製品またはキャスト ユニットの一括編集

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

製品またはキャスト ユニットの一括編集

Tekla Structures 2021 では、ソース製品またはキャスト ユニットから、指定されたターゲット製品またはキャスト ユニットへのすべての編集を一度にすばやくコピーできるようになりました。新しいツール [バッチエディタ] を使用すると、オブジェクトの形状を変更したり、部材プロパティを変更したりすることで、同一の製品またはキャスト ユニットを編集する必要がある場合に、繰り返し作業の回数を減らすことができます。

[バッチエディタ] は、Tekla Structures Diamond ライセンスで使用できる点に注意してください。

[バッチエディタ] は、同じマークを持つ同一の製品とキャスト ユニット、または非常に類似しているが番号が異なる製品とキャスト ユニットで使用できます。

[バッチエディタ] では、以下の操作を実行できます。

  • モデル内の元となる製品またはキャスト ユニットを選択し、元となる製品に基づいて、対象製品またはキャスト ユニットのリストを生成します。リストには、元となる製品で行った編集をコピーできます。[バッチエディタ] は、元となる製品と同じマークを持つ製品またはキャスト ユニットのみを検出します。

    必要に応じて、類似しているが番号が異なる製品またはキャスト ユニットを対象製品のリストに手動で追加できます。

  • 基となる製品またはキャスト ユニットで行ったすべての編集をコピーするリストを使用して、指定された対象製品またはキャスト ユニットに一度にコピーする。

    [バッチエディタ] は、変更されたオブジェクトの置き換えを回避しようとします。[バッチエディタ] により、対象製品またはキャスト ユニット内の一致するオブジェクトが検出され、それらの形状とプロパティが変更されます。

    メイン部材と副部材の両方の形状およびプロパティの編集、およびコンポーネント プロパティの変更をコピーできます。メイン部材形状の編集をコピーするには、[元の製品を選択した後に実行された、メイン部材の位置の変更をコピー] オプションをオンにする必要がある点に注意してください。

    元となる製品に存在しない副部材が対象製品またはキャスト ユニットに存在する場合、編集をコピーするときに、対象製品またはキャスト ユニット内のそれらの副部材が [バッチエディタ] により削除されます。

  • 次の目的で、対象製品またはキャスト ユニットのリストを使用する
    • 編集内容をコピーする前に、元となる製品と対象製品またはキャスト ユニットの違いを表示する。

    • 対象製品またはキャスト ユニットのリストを参照し、ナンバリングを実行する前に発生する可能性のあるエラーを修正する。

    [バッチエディタ] は、[検証] 属性を使用して、選択した元となる製品とリストされている対象製品またはキャスト ユニット間のオブジェクト数に関して検出された相違を報告し、製品またはキャスト ユニットの重量と体積を比較します。さらに、[検証] 属性は、対象製品またはキャスト ユニット内の欠落しているオブジェクトや追加オブジェクトも報告します。

バッチ エディターの使用における制限と推奨事項

  • [バッチエディタ] は、製品またはキャスト ユニット レベルでのみ動作します。

    製品またはキャスト ユニットの副部材は、ソースまたはターゲットとして選択できません。たとえば、別の部材に、または別のサブアセンブリに編集内容をコピーすることはできません。

  • [バッチエディタ] では、次のものはコピーされません。

    • 一意のユーザー定義情報の値

    • サブアセンブリ プロパティ

    • 製品ナンバリング情報

  • [バッチエディタ] では、次のオブジェクトタイプはサポートされません。

    • 現場打ちコンクリート ユニットと現場打ちコンクリート

    • 解析および設計でのオブジェクト タイプの読み込み

  • 元となる製品またはキャスト ユニットが分割されている場合は、[バッチエディタ] を使用しないことをお勧めします。

  • ミラーリングされた製品またはキャスト ユニットでは、[バッチエディタ] を使用しないことをお勧めします。

    鉄筋グループとコンポーネントは、必ずしもメイン部材に正しく適合するとは限りません。これは、特に、ミラーリングされた対象製品またはキャスト ユニットに新しいオブジェクトが追加される場合に当てはまります。

  • 似たような外観を持つが、異なる方法でモデリングされた製品やキャスト ユニットでは、[バッチエディタ] を使用しないことをお勧めします。

    これは、たとえば、副オブジェクトの向きが異なる製品やキャスト ユニット、またはメイン部材として異なるオブジェクト タイプを使用してモデリングされた製品またはキャスト ユニットに当てはまります。

  • 鉄筋グループと一部のマクロは、寸法や形状が異なるメイン部材の形状に適応しません。

  • 回転またはミラーリングされた製品またはキャスト ユニットにコピーされたメイン部材形状の編集内容が正常に機能しない場合があります。

  • [バッチエディタ] では、[壁レイアウト] ツールにより作成される部材の全体的な寸法がオーバーライドされます。したがって、寸法が同じプレキャスト壁に編集内容をコピーする場合に [バッチエディタ] を使用することをお勧めします。

バッチ エディターを使用した類似の製品またはキャスト ユニットの編集

  1. [編集] タブで、[バッチエディタ] をクリックします。

    [バッチエディタ] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [選択] ボタンをクリックし、モデル内のソース製品またはキャスト ユニットを選択します。

    [バッチエディタ] では、同じマークを持つすべての製品またはキャスト ユニットが検出されます。製品またはキャスト ユニットは、[対象製品] リストに表示されます。

