行できませんでした。"

objects.inp ファイルの OBJECT_LOCKED 属性は、[ロック] ユーザー定義情報 (UDA) が Tekla Structures ユーザー インターフェイスに表示されるかどうかを定義します。

注:

オブジェクトをロックする前に、ナンバリングが最新のものであるか確認します。

マルチユーザーモデルでオブジェクトをロック/ロック解除するためのアクセスの制御

privileges.inp ファイルの OBJECT_LOCKED 属性を使用して、ユーザー定義情報 (UDA) へのユーザーのアクセスを [ロック] に設定することで、ユーザーによるオブジェクトのロックおよびロック解除を防止することができます。

ユーザーmanman2だけが、オブジェクトのロック/ロック解除への完全アクセス権を持ちます。その他のすべてのユーザーにはこの属性は非表示になります。

注:

他のユーザー定義情報を保護するには、privileges.inpファイルにそのユーザー定義情報を登録する必要があります。

マルチユーザーモデルでのナンバリング設定へのアクセスの制御

privileges.inp ファイルの PartnumbersOptions を使用して、ナンバリング プロパティへのユーザーのアクセスを制限することで、許可されていないユーザーによるナンバリング設定の変更を防止することができます。

注:

ユーザーは、ナンバリング設定を変更する権限がなくても、ナンバリングを実行できます。

[ナンバリング設定]ダイアログボックスでプロパティを変更する権限を持たないユーザーがダイアログボックスにアクセスしようとすると、Tekla Structuresは、ユーザーが必要な権限を持っていないことを示す警告メッセージを表示します。

[ナンバリング設定] ダイアログ ボックスでプロパティを変更できるのは、admin だけです。

マルチユーザーモードで標準ファイルを保存するためのアクセスの制御

privileges.inp ファイルの SaveStandard アクションを使用して、標準ファイルを保存するためのユーザーのアクセスを制御します。

ORGANIZATIONネットワークドメインで標準ファイルを保存する権限があるのはadminだけです。

マルチユーザーモデルからユーザーを削除するためのアクセスの制御

privileges.inp ファイルの AllowMultiuserKick アクションを使用して、マルチユーザー モデルからユーザーを削除する権限を制限します。

望ましくない利用中のマルチユーザーを[利用中のマルチユーザー]ダイアログボックスのリストから削除できる権限を、定義できます。これは、たとえばユーザーのコンピュータにアプリケーションエラーが生じた場合や、ユーザーを削除することでロックされたオブジェクトのロックを解除する必要がある場合に、便利です。

privileges.inp ファイルの AllowMultiuserKick アクションを定義して、モデルから他のユーザーを削除できる権限を必要とするユーザーに、完全な権限を付与します。

jsmithユーザーだけが、他のユーザーを削除する完全な権限を持ちます。

ユーザーを削除するには、次のように操作します。

  1. [ファイル] メニューで、[共有 > 利用中のマルチユーザー] をクリックします。

  2. 削除するユーザーを右クリックし、[ロックの解除]を選択します。

  3. [更新]をクリックしてユーザーを削除します。

    ユーザーのオブジェクトに対するすべてのロックが解除され、ユーザーが削除されます。

Was this helpful?
Previous
Next