2021 SP1:新機能と改良点

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

2021 SP1:新機能と改良点

Tekla Structures のスタート画面に組織名が表示されるようになりました

Tekla Structures のスタート画面では、現在の Tekla Structures 設定に関する情報の下に組織が表示されます。

SOLD-1482

プレートとスラブの分割

[部材分割] リボン タブの [編集] コマンドが改善され、モデル内のポリゴン プレートとスラブを分割することが容易になりました。分割にポリゴンを使用したり、作業平面をシフトしたりする必要はなくなりました。

プレートまたはスラブの分割:

  1. [編集] タブで [部材分割] をクリックします。

  2. 分割するプレートまたはスラブを選択します。

    折れ板とロフト プレート、ロフト スラブは分割できません。

  3. 分割線が通る点をピックします。

    プレートまたはスラブのエッジ上の最初の点と最後の点をピックします。

    角処理、カット、開口部のある領域は分割できません。これらの領域で点をピックしようとすると、分割線のプレビューが赤に変わり、分割できないことが示されます。

Tekla Structures 2021 の クイック起動 で利用可能であった [プレートまたはスラブの分割] コマンドが削除され、[部材分割 リボン] コマンドと結合されました。

TTSD-40506

ドキュメント管理におけるユーザー定義情報の検索

ドキュメント管理 では、DocumentManagerUDAs*.txt ファイルが、以前使用可能だった検索場所に加えて、拡張フォルダやサブフォルダでも再帰的に検索されるようになりました。

DocumentManagerUDAs*.txt ファイルは、ドキュメント管理の列に表示される図面 UDA を指定します。

TTSD-43315

PDF 参照モデルのテキスト

PDF 参照オブジェクトでは、テキストのカバー率が向上しました。

TTSD-43317

tekla モデルのレイヤ

.tekla モデルのオブジェクトでレイヤを使用できるようになりました。レイヤを含む .tekla モデルを、リンクされた Trimble Connect プロジェクトにアップロードするには、part.epr ファイルをカスタマイズする必要があります。
  1. \TeklaStructures\<version>\Environments\common\system\UploadToConnect フォルダから、現在のモデルフォルダの下にある \attributes フォルダに part.epr ファイルをコピーします。

  2. Microsoft Notepad などのテキスト エディターで part.epr ファイルを開きます。

  3. 次の形式でレイヤーの線を追加します。"layer": ["TEMPLATE_FIELD"]

    たとえば、"layer": ["ASSEMBLY_POS"] のように入力します。

  4. part.epr ファイルを保存します。

TTSD-39229、TTSD-43390

IFC エクスポートのプロパティ セットの改善

IfcRoof、IfcRamp、IfcStair のプロパティセットの定義は、IfcElementAssembly も含めないと、IFC エクスポートに含めることができませんでした。この不具合は修正されました。

TTSD-43436

IFC2x3 エクスポートで、IFC オブジェクトのカテゴリに関する新しい詳細設定

IFC2X3 は エクスポート時に、今後は鋼材の副部材オブジェクトを IfcDiscreteAccessory としてエクスポートしません。例えば、tekla structures.ini のような .ini ファイル内の新しい詳細設定 XS_IFC2X3_EXPORT_SECONDARY_AS_DISCRETEACCESSORYTRUE に設定することで、以前のカテゴリでエクスポートを行うことができます。

TTSD-5900

コンクリート コンポーネントの改良点

埋め込みアンカー (8)

配置 タブでは、製品全体の中からトラス梁を検出するかどうかを選択できるようになりました。

TSAC-4806

梁鉄筋 (63)

パラメータタブでは、側面鉄筋を鉄筋グループとして作成できるようになりました。以前は、すべての側面鉄筋が個別の単一の鉄筋として作成されていました。

TSAC-5168

コンクリ-ト柱-梁 (110)

[パラメータ] タブで、T 形副部材の新しい柱の切り取りタイプを作成できるようになりました。この新しい切り取りタイプを使うと、柱と梁の間にかぶり厚を追加できるようになります。