  3. 対象製品またはキャスト ユニットを手動で追加するには、モデル内でそれらを選択し、[追加] ボタンをクリックします。

    リストから対象製品を削除するには、リストから目的の製品を選択し、[削除] ボタンをクリックします。

    モデル内のソースを削除した場合、ソース リストは空になる点に注意してください。同様に、モデル内のターゲットを削除した場合、ターゲットのリストは空になります。

  4. [対象製品] リストで、チェック ボックスを使用して、元となる製品から変更をコピーする製品またはキャスト ユニットを選択します。

    一度に複数のチェック ボックスをオンにするには、ターゲットを選択し、Shift キーを押しながらマウスの左ボタンをクリックします。

  5. 元となる製品と対象製品またはキャスト ユニットの相違を表示したり、エラーを修正したりするには、対象製品リストの [検証] 属性を使用します。

    [バッチエディタ] は、[検証] 属性を使用して、選択した元となる製品とリストされている対象製品またはキャスト ユニット間のオブジェクト数に関して検出された相違を報告し、製品またはキャスト ユニットの重量と体積を比較します。さらに、[検証] 属性は、対象製品またはキャスト ユニット内の欠落しているオブジェクトや追加オブジェクトも報告します。

    モデル内の欠落したオブジェクトと追加オブジェクトを確認できます。モデル内のオブジェクトをハイライトするには、[追加] または [見つからない] オブジェクト リンクをクリックします。

  6. 元となる製品またはキャスト ユニットからターゲットに変更をコピーするには、[コピー] ボタンをクリックします。

    [バッチエディタ] は、選択したソースとターゲットの間で検出された差異を解析し、選択されたすべての対象製品またはキャスト ユニットをソースと同一にします。

  7. モデルでコピー結果を確認するには、リストからターゲット オブジェクトを選択します。

    [選択部材にズーム] チェック ボックスをオンにすると、リストで選択したオブジェクトに自動的にズームします。

  8. 変更された製品またはキャスト ユニットをナンバリングして、すべての変更が正しくコピーされていることを確認します。

バッチ エディターの設定

[設定] を使用して、編集内容のコピー方法を定義します。

  • 元の製品を選択した後に実行された、メイン部材の位置の変更をコピー

    このオプションをオンにすると、メイン部材の終点ハンドルのドラッグや、[移動][移動] コマンドを使用したメイン部材の位置変更など、製品またはキャスト ユニットのメイン部材に行われた形状の変更が [バッチエディタ] によりコピーされます。

    注:

    元となる製品またはキャスト ユニットを選択し、オプションをオンに切り替えた後に行った編集のみが [バッチエディタ] により認識されます。まずメイン部材の形状を変更してからオプションをオンに切り替えただけの場合、メイン部材の編集内容はコピーされません。

    このオプションがオフの場合、副部材とコンポーネントの編集内容だけがコピーされます。

  • メイン部材のプロパティをコピー

    このオプションがオンの場合、製品またはキャスト ユニットのメイン部材プロパティの変更内容が [バッチエディタ] により選択したターゲットにコピーされます。このオプションは、さまざまなメイン部材プロファイル寸法を持つターゲットに編集内容をコピーする場合などに使用します。

    ユーザー定義情報はコピーされますが、固有のユーザー定義情報はコピーされない点に注意してください。

  • 対象製品のコピーされたコンポーネントを更新

    このオプションがオンの場合、対象製品またはキャスト ユニットのコンポーネントは、コンポーネント プロパティ ダイアログ ボックスで設定されたプロパティに従って [バッチエディタ] により変更されます。コンポーネント オブジェクトの形状の変更など、手動で行った変更はすべて失われます。

    このオプションがオフの場合、コンポーネント オブジェクトの形状やコンポーネント オブジェクト プロパティの変更など、コンポーネントの手動の変更は、対象製品またはキャスト ユニットにコピーされます。

バッチ エディターのプロパティ列の操作

[バッチエディタ] では、対象製品またはキャスト ユニットのリストとプロパティ列を整理できます。プロパティ列を追加、編集、または削除して、対象製品またはキャスト ユニットに関する必要なプロパティを表示します。

これを 実行するには

対象製品のリストへのプロパティ列の追加

  1. [バッチエディタ] の右上隅の ボタンをクリックします。

    または、プロパティ列の見出しを右クリックして [編集] を選択することもできます。

  2. [プロパティの編集/追加] ダイアログ ボックスで、以下の操作を行います。

    • 左側のリストから必要なプロパティを選択し、右側のリストにドラッグします。[検索] ボックスを使用して、プロパティを検索します。同じ列に複数のプロパティを追加できます。

    • 列のセルにカスタム テキストを追加する場合は、[カスタム テキスト] を選択し、表示される [テキスト] ボックスに必要なテキストを入力します。その後、Enter キーを押して、カスタム テキストを右側のリストに追加します。

    • 値がない場合でもプロパティ セルを表示するには、[列の空のフィールドを表示] オプションを選択します。

  3. プロパティ列の名前を入力し、[OK] をクリックします。

    新しいプロパティ列が対象製品ビューのリストに追加されます。

プロパティ列の順序の変更

プロパティ列の見出しを、ターゲット リストの新しい位置にドラッグします。

プロパティ列の並べ替え順序の変更

列見出しをクリックします。

列ヘッダーの横にある矢印シンボルは、並べ替え順序が昇順 か降順 かを示します。

プロパティ列のサイズ変更

この列ヘッダーと次の列ヘッダーの間の縁端をドラッグします。

対象製品のリストの更新

[バッチエディタ] の右上隅の をクリックします。

Was this helpful?
Previous
Next