Tekla Model Sharing に関する問題を修復する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Tekla Model Sharing に関する問題を修復する

共有モデルを復元する

共有モデルに作業時間の無駄につながる問題がある場合、社内の管理者は、Management Console for Tekla Model Sharing を使用して問題のあるモデル バージョンを削除できます。共有モデルのユーザーが Tekla Structures でモデルの以前のバージョンを復元し、そのモデルを Tekla Model Sharing で使用することも可能です。

Management Console for Tekla Model Sharing は、管理者が組織のすべての共有モデルを管理できるようにウェブベースのアクセスを許可します。管理者は、モデルをロックして、1 人のユーザーを Tekla Structures でモデルを調査できるロック オーナーに指名します。ロック オーナーが問題を検出すると、管理者は問題の原因となっているモデル バージョンを削除し、モデルのロックを解除して再度通常どおり使用できるようにします。

モデルのロック中は、Tekla Structures の共有コマンドを次のように使用できます。

  • [イン ] および [アウト ] アイコンには、黄色の矢印 が表示されます。これらのコマンドを使用できるのはロック オーナーのみです。
  • [ファイル ] メニューで、ロック オーナーが [イン]、[アウト]、[ベースラインの作成 ]、および [ユーザー ] コマンドを使用できます。
  • [共有モデル ] ダイアログ ボックスで、ロック オーナーは [モデルの編集]、[ユーザーの管理]、および [クラウドからモデルを削除 ] コマンド を使用したり、特定のモデルに参加したりできます。

他のユーザーが共有コマンドを使用することはできません。

共有モデルのユーザーが、管理者によって削除されたいずれかのモデル バージョンの読み込みまたは書き出しを既に行っている場合、Tekla Structures では、このユーザーに対して [アウト ] および [イン 赤色の矢印が使用されたアイコン が表示されます。[ファイル ] メニューの共有コマンドは使用できません。ユーザーはモデルへの参加を再度行う必要があります。

ユーザーが削除されたバージョンを使用していない場合、そのユーザーは参加を再度行う必要はありません。

さらに調査を行うことなくモデルの以前のバージョンに戻すことも可能です。管理者は、Management Console for Tekla Model Sharing でモデルをロックし、不要なバージョンまたはエラーが含まれるバージョンを削除した後で、モデルのロックを解除できます。その後、ユーザーはモデルの有効なバージョンへの参加を再度行う必要があります。

モデル バージョンが削除された場合、そのバージョンで行われた変更はモデルから失われることに注意してください。モデルに含める必要がある変更は、再度実行し、読み込みを行う必要があります。

モデルの以前のバージョンを使用する別の方法として、共有モデルのユーザーは次の手順を実行できます。

  1. もう一度モデルに参加 します。
  2. モデル履歴の目的のレベルに到達するまでパケットを読み込み ます。
  3. モデルを共有から除外 します。
  4. 共有を開始 し、他のユーザーをもう一度モデルに招待します。

    モデル内のすべてのユーザーが復元されたバージョンのモデルを使い始めるようにしてください。

モデルへの再参加 (書き出し後にモデルが保存されていない場合)

共有サービスへの変更の書き出しでエラーが発生した場合、モデルに再度参加する必要がある場合があります。書き出しエラーによってデータベースの不整合やモデル データの破損が生じた可能性がある場合は、Tekla Structures にエラー メッセージが表示されます。

書き出しを行うときに、Tekla Model Sharing は次のことを行います。

  1. モデルを保存します。
  2. 増分パケットを用意します。モデル フォルダーのデータはまだ変更されません。
  3. 共有サービスに増分パケットをアップロードします。
  4. 増分パケットが正常にアップロードされたら、モデルを再度保存します。ローカル モデル データが必要情報によって更新されます。

Tekla Structures 手順 4 より前の手順でエラーが発生した場合は、 にエラー メッセージは表示されません。共有サービスは、モデルの更新をまだ受け取っていません。モデル フォルダーに書き出しを妨げるデータは含まれていないため、再度書き出しを試みることができます。モデルに対して新しい更新が利用できる場合は、最初に更新を読み込んでから、再度書き出しを試みてください。

手順 4 でエラーが発生した場合は、Tekla Structures にモデルに再度参加するように助言するエラー メッセージが表示されます。参加したら、共有履歴 から、書き出しが共有サービスにアップロードされたかどうか確認することができます。

