内容タイプ

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

内容タイプ

テンプレート内に新しい行を作成する場合、行のコンテンツタイプを選択する必要があります。 たとえば、行を追加した後に値フィールドを追加するとき、テンプレートエディタによってコンテンツタイプが要求されます。 コンテンツタイプによって、その行で使用できるテンプレート属性が決まります。

指定可能な内容タイプは以下のとおりです。

内容タイプ

説明

ANALYSIS_RIGID_LINK

解析剛結リンクのリストを作成します。

カット部材

[孔]および[リセス]、またはカットの結果削除された部材のリストを作成するために使用します。

テンプレート エディターでは、PART で使用できる同じ属性が ANTIMATERIAL でも使用できます。 ただし、表示されるのは NAMELENGTHWIDTHHEIGHTAREAPROFILE、およびNUMBER、またユーザー定義情報などの、ANTIMATERIAL で使用するときに便利な属性だけです。

ASSEMBLY

製品および単品のリストを作成します。選択した部材とボルトが使用されている製品がすべてリストに含まれます。

BOLT

ねじとボルトのリストを作成します。 選択した部材に接続されているボルトがすべてリストに含まれます。

CAST_UNIT

キャストユニットのリストを作成します。

CHAMFER

角処理の長さのリストを作成します。

COMMENT

空白行、またはテキストデータまたは線のみが存在する行をテンプレートの任意の場所に作成します。

CONNECTION

ジョイントのリストを作成します。

DRAWING

リビジョン履歴情報なしの図面リストを作成します。 レポートおよび含まれている図面に使用します。

HIERARCHIC_CAST_UNIT

コンクリートのサブアセンブリを一覧表示するレポートを作成する場合に使用します。

HIERARCHIC_OBJECT

さまざまな階層のリストを作成します。たとえば、オーガナイザーの階層オブジェクトのリストを作成します。

HISTORY

モデルの履歴情報を取得するために使用します。この内容タイプは、PARTREBARCONNECTION、およびDRAWING行で使用できます。

この内容タイプで使用できるテンプレート属性は次のとおりです。

  • TYPE:更新またはナンバリングなど、過去の操作のタイプ。

  • USER:変更を行ったユーザー。

  • TIME:変更された時間。

  • COMMENT:[上書き保存]をクリックしたときに入力されたコメント。

  • REVISION_CODE:[上書き保存]をクリックしたときに入力されたプロジェクトコード。

HOLE

孔のリストを作成します。

LOAD

荷重のリストを作成します。

LOADGROUP

荷重グループのリストを作成します。

MESH

溶接金網のリストを作成します。

NUT

ナットのリストを作成します。 選択した部材に関連付けられているボルトのナットがすべてリストに含まれます。

PART

部材のリストを作成します。

POUR_BREAK

現場打ちコンクリート部材の打ち継ぎのリストを作成します。

POUR_OBJECT

現場打ちコンクリート部材オブジェクトのリストを作成します。

POUR_UNIT

現場打ちコンクリート ユニットのリストを作成します。

REBAR

鉄筋のリストを作成します。

REFERENCE_MODEL

参照モデルをリストします。

REFERENCE_OBJECT

参照モデルの参照モデルオブジェクトをリストします。

ユーザー定義情報を持つ参照モデルオブジェクトだけをレポートに表示します。

REFERENCE_ASSEMBLY

参照モデルの参照製品のリストを作成します。

REVISION

リビジョンマークのリストを作成します。

SIMILAR_ASSEMBLY

類似した部材のリストを作成します。

この内容タイプを使うには、SIMILAR_*内容タイプの行の上層に空の(出力から非表示になっている)ASSEMBLY行、PART行、またはCAST_UNIT行が必要です。

行階層内でSIMILAR_*行内容タイプの下層に行を置くことはできません。

注記: これらは、図面内で使用され、類似したオブジェクト情報がモデルから収集されます。他のすべての属性情報は、表示された図面オブジェクトから収集されます。

SIMILAR_CAST_UNIT

SIMILAR_PART

SINGLE_REBAR

鉄筋グループの個々の鉄筋リストを作成します。

たとえば、テーパー鉄筋グループの個々の鉄筋の長さを取得するのに使用します。

鉄筋セットの場合、SINGLE_REBARREBAR と同様に機能します。

SINGLE_STRAND

個々のプレストレス緊張材のリストを作成します。

STRAND

プレストレス緊張材のリストを作成します。

STUD

スタッドのリストを作成します。

SURFACE

表面のリストを作成します。

SURFACING

仕上げ材のリストを作成します。

SUMMARY

階層でSUMMARYの上部にある行の内容のサマリーを作成します。

たとえば、PART - SUMMARY階層を使って、PART行の内容のサマリーを作成します。

TASK

タスクのリストを作成します。

WASHER

ワッシャーのリストを作成します。 選択した部材に関連付けられているボルトのワッシャーがすべてリストに含まれます。

WELD

溶接リストを作成します。

Was this helpful?
Previous
Next