DirectX レンダリングの改良点

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

DirectX レンダリングの改良点

Tekla Structures 2021では、いくつかの改良により DirectX レンダリングがさらに強化されています。

従来の OpenGL レンダリングを有効にするオプションで DirectX レンダリングを無効にするオプション

デフォルトの DirectX レンダリングを無効にし、従来の OpenGL レンダリングを使用するには、ファイル > 設定 > スイッチ の新しい [レガシー レンダリングを使用する] オプションを使用します。このオプションが [オフ] の場合、DirectX レンダリングが使用されます。このオプションが [オン] の場合、OpenGL レンダリングが使用されます。

[レガシー レンダリングを使用する] オプションは、以前に使用されていた [DirectXレンダリング] オプションを置き換えるものです。

レンダリング設定はモデル ビュー固有であり、モデル ビューごとに異なるレンダリング オプションを使用できます。

以前に使用されていた DirectX 関連詳細設定を置き換える [ファイル] メニューの新しいスイッチ

ファイル メニュー > 設定 > スイッチ で、新しい [オーバーラップする仕上げ材のハッチ (塗りつぶし)] オプションと [陰線の破線] オプションを使用できるようになりました。これらのオプションは、同じ平面上のオーバーラップする仕上げ材のハッチ (塗りつぶし) のオンまたはオフ、および部材の縁端線の破線を DirectX でレンダリングされたモデル ビューに表示するかどうかを制御します。

[オーバーラップする仕上げ材のハッチ (塗りつぶし)] を変更するには、ビューを再度開く必要があります。

[陰線の破線] を変更するには、Tekla Structures を再起動する必要があります。

これらのオプションは、以前に使用されていた詳細設定 XS_HATCH_OVERLAPPING_FACES_IN_DXXS_USE_DASHED_HIDDEN_LINES を置き換えるものです。

DirectX のパフォーマンスを測定するための新しい TeklaMark ツール

DirectX 3D レンダリング エンジンのパフォーマンスを測定する場合、新しい Tekla Warehouse から TeklaMark ツールを使用します。このツールには、次の 3 つのバージョンが用意されています (鋼材用、コンクリート用、エンジニアリング用)。このツールは、プロセッサ速度、読み込み時間、平均描画時間、フレームごとの詳細など、Tekla Structures で一般的に使用されるグラフィック情報の処理速度をテストします。

このツールでは、ハードウェア設定のスコアが表示されます。さまざまなハードウェア設定で収集されたパフォーマンス データを確認するには、TeklaMark サポート記事を参照してください。

新しい詳細設定 XS_SHOW_STATISTICS_IN_DX

DirectX レンダリング モデル ビューに統計と使用されているレンダリング デバイスを表示するには、詳細設定 XS_SHOW_STATISTICS_IN_DX を使用します。統計は、モデル ビューの左下隅に、1 秒あたりのフレーム数の測定値として表示されます。

この詳細設定を使用すると、特に、CPU 内蔵アクセラレーターとかなり強力な外部グラフィック アクセラレーターの両方を備えたノートパソコンなど、複数 GPU の場合は、Tekla Structures モデル ビューに適切なグラフィック ハードウェア アクセラレーターを使用していることを簡単に確認できます。

この詳細設定は、デフォルトでは FALSE に設定されます。

値を変更した場合は、ビューを再度開いて、新しい値を有効にする必要があります。

この詳細設定は、従来の OpenGL レンダリング モデル ビューには影響を与えないことに注意してください。

Was this helpful?
Previous
Next