手順 4 でエラーが発生した場合は、モデルが正しく保存されていない可能性があり、モデル データが破損または失われている可能性があります。モデルには、いくつかの異なる Tekla Structures データベースがあり、それぞれ独自のベースラインがあります。エラーが発生した場合、Tekla Structures モデルには、共有されたデータに必要なすべての情報が揃っていません。

タイムアウト後に新しい Tekla Model Sharing セッションを開始する

6 時間変更の読み込みまたは書き出しを行わないと、Tekla Model Sharing セッションがタイムアウトします。これは、Tekla Model Sharing ライセンスを他のユーザーにリリースできるように、Tekla Model Sharing サービスとオンプレミス サーバーとの接続が切断されることを意味します。

この場合、クイック アクセス ツールバーの [イン] アイコン に使用可能なパケット数は表示されません。ただし、まだパケットをインできる可能性があります。

新しい Tekla Model Sharing セッションを開始して、Tekla Model Sharing サービスに再接続するには、次のようにします。

  • クイック アクセス ツールバーで、[イン] アイコンをクリックします。

Tekla Model Sharing のエラー メッセージへの対応

表 1. ライセンス、サインイン、および開くエラー

メッセージ

説明

実行するには

モデルを開くことができませんでした。

このメッセージは、選択したモデルを開くことができない場合に表示されます。

これは、モデルが破損している場合や、別のプログラムがモデルを開く上で重要なファイルを予約している場合に発生します。

  1. 次のログ ファイルでエラーを探します。
    • モデル フォルダーの下の \logs フォルダーで、次の作業を行います。
      • modelsharing.log

      • error_<user>_<YYYYMMDD>_<HHMMSS>.log

      • sharingfacade.log

    • \TeklaStructuresModels フォルダーで次の作業を行います。
      • TeklaStructures_<user>.log

    • \Users\<user>\AppData\Local\Tekla DataSharing フォルダーで次の作業を行います。
      • ClientLog_cat.txt

      • ClientLog_dog.txt

  2. エラー メッセージの要求に従って続行します。

    たとえば、別のアプリケーションがファイルをブロックしている場合は、そのアプリケーションを閉じます。

  3. 続行方法がわからない場合や問題が解決しない場合は、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

無効なデータベース ファイルが検出されました: [無効なファイル]

共有モデルを開くと、特定のデータベース ファイルがチェックされます。

このメッセージは、チェックしたデータベース ファイルに問題がある場合に表示されます。無効なファイルは、エラー メッセージの最後に表示されます。

  1. 次のログ ファイルでエラーを探します。
    • モデル フォルダーの下の \logs フォルダーで、次の作業を行います。
      • modelsharing.log

      • error_<user>_<YYYYMMDD>_<HHMMSS>.log

      • sharingfacade.log

    • \TeklaStructuresModels フォルダーで次の作業を行います。
      • TeklaStructures_<user>.log

    • \Users\<user>\AppData\Local\Tekla DataSharing フォルダーで次の作業を行います。
      • ClientLog_cat.txt

      • ClientLog_dog.txt

  2. エラー メッセージの要求に従って続行します。

    たとえば、別のアプリケーションがファイルをブロックしている場合は、そのアプリケーションを閉じます。

  3. モデルが現在開いている場合、モデルをエラーチェックして修復します

  4. 問題が解決しない場合は、モデル フォルダー内のすべての .db ファイルを .db.bak ファイルに置き換えて、使用中のバックアップ コピーを作成します。

ログインできませんでした

Tekla Model Sharing 共有サービスへのサインインに失敗しました。

  1. Internet Explorer を開き、ブラウザーの Cookie をクリアします。

  2. 必要に応じて、すべての Tekla Online services からサインアウトし、サービスが自動的にサインイン情報を記憶しないようにします。

  3. もう一度サインインしてください。

  4. 問題が解決しない場合、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

モデルが存在しません。

開こうとしているモデルは、Tekla Model Sharing サービスから削除されました。

モデルには環境が必要です ([環境名])

モデルは特定の環境と共有されていますが、別の環境を使用してモデルを結合しようとしています。

可能であれば、元の環境を使用することをお勧めします。別の環境を使用すると、モデルを操作するときに問題が発生する可能性があります。

  1. 状況に応じて、次のいずれかを行います。

    • モデルを別の環境に結合するには、[OK] をクリックします。

    • 元の環境を使用するには、[キャンセル] をクリックして元の環境に切り替えます。

コマンドを完了できませんでした。Tekla Structures が閉じます。Tekla Structures の再起動後、エラーチェックと修復コマンドを実行し、再試行してください。