TSAC-5158

壁パネル鉄筋/2 重壁エッジと開口部鉄筋

曲げたメッシュ筋の設定では、[画像] タブで次の機能が改善されました。

  • 縦筋の定着長

    [ターゲット] を選択して、定着長の数値を変更します。これにより、かぶり厚の寸法を引いた全長のメッシュが作成されます。

    [固定] を選択すると、定着長さが固定された中心振分けのメッシュが作成されます。

  • 最小間隔

    コーナーの溶接金網間の間隔を定義します。

TSAC-5045

Fixes

Defect number Development area Description
TSAC-3382 Concrete components 壁レイアウト(壁配置):レイヤーの作成をキャストユニットに追加に変更することで、サブアセンブリベースのレイヤーを使用して壁レイアウトを変更する方法が改善されました。 以前は、一部のレイヤーを更新できませんでした。
TSAC-4886 Concrete components 溶接金網:溶接金網に負のかぶり厚を適用できるよう改善されました。
TSAC-5206 Concrete components パッドフーチング鉄筋(77):以前は、ゾーン3に1つの鉄筋のみに十分なスペースがあるにもかかわらず、鉄筋は作成されませんでした。 これは、主筋と副筋の両方で発生していました。 これは修正されました。 さらに、各ゾーンで鉄筋が作成されないことを定義できるようになりました。 各ゾーンでの鉄筋の作成が改善され、鉄筋が適切な位置に作成されるようになりました。
TSAC-5246 Concrete components 埋め込みアンカー(8):アンカーの周囲に断熱層のポリゴンの厚みが作成された場合、アンカーは厚みの上端ではなく下端に作成されました。 これは修正されました。
TSAC-5325 Concrete components トラス梁(88)(89):上弦鉄筋( b )のGUIDが、ユーザー定義情報GIRDER_TOP_GUID としてブレースガーダーのすべての要素に記述されるようになりました。
TTSD-43572 Concrete components 以前は、壁配置接続材で作成された接続材がモデルから削除されると、Tekla Structuresが機能しなくなりました。
これは修正され、壁配置接続材で作成された接続材を削除してもTekla Structures が正しく機能するようになりました。
TSAC-5055 Steel components H/Vシアープレート(64):シアープレートタブの製品マークの頭マークと開始番号を指定できるようになりました。
TSAC-5208 Steel components 冷間圧延スリーブ(2):以前は、コンポーネントはZプロファイルに対して正しく機能しませんでした。 これは修正されました。
TTSD-41224 Import, export, interoperability 図面をDWG/DXFにエクスポート:モデルスペース座標の選択リストの幅が広くなり、選択枝全体が表示されるようになりました。
TTSD-41279 Import, export, interoperability 図面をDWG/DXFにエクスポート:モデル空間の座標がローカルに設定されている場合、エクスポートによってビューが重なり合う場所に配置されることがありました。 これは修正されました。
TTSD-42649 Import, export, interoperability IFC2x3エクスポート:ソリッドが壊れているためにIFCエクスポートが正しく出力されませんでしたが、壊れたソリッドのみスキップされるよう修正されました。定期的にモデルを診断し、問題があれば修正するようにすることをお勧めします。
TTSD-42922 Import, export, interoperability Trimble Connector :オーバーレイモデルがアタッチされた状態でTekla Structuresモデルのモデルフォルダの場所を変更した場合でも、オーバーレイモデルが機能するようになりました。
TTSD-43104 Import, export, interoperability 参照モデル:最新のサービスパックでは、ファイル名のPDF参照モデルの特殊文字の処理が壊れていました。
特殊文字の処理が改善され、現在のWindowsロケールの特殊文字が再びサポートされるようになりました。
TTSD-43115 Import, export, interoperability 以前は、モデルのアップロードコマンドを使用して現場打ちコンクリートユニットを含むモデルをTrimbleConnectにアップロードしたときに、鉄筋が現場打ちコンクリートユニットから除外されていました。 これは修正されました。
TTSD-43354 Import, export, interoperability IFC4、3D DWG、およびDGN v8エクスポートでは、 CLASS_ATTR 属性を使用してレイヤーをクラスとして設定しても、1文字のクラス値では機能しませんでした。 これは修正されました。
TTSD-43412 Import, export, interoperability 図面をDWG/DXFにエクスポート:エクスポートでさまざまな色をより確実に処理できるようになりました。
TTSD-43777 Import, export, interoperability

IFC2x3エクスポート:基準点のローカルz座標が使用されている場合、Tekla Structures 2021でのエクスポートでzレベルが正しくありませんでした。これは修正されました。

