Trimble Connect ソリッドビューアー の改良点

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Trimble Connect ソリッドビューアー の改良点

Trimble Connect ソリッドビューアー では、独自の材質を作成し、特定のオブジェクトの材質をオーバーライドして、代わりに別の材質を使用できるようになりました。

ユーザー定義材質の作成

Trimble Connect ソリッドビューアー に、モデルを表示するために独自のユーザー定義材質を追加できる材質エディターが追加されました。ユーザー定義材質は、事前定義された材質と同じ方法で、Trimble Connect ソリッドビューアー材質マッピングで使用できます。

  • 材質エディターを開き、ユーザー定義材質の作成を開始するには、[Trimble Connect ソリッドビューアー] サイド パネルで をクリックします。

材質エディターでは、次のことができます。
  • 独自のユーザー定義材質を作成、変更、保存する

  • ユーザー定義材質のテクスチャを追加し、テクスチャの縮尺とタイルを調整する

  • RGB カラー スライダーを使用して材質の色を調整する

  • 材質の透明度、粗さ、金属感、バンプ強度を調整する

  • 表示されているすべてのオブジェクトのユーザー定義材質をプレビューする

  • すべてのオブジェクトをリセットして元の材質を使用する

ユーザー定義材質は、C:\Users\<user>\AppData\Local\TrimbleConnectVisualizer\CustomMaterials フォルダーに保存されます。

注:

ユーザー定義材質は、Tekla Model Sharing を使用している他のユーザーと共有されません。カスタム材質を使用するようマッピングされたオブジェクトはすべて、他のユーザーにはそのクラスの色で表示されます。

材質のオーバーライドの設定

Trimble Connect ソリッドビューアー で選択したオブジェクトに使用する材質をオーバーライドし、代わりに使用する別の材質を選択できるようになりました。材質をオーバーライドするには、オブジェクトを選択し、[ソリッドビューアの設定] ダイアログ ボックスで、オーバーライド材質を設定します。

事前定義された材質またはカスタム材質をオーバーライド材質として使用できます。

オーバーライド材質を設定すると、オーバーライド材質名が、選択したオブジェクトの VISUALIZER_MATERIAL ユーザー定義情報に保存されます。

Trimble Connect ソリッドビューア:材質の表示設定の機能追加

Trimble Connect ソリッドビューアー では、以下の定義済み材質の表示設定が機能追加されています:
  • コンクリート

  • ガラス

  • 芝生

  • 地面

  • 鋼材

  • 材木

下の図では、左から右に、鋼材、コンクリート、木材、ガラス、地面、芝生の新しい表示設定を確認することができます。

Was this helpful?
Previous
Next