モデル オブジェクトまたはライブラリ データベース (xslib) にエラーと不整合があるため、Tekla Structures は選択したコマンドを今すぐ実行できません。

  1. Tekla Structures を再起動します。

  2. Tekla Structures が閉じたときに使用していた共有モデルを開きます。

  3. [ファイル] メニューで [エラーチェックと修復] をクリックし、適切なコマンドを選択します。

    詳細については、「モデルのエラー チェックの修復」を参照してください。

  4. 選択したコマンドを再度実行します。

コマンドを完了できませんでした。Tekla Structures が閉じます。Tekla Structures の再起動後に再試行してください。

Tekla Structures は、選択したコマンドを今すぐ実行できません。

たとえば、データベースの問題や操作のキャンセルが原因で発生する可能性があります。

  1. Tekla Structures を再起動します。

  2. Tekla Structures が閉じたときに使用していた共有モデルを開きます。

  3. 選択したコマンドを再度実行します。

  4. 問題が解決しない場合、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

サービスからモデルを削除する権限がありません。

安全上の理由から、[オーナー] の役割を持つ Tekla Model Sharing ユーザーのみが、Tekla Model Sharing 共有サービスからモデルを除外できます。

このメッセージは、Tekla Model Sharing 共有サービスからモデルを除外しようとしているが、役割 ([エディタ]、[ビューワー]、または [プロジェクトビューワー]) でこの操作が許可されていない場合に表示されます。

  • 以下のいずれかの操作を行います。

    • [オーナー] の役割を持つユーザーに役割を変更してもらいます。

    • [オーナー] の役割を持つユーザーに、Tekla Model Sharing 共有サービスからモデルを除外するように依頼します。

Tekla Model Sharing ライセンスの有効期限があと [X] 日で切れます。

Tekla Model Sharing ライセンス サブスクリプションの有効期限が近づいています。

  • 組織のライセンス管理者に連絡し、ライセンス サブスクリプションの更新を依頼してください。

表 2. ファイル削除エラー

メッセージ

説明

実行するには

サービスからモデルを削除できませんでした。

Tekla Structures は、モデルを Tekla Model Sharing 共有サービスから除外できません。

  1. 再試行してください。

  2. 問題が解決しない場合、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

コンピューターからモデルを削除できませんでした。

選択したモデルをコンピューターから削除することはできません。

  1. モデルがコンピューターにまだ存在することを確認します。

  2. モデルまたはそのファイルのいずれかが、Tekla Structures または他のアプリケーションで開かれていないことを確認します。

  3. 再試行してください。

コンピューターからモデルを削除できませんでした。モデルは使用中です。

選択したモデルは現在開いているため、コンピューターから削除できません。

  1. モデルを閉じます。

  2. モデルをもう一度削除してしみます。

既知のサービスのリストから Tekla Cloud サービスを削除できません。

ユーザーは Tekla Cloud サービスを削除できません。

表 3. 役割と権限のエラー

メッセージ

説明

実行するには

権限レベルが変更されました。この共有モデルのユーザーを管理する権限がなくなりました。それ以外の場合は、モデルを使用し続けることができます。権限が必要な場合は、モデルの所有者に連絡してください。

[オーナー] の役割を持つ Tekla Model Sharing ユーザーが共有モデルの役割を変更したので、[ユーザー] ダイアログ ボックスでモデルのユーザーを管理できなくなります。