TTSD-43987 Import, export, interoperability IFC4エクスポート:IFC4エクスポートで、まれに追加のプロパティセットファイルが読み取れませんでした。 これは修正されました。
TPLED-146 Templates and reports テンプレートエディタ:テンプレートエディタのヘルプは、バージョン3.6 - 4.0で新しく新鮮な外観になっています。
TTSD-43789 Templates and reports レポート一括作成レポート一括作成マクロは、より多くの機能を備えた新しいツールに置き換えられました。 詳細な説明は、次の記事に記載されています:レポート一括作成
TTSD-43851 Templates and reports .xls レポートで値を誤認するという問題を防ぐために、小数点としてコンマを使うという要望(TTSD-36249)は取り下げられました。
TSAC-4890 Drawings 基準線ラベル:詳細基準線ラベルで、位置合わせされていない基準線のラベルの位置が修正されました。 以前は、3Dビューのラベル、および手動で端を移動した基準線ラベルが常に正しく配置されていませんでした。
TSAC-5247 Drawings 2Dライブラリ:2Dライブラリの詳細が大量にあるとき、アプリケーションエラーが発生することがありました。 これは修正されました。
TSAC.4890 Drawings 図面の基準線ラベル:詳細基準線ラベルで、位置合わせされていない基準線のラベルの位置が修正されました。 以前は、3Dビューのラベル、および手動で端を移動した基準線のラベルが常に正しく配置されていませんでした。
TTSD-30765 Drawings 部材の UDA で短縮量(xs_shorten)を使用した場合、図面ビューで寸法線が正しく更新されませんでした。 これは修正されました。
TTSD-33022 Drawings Tekla Structuresでは63文字を超える名前のレイアウトファイルを使用できないため、名前が63文字を超える図面レイアウト(.lay)ファイルは、図面プロパティのレイアウトリストで使用できなくなりました。
TTSD-35964 Drawings モデルが変更された後、詳細マークのラベルが図面内で理由なく移動しなくなりました。
TTSD-39368 Drawings 溶接マークプロパティ:一方の溶接サイズが空(ゼロ)の場合、他方のサイズが溶接マークに表示されます。 以前は、一方ゼロサイズの場合反対側は表示されませんでした。
TTSD-40102 Drawings 断面図が直交していない場合、断面記号の方向が正しくありませんでした。 これは修正されました。
TTSD-40866 Drawings 結合寸法表示の寸法点をドラッグすると寸法値が誤っていましたが、これは修正されました。
TTSD-41363 Drawings 部材断面プロファイルが複雑な場合、図面の寸法で関連するオブジェクトを正しく見つけることができない場合がありました。 これは修正されました。
TTSD-41576 Drawings モデルの変更後に図面を開いたときに、溶接記号が不正に移動しないよう修正されました.
TTSD-41581 Drawings 一般図面でビュー作成はより堅実に動作するよう改善されました。モデルに無効なデータが含まれている場合でも機能するようになりました。
TTSD-41817 Drawings マークの内容にテンプレートを使用すると、図面ビューフレームが不必要に拡大されることがありました。 これは修正されました。
TTSD-41850 Drawings 図面の更新時にレベルマークが正しく配置されていませんでした。 これは修正されました。 この修正は、古い Tekla Structures のバージョンで作成されたレベルマークや誤って関連付けられたレベルマークには影響しません。
TTSD-41941 Drawings 図面の印刷で一部の色は、画面で表示されたものとは異なる色になっていました。 これは修正されました。
TTSD-42066 Drawings 図面の更新プロセスが最適化され、より高速になりました。
TTSD-42155 Drawings ビューをある図面から別の図面に移動しても成功しない場合、ビューは元の図面のままになります。 以前は、ビューは元の図面から削除されていました。
TTSD-42175 Drawings 図面の鉄筋のテンプレートが鉄筋セットでも正しく機能するようになりました。
