新しい [インストラクター] サイド パネルとヘルプの他の変更点

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

新しい [インストラクター] サイド パネルとヘルプの他の変更点

新しい [インストラクター] サイド パネル ウィンドウを使用して、Tekla Structures を簡単かつスムーズに学習できるようになりました。

Tekla Structures 2021 には、新しいサイド パネル ウィンドウ [インストラクター] が導入されており、現在アクティブなリボン コマンドの使用方法が表示されます。[インストラクター] サイド パネル ウィンドウに表示される内容は次のとおりです。
  • コマンドの簡単な説明

  • コマンドの使用手順

  • コマンドの使用方法に関する短いサンプル アニメーション

  • Tekla User Assistance にある詳細なビデオと手順へのリンク

[インストラクター] は、モデリング モードと図面モードの両方で、すべてのリボン コマンドに使用できます。

インストラクターの使用方法

  1. まず、[インストラクター] サイド パネル ウィンドウを開きます。[インストラクター] を開くには、サイド パネルで をクリックします。

  2. リボンで任意のコマンドをクリックします。

    [インストラクター] に、選択したコマンドの手順が表示されます。

    コマンドの詳細については、[インストラクター][詳細については Tekla User Assistance を参照] にあるリンクをクリックしてください。

  3. リボンで他の任意のコマンドをクリックします。

    [インストラクター] の内容が変更され、新しく選択したコマンドの手順が表示されます。

独自の [インストラクター] コンテンツの作成

[アプリケーションとコンポーネント] カタログでは、ツールのサイド パネル ヘルプを簡単に作成できます。[インストラクター] には、選択内容に基づいてコンテンツが表示されるため、各種コンポーネントを選択する際のアドバイスをユーザーに表示したり、ツールを実行する前に手順を示したりするなど、役に立つ情報を表示できます。この機能を最大限に活用するには、両方のパネルが表示されるようにユーザーがサイド パネルを配置する必要があります。これは、カスタム コンポーネントのヘルプ機能に代わるものではないため、別のコンテキスト (F1) ヘルプ ページをカスタム コンポーネント ダイアログに関連付けることができます。

  1. [アプリケーションとコンポーネント] カタログで、ヘルプを追加するツールを選択します。

  2. [インストラクター][ヘルプ ファイルの追加] ボタンをクリックします。

    選択内容に従って、必要なファイルを作成するためのダイアログ ボックスが開きます。コンテンツは、モデル フォルダー、プロジェクト フォルダー、企業フォルダー、またはシステム フォルダーに保存できます。Standard のフォルダー検索順序は以下のとおりです。

ヘルプ コンテンツを作成するには、お好きなテキスト エディターや他の編集ツールを使用して、生成された HTML ファイルを編集するか、テンプレート ファイルを完全に上書きします。

詳細な手順については、「インストラクター ヘルプをアプリケーションとコンポーネントに追加する」を参照してください。

Tekla ヘルプ ビューワーの削除

別個の Tekla ヘルプ ビューワーが削除されました。F1 または Ctrl+F1 を押すと、User Assistance がデフォルトの Web ブラウザーで開きます。この変更により、余分なクリック操作を行わなくても好みのブラウザーで User Assistance の内容を開くことができるため、ヘルプがより使いやすくなっています。

Tekla User Assistance オンライン サービスから直接 User Assistance ページを開く代わりに、オフライン ヘルプ パッケージをインストールすることもできます。

ステータス バー メッセージの改良

Tekla Structures ウィンドウの下部にあるステータス バーの表示が新しくなり、より分かりやすくなりました。ステータス バーに表示される短い表示の多くが改良され、ツールを使用するために必要な手順と、より詳細な情報が表示されるようになりました。

Tekla User Assistance でのアクセス変更

保守契約ユーザー以外もサポート記事を参照できるようになりました。Tekla User Assistance サービスにログインせずに、サポート記事を表示できるようになりました。これにより、サービスをより簡単かつ迅速に利用できるようになり、アカウントが正しく設定されていない場合やログイン時に問題が生じた場合でも、必要な情報にすべてのユーザーが確実にアクセスできるようになります。

Was this helpful?
Previous
Next