  • 以下のいずれかの操作を行います。

    • [オーナー] の役割を持つユーザーに役割を [オーナー] に変更してもらいます。その後、再試行してください。

    • [オーナー] の役割を持つユーザーに、必要に応じてユーザーの管理を依頼します。

表 4. 共有と継手・仕口のエラー

メッセージ

説明

実行するには

ポート番号を確認してください。

ポート番号が正しくありません。

  1. 正しいポート番号を見つけます。

  2. 正しいポート番号を入力して、やり直してください。

サーバー名を確認してください。

サーバー名が正しくありません。

  1. 正しいサーバー名を見つけます。

  2. 正しいサーバー名を入力して、やり直してください。

メールが別の組織で既に使用されているため、モデル共有サービスへの接続に失敗しました。

モデル共有ログを確認し、問題が解決しない場合は Tekla Structures サポートに問い合わせてください。

使用している電子メール アドレスが別の組織に追加されているため、Tekla Model Sharing サービスに接続できません。

ユーザーは一度に 1 つの組織にのみ追加できます。

  • 必要に応じて、次のいずれかを行います。

    • 組織のライセンス管理者に依頼して、元の組織に戻り、外部ユーザーとして新しい組織に追加するように依頼してください。

      このようにして、既存のモデルで作業できます。外部ユーザーとして、新しいモデルの共有を開始することはできません。

    • 新しい組織に新しい電子メール アドレスを作成し、新しいアカウントを使用して新しい Trimble Identity を作成します。

    • 両方の組織のモデルへのフル アクセスが必要な場合、Tekla Structures サポートにお問い合わせください

プロキシ サーバーに接続できませんでした。

Tekla Model Sharing がプロキシ サーバーに接続できません。

  1. プロキシ サーバーにアクセスできることを確認します。

  2. プロキシ サーバーが実行されていることを確認します。

Tekla Model Sharing がプロキシ サーバーに接続できない場合でも、Tekla Model Sharing は共有サービスを使用して情報を取得できます。

同じモデル共有プロジェクトで異なるバージョンの Tekla Structures を使用することはできません。

モデルを保存して共有を再開し、新しいプロジェクトを作成するか、保存せずにモデルを閉じて元のバージョン [バージョン番号] を使用し続けることができます。

共有モデルで作業する場合、すべてのユーザーは同じバージョンの Tekla Structures を使用する必要があります。

このメッセージは、異なるバージョンの Tekla Structures で共有モデルを開こうとすると表示されます。

  • 以下のいずれかの操作を行います。

    • 使用しているバージョンの Tekla Structures でモデルを保存し、新しく保存したモデルの共有を開始します。

    • モデルを保存せずに閉じ、モデルを最初に共有したバージョンの Tekla Structures を使用してモデルを開きます。

モデル シェアリングからの除外が失敗しました

Tekla Structures は、モデルを Tekla Model Sharing 共有サービスから除外できません。

  1. 次のログ ファイルでエラーを探します。
    • モデル フォルダーの下の \logs フォルダーで、次の作業を行います。
      • modelsharing.log

      • error_<user>_<YYYYMMDD>_<HHMMSS>.log

      • sharingfacade.log

    • \TeklaStructuresModels フォルダーで次の作業を行います。
      • TeklaStructures_<user>.log

    • \Users\<user>\AppData\Local\Tekla DataSharing フォルダーで次の作業を行います。
      • ClientLog_cat.txt

      • ClientLog_dog.txt

  2. エラー メッセージの要求に従って続行します。

    たとえば、別のアプリケーションがファイルをブロックしている場合は、そのアプリケーションを閉じます。

  3. 続行方法がわからない場合や問題が解決しない場合は、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

モデルの変更を書き出すことができませんでした。理由: データを作成できませんでした。パスが長すぎます。最大長は 125 です。 共有モデルがあるネットワーク ドライブのパスが長すぎます。

操作中に致命的なデータベース整合性エラーが検出されました。[モデルのエラーチェック] コマンドを使用して、問題のあるオブジェクトを見つけます。

モデルで使用されているデータベースの一部が破損しています。Tekla Structures は、モデルをエラーチェックして、モデルを修復する方法を確認する必要があります。

  1. [ファイル] メニューに移動し、エラーチェックと修復 > モデルのエラーチェック を選択します。

    モデルで見つかったエラーと不一致がレポートに一覧表示されます。それらのいくつかは自動的に修正され、そのうちのいくつかは手動で修正する必要がある警告です。詳細については、「モデルのエラー チェックの修復」を参照してください。

  2. 続行方法がわからない場合や問題が解決しない場合は、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

メモリが不足しています

システム メモリ不足のため、変更管理操作に失敗しました。

  1. メモリを解放するには、いくつかの開いているアプリケーションを閉じます。

  2. 再試行してください。

共有モデルの操作は許可されていません。

このメッセージは、共有モデルの ID ギャップを修正しようとしているときに表示されます。ID ギャップの修正は、共有されておらず、Tekla Structures 2016i 以前に保存されたモデルを修復する場合にのみ使用されます。