TTSD-42354 Drawings 鉄筋セットに付与された鉄筋マークは正しく複製されるようになりました。
TTSD-42726 Drawings 図面で鉄筋セットのオブジェクト情報を照会するときに、TeklaStructuresアプリケーションエラーが発生しなくなりました。
TTSD-42834 Drawings 鉄筋の解説図がより確実に描画されるようになりました。
TTSD-42926 Drawings 別の図面からビューをコピーした場合、部材が表示されないケースがありました。 これは修正されました。
TTSD-43194 Drawings マルチ図で、グラフィックテンプレートで指定した表示位置が誤った位置に配置されるという問題がありました。これは修正されました。
TTSD-43212 Drawings 鉄筋セットは、詳細なオブジェクトレベル設定で問題を引き起こしていました。 これは修正されました。
TTSD-43338 Drawings ドキュメント管理のログファイルには、「基準線で、ユーザー定義情報のフィールドタイプ: FIELDTYPE_UNDEFINED はサポートされていません。表示/編集のためにはユーザー定義情報のダイアログを使用してください。」という警告がたくさん書き込まれていました。これは修正されました。
TTSD-43381 Drawings 別のモデルから図面を複製するときに、溶接マークがより適切に複製されるようになりました。
TTSD-42962 System and options 詳細設定 XS_CONNECT_UPLOAD_MODEL_FOLDER は、コンポーネントカテゴリからファイルフォルダカテゴリに移動されました。
TTSD-39879 Tekla Model Sharing Tekla Model Sharing:以前は、セッション中にモデルの変更を最初にアウトまたはインしたときに、処理が成功したことを示すステータスバーメッセージが表示されませんでした。 これは修正されました。
TTSD-40240 Tekla Model Sharing Tekla Model Sharing:以前は、モデルの保存時にモデル履歴データベースのアップグレードに失敗すると、TeklaStructuresがクラッシュしていました。 これは修正され、代わりにエラーメッセージがセッションログに出力されるようになりました。 Tekla Structuresでもエラーメッセージが表示され、モデル履歴データベースの初期化に失敗した場合にモデルを開くことができなくなりました。
TTSD-43358 Tekla Model Sharing Tekla Model Sharing:以前は、オブジェクトが手動で現場打ちコンクリートユニットに割り当てられていて、割り当てられた1つまたは複数の現場打ちコンクリートオブジェクトが後で変更された場合、手動での割り当てが失われていました。 これは修正されました。
TTSD-43406 Tekla Model Sharing Tekla Model Sharing:以前は、共有プロファイルがプロファイルカタログで誤って上書きされることがありました。 これは修正され、プロファイルの変更をより安全に共有できるようになりました。
TTSD-43639 Tekla Model Sharing 以前は、フォルダーパスにセミコロン(;)が含まれているため、Tekla Structures は Trimble Connect プロジェクトフォルダーにある XS_FIRM フォルダーと XS_PROJECT フォルダーを見つけることができませんでした。 これが修正され、フォルダパスからセミコロンが削除されました。
TTSD-42747 Reinforcement 設定ファイルからロードされたプロパティを使用して溶接金網作成すると、溶接金網タイプが正しく適用されませんでした。 これは修正されました。
TTSD-44034 Reinforcement 鉄筋セットプロパティモディファイヤのユーザー定義情報は、モディファイヤが接触した鉄筋にのみ転送されるようになりました。 以前は、鉄筋セット内のすべての鉄筋が情報を受け取っていました。
TSAC-5172 Modeling 配列ツールは、元オブジェクトが複数回選択されている場合でも、コピーを重複して作成しなくなりました。
TTSD-35722 Modeling ロフトプレートで、曲線の長さが部材の高さよりも短い場合、オブジェクト情報の表示を行うと、高さが2倍の値として表示告され、長さの値が失われていました。 これは修正されました。
 
