テンプレートエディタへのユーザー定義のテンプレート属性の追加

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

テンプレートエディタへのユーザー定義のテンプレート属性の追加

次の例は、独自のユーザー定義情報をテンプレートエディタの属性ツリーに追加する方法を示しています。

起動前に、ユーザー定義情報をobjects.inpファイルに追加します。たとえば、MY_ATTRIBUTEという名前の属性を図面のユーザー定義プロパティに追加できます。

  1. contentattributes_userdefined.lstファイルをテキストエディタで開きます。
  2. 適切な名前を付けて(MY_contentattributes_userdefined.lstなど)、ファイルを同じフォルダに保存します。
  3. 属性名のリストにMY_ATTRIBUTEを追加し、次のように設定を定義します。

  4. 内容タイプに割り当てられた属性のリストにMY_ATTRIBUTEを追加します。

    objects.inpファイル内でどのオブジェクトに属性が関連付けられているかに応じて、内容タイプを選択します。この例では、内容タイプはDRAWINGです。USERDEFINED.<ATTRIBUTE_NAME>の形式で属性を追加します。

  5. 変更を保存します。
  6. contentattributes.lstファイルを開きます。
  7. ファイルに次の行を追加します。

    [INCLUDE MY_contentattributes_userdefined.lst]

  8. 変更を保存します。

    属性は、テンプレートエディタの属性ツリー(DRAWING > USERDEFINEDの下)に表示されます。

Was this helpful?
Previous
Next