操作の共有に失敗しました

Tekla Model Sharing は、必要な情報の一部を見つけることができません。

  1. セミコロン (;) など、Tekla Model Sharing が認識できない文字を使用していないことを確認します。

  2. 次のログ ファイルでエラーを探します。
    • モデル フォルダーの下の \logs フォルダーで、次の作業を行います。
      • modelsharing.log

      • error_<user>_<YYYYMMDD>_<HHMMSS>.log

      • sharingfacade.log

    • \TeklaStructuresModels フォルダーで次の作業を行います。
      • TeklaStructures_<user>.log

    • \Users\<user>\AppData\Local\Tekla DataSharing フォルダーで次の作業を行います。
      • ClientLog_cat.txt

      • ClientLog_dog.txt

  3. エラー メッセージの要求に従って続行します。

    たとえば、別のアプリケーションがファイルをブロックしている場合は、そのアプリケーションを閉じます。

  4. 続行方法がわからない場合や問題が解決しない場合は、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

操作の共有に失敗しました。https://status.teklamodelsharing.com/ でインターネット接続と Tekla Model Sharingの状態を確認してください。

Tekla Model Sharing が必要な情報の一部を取得できません。

  1. インターネット接続が正しく機能していることを確認します。

  2. https://status.teklamodelsharing.com/ に移動し、Tekla Model Sharing の状態を確認します。

操作の共有に失敗しました。モデル共有ログを確認し、問題が解決しない場合は Tekla Structures サポートに問い合わせてください。

Tekla Model Sharing が必要な情報の一部を取得できません。

  1. モデル フォルダーの下の \logs フォルダーを開きます。

  2. modelsharing.log ファイルでエラー メッセージを探します。

  3. エラー メッセージの要求に従って続行します。

  4. 続行方法がわからない場合や問題が解決しない場合は、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

操作の共有に失敗しました。サービスに到達できませんでした - レルムまたはサーバー アドレスが間違っている可能性があります。モデル共有ログを確認し、問題が解決しない場合は Tekla Structures サポートに問い合わせてください。

Tekla Model Sharing が必要な情報の一部を取得できません。

  1. モデル フォルダーの下の \logs フォルダーを開きます。

  2. modelsharing.log ファイルでエラー メッセージを探します。

  3. エラー メッセージの要求に従って続行します。

  4. 続行方法がわからない場合や問題が解決しない場合は、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください

無効なデータベース ファイルが検出されました: [無効なファイル]

これらのデータベースのバージョンが一致しません。このモデルで共有操作を有効にするには、バックアップ ファイルが使用されます。

共有モデルで使用されているデータベースの一部が削除されたか、無関係なデータベースに置き換えられています。代わりに、Tekla Structures では使用可能なバックアップ ファイルが自動的に使用されます。このメッセージに対応する必要はありません。

無効なデータベース ファイルが検出されました: [無効なファイル]

これらのデータベースのバージョンが一致しません。このモデルで共有操作を有効にするには、正しいバージョン (パケット番号) を持つモデルのデータベースが必要です。

共有モデルで使用されているデータベースの一部が削除されたか、無関係なデータベースに置き換えられています。このため、Tekla Structures はモデルを開くことができません。

  1. 共有モデルで、エラー メッセージに記載されているパケットに参加します。

  2. エクスプローラーを開き、必要なデータベース ファイルを新しいバージョンのモデルにコピーします。

  3. モデルをもう一度開いてみます。

このモデルは、以前のバージョンで共有されています。このリリースでは、共有操作は使用できません。このバージョンでモデルを保存した場合、共有から除外されます。

/

このモデルは、以前のバージョンで共有されています。今すぐ保存すると、共有から除外されます。

現在のモデルは以前のバージョンの Tekla Structures で共有されているので、新しいバージョンの Tekla Structures で変更を共有したり、他のユーザーによる変更を読み取ったりすることはできません。

以下のいずれかの操作を行います。
  • 保存せずにモデルを閉じ、共有された以前のバージョンの Tekla Structures で開きます。

  • Tekla Structures の現在のバージョンを使用する場合、モデルを保存し、新しいバージョンとのモデルの共有を再度開始します。

    プロジェクト内の他のすべての Tekla Structures ユーザーも、新しいバージョンを使用する必要があります。

表 5. イン/アウト エラー

メッセージ

説明

実行するには

別のユーザーが次回のアウトを予約しました

このメッセージは、別のユーザーが次のアウトを既に予約している場合に表示されます。

別のユーザーが既に予約している場合は、次のアウトを予約できません。

変更リストの読み込みに失敗しました

このメッセージは、変更管理が最新の変更のリストを表示できない場合に表示されます。

  1. 次のログ ファイルでエラーを探します。
    • モデル フォルダーの下の \logs フォルダーで、次の作業を行います。
      • modelsharing.log

