鉄筋の改良点

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

鉄筋の改良点

Tekla Structures 2021 には、鉄筋セットの新しい設定と鉄筋グループ化の改良が追加されており、すべての鉄筋モデリング コマンドを収集する新しいリボン タブが導入されています。Tekla Structures 2021 の新しい鉄筋機能の一部は、以前の Tekla Structures 2020 サービス パックで既に導入されています。

リボンの新しい [鉄筋] タブ

鉄筋モデリング コマンドが、[Tekla Structures] リボンの独自の [鉄筋] タブに配置されました。

鉄筋セットおよびモディファイアーが縁端に従うことができる

新しい [縁端に従う] 設定を使用して、鉄筋設定ガイドラインとモディファイアー (分割線を含む) が、ガイドラインまたはモディファイアーの端点の間にある脚の面ノ縁端に従うかどうかを定義できます。これは、たとえば、曲線コンクリート構造を補強およびディテール設定する場合に役立ちます。

この [縁端に従う] リストは、プロパティ パネルで鉄筋セット、すべてのモディファイアー、および副部材のガイドラインに使用できます。[はい] を選択し、ガイドラインまたはモディファイアーの直接変更ハンドルが脚の面の縁端にある場合、ガイドラインまたはモディファイアーが端部の間にある脚の面の縁端に従おうとします。縁端に沿った最短ルートが使用されます。

または、コンテキスト ツールバーで をクリックして、選択した鉄筋セット、モディファイアー、分割線、または副部材のガイドラインが脚の面の縁端に従うようにすることもできます。

縁端にカットがある場合、ガイドラインまたはモディファイアーに中間直接変更ハンドルを追加し、ハンドルをカットの角にドラッグする点に注意してください。

鉄筋セットの鉄筋グループ化の改良点

  • Tekla Structures 2021 では、曲線に沿ってテーパーされる鉄筋セットの鉄筋が自動的にグループ化されます。新しいテーパー曲線グループは、図面のナンバリング、レポート、寸法設定などでサポートされます。

  • 鉄筋が連続曲線に沿ってが不規則に配置されていても、類似の鉄筋セットの鉄筋が通常のグループとしてグループ化されるようになりました。

  • 鉄筋セットの鉄筋の自動グループ化によって、キャスト ユニットが考慮されるようになりました。キャスト ユニットが複数の部材で構成されている場合、鉄筋は部材ではなくキャスト ユニット内でグループ化されます。

  • モデル内の鉄筋セットの鉄筋のグループ化を制御する新しい詳細設定が導入されました。自動的にグループ化する鉄筋セットの鉄筋の許容値を定義するには、これらの詳細設定を使用します。

  • 特定の鉄筋セットにおける上記のモデル固有の詳細設定の値をオーバーライドするには、鉄筋セットで [鉄筋セット] タブのユーザー定義情報 [テーパー線形許容値]、[テーパー曲線許容値]、[類似グループ内の鉄筋の最小数] を使用するか、プロパティ モディファイアーのユーザー定義情報を使用します。

新しい鉄筋セット設定およびその他の改良点

  • [作成する最小長] 設定が、個々の鉄筋セットとプロパティ モディファイアーのプロパティ パネルに追加されました。[鉄筋最小長] プロパティと [開始/終了脚の最小直線長] プロパティを使用して、[オプション] ダイアログ ボックスで対応するモデル固有の設定をオーバーライドできます。

  • 脚の面の縁端がぴったり重ならない場合でも鉄筋セットの鉄筋脚を互いに接続するには、次の新しい設定を使用します。

    • モデル全体には XS_REBARSET_LEG_CONNECTION_TOLERANCE

    • 個々の鉄筋セットまたはプロパティ モディファイアーのユーザー定義情報にある [脚部ジョイントの許容値]

    自動的に接続される脚の面間の最大ギャップを定義する値を入力します。この値が既存のギャップよりも大きい場合、ギャップが無視され、鉄筋脚が接続されます。

  • 鉄筋セットの GUID と鉄筋セットの鉄筋グループを報告するには、新しいテンプレート属性 USERDEFINED.REBARSET_GUID および USERDEFINED.REBARSET_GROUP_GUID を使用します。

  • それらの GUID を使用し、鉄筋セットの鉄筋と鉄筋セットの鉄筋グループをフィルターして選択できるようになりました。以前は、鉄筋セットを GUID で選択することはできませんでした。シングル鉄筋セットの鉄筋の場合 フィルターで [テンプレート] カテゴリーを使用します。

  • IFC2x3 エクスポートでは、鉄筋セット グループをエクスポートするときに、新しい鉄筋セット グループ GUID も使用されます。以前は、最初の鉄筋の GUID が使用されていました。

  • 既存のテンプレート属性 CROSS_SECTION_AREA および WEIGHT_PER_UNIT_LENGTH が、REBAR および SINGLE REBAR 行の鉄筋で使用できるようになりました。

  • 鉄筋セットにのみ適用されるように、詳細設定 XS_REBAR_MINIMUM_LEG_DEVIATION の名前が XS_REBARSET_MINIMUM_LEG_DEVIATION に変更されました。

以前のサービス パックに導入された鉄筋セットの改良点

  • Tekla Structures 2020 SP1 では、カスタム コンポーネントにおける鉄筋セットの使用が改良されました。複数の点をピックして鉄筋セットの分割線を作成するときに、寸法を表示する方法も導入されました。詳細については、「2020 SP1: 新機能と改良点」を参照してください。

  • 分割線、モディファイアー、ガイドラインの方向の変更、およびテンプレート属性 SUB_ID_WITH_LETTERSSUB_ID_WITH_LETTERS_LAST は、Tekla Structures 2020 SP3 で導入されました。詳細については、「2020 SP3: 新機能と改良点」を参照してください。

Was this helpful?
Previous
Next