鉄筋加工図または解説図のテンプレートの作成

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

鉄筋加工図または解説図のテンプレートの作成

テンプレート エディターを使用して、鉄筋および曲げ溶接金網の鉄筋加工図や解説図を作成し、鉄筋加工図に表示する情報のタイプを制御できます。

  1. [ファイル]メニューで、[エディタ] > [テンプレートエディタ]をクリックします。
  2. ファイル > 新規 をクリックします。
  3. [グラフィックテンプレート]を選択し、[OK]をクリックします。
  4. [挿入] > [コンポーネント] > [行]をクリックして、新しい行を追加します。
  5. 行の内容タイプとして [鉄筋] または [溶接金網] を選択します。
  6. Tekla Structuresデータベースから必要なデータを取得できるように、値フィールドを追加します。
    1. [挿入] > [値フィールド]をクリックします。
    2. 行内のフィールドの場所を定義する点をクリックします。

      値フィールドの属性を選択するように促す[属性の選択]ダイアログボックスが表示されます。

    3. 属性を選択し、[OK]をクリックします。
    4. 値フィールドごとに手順a~cを繰り返します。
  7. [REBAR] または [MESH] コンテンツ タイプ行にグラフィック フィールドを挿入します。
    1. 挿入 > グラフィック フィールド... をクリックします。
    2. マウスをクリックしたままドラッグし、枠を描画します。
  8. グラフィック フィールドをダブルクリックして、[グラフィック フィールドのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  9. [自由属性] をクリックし、[アプリケーション] タブに移動します。
  10. 必要な曲げ図属性を選択します。

    [ユーザー] タブで、曲げ図属性を定義することもできます。同じ属性が [ユーザー] 属性と [アプリケーション] 属性の両方として設定されている場合、[アプリケーション] 属性が優先されます。

    テンプレートの鉄筋加工図で使用可能な属性と値のリストについては、「鉄筋加工図属性」を参照してください。

  11. テンプレートを保存します。

解説図のオートスケール

グラフィック テンプレートの PULLOUT 属性には、縮尺のタイプを定義するのに使用できる自由属性があります。[自由属性] ダイアログ ボックスの [ユーザー] タブで自由属性 ScaleType1 に設定すると、使用可能なスペースの X 寸法と Y 寸法の両方に収まるように解説図が縮小/拡大されます。その結果、形状の縦横比が変わりますが、小さいセグメントは、より見やすくなります。この属性は、[アプリケーション] タブで設定することもできます。

自由属性 ScaleType を定義しない場合、曲げ形状は下のように表示される可能性があります。

自由属性 ScaleType1 に設定されている場合、同じ曲げ形状が次のようになります。

解説図の表示設定の変更

Tekla Structures では、詳細設定 XS_SYSTEM で定義されているシステム フォルダーにある rebar_config.inp ファイル内の設定を使用して、解説図の表示設定を定義します。解説図で使用する色、線、寸法単位、書式、精度などを変更することができます。rebar_config.inp の設定と値のリストについては、「図面の鉄筋設定 (rebar_config.inp)」を参照してください

Was this helpful?
Previous
Next