      • error_<user>_<YYYYMMDD>_<HHMMSS>.log

      • sharingfacade.log

    • \TeklaStructuresModels フォルダーで次の作業を行います。
      • TeklaStructures_<user>.log

    • \Users\<user>\AppData\Local\Tekla DataSharing フォルダーで次の作業を行います。
      • ClientLog_cat.txt

      • ClientLog_dog.txt

  2. Tekla Structures サポートにお問い合わせください

次回のアウトの解放に失敗しました。

このメッセージは、以前に予約したアウトを解放できない場合に表示されます。

これは通常、インターネット接続の問題です。

  1. インターネット接続を確認してください。

  2. 再試行

    または

    1 時間待ちます。アウトは、その時間が経過すると自動的に解放されます。

アウトの予約に失敗しました。

このメッセージは、次のアウトを予約できない場合に表示されます。

  1. インターネット接続を確認してください。

  2. 再試行

    または

    別のユーザーが次回のアウトを予約したかどうかを調べます。「はい」の場合、次のアウトを解放するように依頼できます。

新しい共有データがありません。

他のユーザーが共有した変更のみをインすることができます。

このメッセージは、他のユーザーの変更をインしようとしたが、新しい変更が共有されていない場合に Tekla Structures の下部にあるステータス バーに表示されます。

操作のコメントを入力してください

共有モデルで次のアウトを予約する場合は、コメントが必要です。

コメントを入力せずに次のアウトを予約しようとした場合、このメッセージが表示されます。

  1. [OK] をクリックしてエラー メッセージを閉じます。

  2. 次のアウトを予約する理由を説明するコメントを入力します。

  3. 予約 をクリックします。

[コード] または [コメント] フィールドでは次の文字は禁止されています: < & >

このメッセージは、アウト時にリビジョン コードまたはコメントを入力するときに「<」、「&」、または「>」の文字を使用しようとすると表示されます。

[共有設定] ダイアログ ボックスで [変更コメントの書き出しを有効にする] チェック ボックスがオンになっている場合にのみ、リビジョン コードまたはコメントを入力できます。

  1. リビジョン コードまたはリビジョン コメントから禁止文字を削除します。

  2. [保存する] をクリックして変更をアウトします。

リビジョン コードが最大長を超えています ({Y} 文字中 {X} 文字使用)。

入力したリビジョン コードが長すぎます。

  • 入力するリビジョン コードを短くしてください。

リビジョン コメントが最大長を超えています ({Y} 文字中 {X} 文字使用)。

入力したリビジョン コメントが長すぎます。

  • 入力するリビジョン コメントを短くしてください。

モデルが最新でないため、アウトは許可されません。モデルを更新するには、[イン] を使用します。

他のユーザーが行った変更をインする前に、変更をアウトすることはできません。

  1. [ファイル] メニューで 共有 > イン をクリックするか、クイック アクセス ツールバーで [] をクリックします。

  2. 他のユーザーが加えた変更を表示します。

  3. 変更内容を共有するには、[ファイル] メニューで 共有 > アウト をクリックするか、クイック アクセス ツールバーで をクリックします。

共有の問題についてサポートを受ける

Tekla Model Sharing に関する問題を解決するには、Tekla Structures のサポートにお問い合わせください。

最寄りのサポートにモデルの調査を依頼する場合には、次の情報が含まれていることを確認してください。

  • モデル。モデルを圧縮します。ただし、モデルを提供するまでそのモデルの再保存は行わないでください。
  • モデルに電子メール アドレスを招待して、ローカル サポートに [ビューワー] アクセス許可を付与します。

    問題が解決しない場合は、Tekla Structuresグローバル ヘルプデスク (tms-support-no-reply@tekla.com) をモデルに招待する準備も行います。

    モデルの調査後、必ずユーザー リストからサポート電子メール アドレスを削除してください。

  • 問題の詳細な説明。

    可能であれば、問題を再現する手順を含めてください。

  • イメージおよびスクリーンショット。
  • 使用している Tekla Structures のバージョン。
  • 使用している環境および役割。
Was this helpful?
前へ
次へ