TTSD-42507 Modeling これで、フェーズ管理フェーズのオブジェクトを選択するとき、オブジェクトとハンドルポイントが同じフェーズにある場合、オブジェクトのハンドルポイントはプロパティパネルに表示されなくなります。 。

作図オブジェクトのポイントは、プロパティパネルの選択結果に引き続き表示されるようになりました。 これにより、モデルが破損する可能性のある部材参照ポイントの偶発的な移動が防止されます。
TTSD-43014 Modeling 再帰的なアセンブリ階層を持つモデルを修復しようとしたときに、Tekla Structures がクラッシュしなくなりました。
TTSD-43047 Modeling 表示設定で鉄筋が非表示となっている場合でも、製品>製品オブジェクトの表示コマンドで、鉄筋セットが正しく表示されるようになりました。
TTSD-43130, TTSD-36577 Modeling マルチユーザーモデルで、モデルに現場打ちコンクリートがある場合に、建物の階層は正しく機能するようになりました。
TTSD-43273 Modeling バッチエディタは、元のオブジェクトが移動された場合でも適切に処理するようになりました。
TTSD-43285 Modeling バッチエディタ:溶接金網の認識とコピーが改善されました。
TTSD-43309 Modeling 以前は、多くの線が1つとして表示され、交点へのスナップスイッチがアクティブであるビューで参照モデルにスナップすると、TeklaStructuresがクラッシュしていました。 これは修正されました。
TTSD-43344 Modeling 溶接のオブジェクト情報を表示すると、オブジェクト情報ダイアログボックスに溶接のユーザー定義属性(UDA)が表示されるようになりました。
TTSD-43408 Modeling モデルビューで右から左への範囲選択を使用してオブジェクトを選択すると、すべてのレンダリングモードで正しく機能するようになりました。以前は透過表示モードで、一部のオブジェクトが選択されませんでした。
 
TTSD-43665 Modeling バッチエディタは、製品に他のマクロを含むマクロが含まれている状況でより適切に動作するようになりました。
TTSD-43894 Modeling カスタムコンポーネントの一部のサブコンポーネントパラメータまたは変数の前にハッシュマークが表示されなくなりました。 これらのパラメータと変数は、表示されることを意図したものではありません。
 
SOLD-1589 Licensing Tekla Structuresのサインインウィンドウで、翻訳されたテキストの一部がウィンドウに収まっていませんでした。 これは修正されました。
TTSD-40288 Core 以前は、Tekla Structuresが終了時にクラッシュする場合がありました。 これは修正されました。
TTSD-43817 Core 全般に安定性が向上しクラッシュやエラーメッセージが減りました。
TTSD-41526 Tools and components 以前は、プラグインがないためにコンポーネントの保存に失敗したときに、カスタムコンポーネントエディターを閉じることができませんでした。 これは修正されました。
TTSD-43249 Tools and components 以前は、コンポーネントの設定ファイル、例えば型枠ツール、が XS_FIRM または XS_PROJECT のサブフォルダーに配置されている場合、それらは見つかりませんでした。 これは修正されました。
TTSD-43425 Tools and components 以前は、アプリケーションとコンポーネントカタログで検索中に新しいモデルを開くとエラーが発生する可能性がありました。。 これは修正されました。
TTSD-43892 Tools and components 以前は、辺と角鉄筋(62)などのRPCベースのコンポーネントが鉄筋グループの鉄筋の数を変更できないという問題がありました。 これは修正されました。
TTSD-38711 Numbering 以前は、マークシリーズが重複するとき、2つの異なる製品が同じファミリマークを振られる可能性がありました。 これは改善され、マークシリーズが重複する製品の場合は、ファミリナンバリングでマークが付けられなくなりました。
TTSD-32935 User interface プロパティパネルのパフォーマンスが改善されました。 選択した複数のオブジェクトの共通プロパティを表示し、プロパティパネルで選択したオブジェクトタイプを切り替えることが、特に複数のUDAがプロパティパネルテンプレートに追加されている場合に、以前よりも高速になりました。

 
TTSD-41998 User interface Tekla Structures のログイン画面をバイパスするための Bypass.ini ファイルが、デフォルトの国際文字UTF-8エンコーディングを使用して正しく機能するようになりました。
TSAC-4473 Import, export, interoperability (concrete) エクスポートELiPLAN(68):中空コアの始終端の排水口が常に1列に整列してエクスポートされるようになりました。 始終端の100mm未満のカットは無視されます。それ以外の場合、排水口はカットサイズにそれぞれオフセットされます。
TSAC-5234 Import, export, interoperability (concrete) エクスポートユニテックニク(79):以前は、外形線に近い位置に部材カットを持つ型枠がある場合、ライン属性が正しくエクスポートされませんでした。 これは修正されました。
TSAC-5354 Import, export, interoperability (concrete) エクスポートELiPLAN(68):データ変換ファイルを使用すると、埋め込み材料をカスタマイズした単位で数値化できるようになりました。
Was this helpful?
Previous
Next