共有の変更を検出し、Tekla Model Sharing で共有履歴を表示する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

共有の変更を検出し、Tekla Model Sharing で共有履歴を表示する

モデルがどのように変更されているか、また誰がモデル変更を共有したかを確認するには、共有の変更確認と履歴の共有を行って、どのような変更がモデルに含まれているかを表示します。

変更の検出

共有サービスからモデルの変更をインするか、ローカル モデルで変更を加えた後、より多くのディテールに加えられた変更を表示できます。画面の下部に変更のリストが表示されます。[変更リスト] とモデルのいずれでも、変更は色で表示されます。

これを 実行するには

変更リストを開く

以下のいずれかの操作を行います。
  • クイック アクセス ツールバーで、[イン後に変更を表示] アイコン をクリックします。
  • [ファイル > 共有 > イン後に変更を表示] をクリックします。
  • インが完了するたびに、このリストを自動的に表示するには、ファイル > 共有 > 共有設定 で [読み込み後に変更を表示] オプションを選択します。

リストに変更を表示する

  • 個別のタブをクリックし、モデルへの影響に従って変更を表示します。

変更は複数のタブに分けて表示されます。([物理オブジェクト]、[その他のオブジェクト]、[図面]、[オプション]、[属性定義]、[モデルフォルダファイル]、[UDAの変更])。

変更は、モデル内で色によって表示されます。

削除したオブジェクトは、[変更リスト] には表示されますが、[名前] 列に情報が表示されません。

[UDAの変更] タブには environment.db ファイルで定義されたユーザー定義情報が含まれます。参照オブジェクトは、物理的または材質的変更がある場合、変更されたオブジェクトとして検出されます。

含まれるアイテムがないタブは、タブ自体が表示されません。フィルタリングによってタブの内容が空になった場合、そのタブは表示されなくなります。

モデルに変更を表示する

  • [モデル内のオブジェクトを選択] チェック ボックスをオンにし、リスト内の行を選択して、モデル内で変更されたオブジェクトをハイライトします。

変更は、モデル内で色によって表示されます。削除されたオブジェクトは、モデルに表示されません。

  • 追加されたオブジェクト = 緑
  • 変更されたオブジェクト = 黄色
  • 競合するオブジェクト = オレンジ
  • 他のユーザーによって変更されていない既存のオブジェクト = グレー

図面のビューの変更

競合状態にある同一図面の異なるバージョンを一覧表示 したり、スナップショットを表示したり、現在の図面のバージョンを変更したりできます。また、変更した図面とそのスナップショットを表示したり、他のモデルの図面を複製 したりすることもできます。

ローカル バージョンのモデルで同一の図面を変更し、あるユーザーがアウトを行った場合、[変更リスト] を読み込むと、他のユーザーのローカル バージョンのモデルとの競合が表示されます。

図面のバージョンを表示するには、以下の操作を行います。
  1. 変更された図面を [変更リスト] で選択します。

  2. 図面を右クリックします。

  3. コンテキスト メニューで、[開いているバージョン] を選択します。

[図面のバージョン] ダイアログ ボックスが開きます。

[図面のバージョン] ダイアログ ボックスで、図面のバージョンを選択し、右クリックして選択したバージョンを開くことができます。図面のバージョンを保存し、アウトを行って、選択した図面のバージョンをすべてのユーザーの現在のバージョンにすることができます。

リストで変更をフィルターする

各タブで、すべての列の変更にフィルターをかけることができます。
  1. マウス ポインターを列の上に合わせます。

  2. 列名の横にあるフィルター アイコン をクリックします。

  3. 変更にフィルターをかける方法を選択します。

選択したフィルターの名前がリストの左下隅に表示されます。

フィルター アイコン を右クリックすると、列の並べ替えなど、さまざまな操作ができます。

フィルターを編集する

  1. フィルターアイコン を右クリックします。

  2. コンテキスト メニューで、[フィルター エディター...] を選択します。

[フィルター エディター] ダイアログ ボックスが開きます。選択したフィルターを必要に応じて編集することも、新しいフィルターを作成することもできます。

モデル内の変更されたオブジェクトにズームする

  • [選択部材にズーム] チェック ボックスをオンにし、リストで行をクリックして、モデル内の変更されたオブジェクトにズームします。

特定の変更を検索する

  • リストの右下隅の検索ボックスに検索語を入力します。

[変更リスト] を画面の別の場所に移動する

次の操作が可能です。
  • 画面内でのリストの移動
  • セカンドスクリーンへのリストのドラッグ
  • サイド パネルまたは画面の下部へのリストのドッキング

サイド パネルにリストのボタン があります。リストをセカンド スクリーンにドラッグした場合、このボタンをクリックすると、メイン画面にリストが戻ります。

新しい列を [変更リスト] に追加するか、非表示の列を戻す

  1. 列の見出しを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューで、[変更リスト] に追加する列を選択します。

  3. マウスの左ボタンを押したまま、列を目的の位置にドラッグします。

  4. マウスの左ボタンを解放します。

共有履歴を表示する

モデルの変更をインしてアウトする と、モデルの共有履歴を確認することができます。[履歴を共有] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • すべてのイン/アウト イベント

  • 各イン/アウト イベントに含まれるパケット

  • モデルに対してローカルで加えたが、まだ共有されていない変更

共有履歴をイベントごとに確認し、他のユーザーが行った変更によってモデルがどのように変化したかを確認することができます。

これを 実行するには

共有履歴を開く

  • [ファイル] メニューで、共有 > 共有履歴 をクリックします。

イン/アウト イベントを確認する

  • すべてのイン/アウト イベントとそれらの日付と時刻を表示するには、[すべて折りたたみ] ボタンをクリックします。

パケット情報を確認する

  • 各イン/アウト イベントに含まれるすべてのパケットを表示するには、[すべて展開] ボタンをクリックします。

パケット情報には以下の情報が表示されます。
  • パケット番号

  • パケットをアウトしたユーザー

  • パケット アップロードの日時

  • パケットに含まれる更新のコードとコメント

    コメントが長すぎる場合は、完全には表示されません。

1 つのイベントに含まれているモデルの変更を表示する

  • イベントを選択し、[変更を表示] ボタンをクリックします。

モデルの変更リストは、Tekla Structures の下部パネルに表示されます。

ローカル モデルの変更を表示する

モデルに加えたが、まだアウトされていない変更を表示するには

  • [ローカル非共有変更] を選択し、[変更を表示] ボタンをクリックします。

ローカル モデルの変更リストは、Tekla Structures の下部パネルに表示されます。

[元に戻すの履歴] ダイアログ ボックスに、実行したすべてのコマンドおよびローカル バージョンのモデルに行った変更がリストされます。読み込みまたは書き出しを行うと、[元に戻すの履歴] リストはクリアされます。

Was this helpful?
前へ
次へ