Tekla Model Sharing でのモデル履歴の収集

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Tekla Model Sharing でのモデル履歴の収集

Tekla Model Sharing では、モデル内で行われた操作に関するモデル履歴情報を収集できます。 共有モデルのモデル履歴には、いつモデルが変更されたか、どのように変更されたか、誰が変更したかが表示されます。

Tekla Model Sharing でのモデル履歴の収集

モデル履歴の収集を開始するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル ] メニューで、[設定 > 詳細設定 > ソリッド設定] をクリックします。
  2. XS_​COLLECT_​MODEL_​HISTORYTRUE に設定されていることを確認します。

    Tekla Structures は、モデルが共有されると、自動的に XS_​COLLECT_​MODEL_​HISTORYTRUE に設定します。

  3. XS_​CLEAR_​MODEL_​HISTORYFALSE に設定します。
  4. [OK] をクリックします。
  5. モデル履歴を表示するには、次のいずれかの操作を行います。
    • リボンで、 をクリックし、モデルでオブジェクトを選択します。

      [オブジェクト情報を表示 ] ダイアログ ボックスにモデル履歴が表示されます。

      [変更コメントの書き出しを有効にする ] オプションが [共有設定 ] ダイアログ ボックスで選択されている場合、リビジョン コメントも表示されます。

    • モデル履歴レポートを作成します。

      1. [ 図面とレポート ] タブで、[レポート] をクリックします。

      2. モデル履歴が表示されているレポート テンプレートを選択します。

        レポート テンプレートの名前は環境によって異なる場合があります。デフォルトの環境では、レポート テンプレートは Q_Model_History_Report という名前になります。

      3. [ 全部材(A) ] をクリックすると、モデル内のすべてのオブジェクトに関するレポートを作成したり、モデル内の 1 つまたは複数のオブジェクトを選択したりできます。また、[ 選択部材(S) ] をクリックすると、選択したオブジェクトからレポートを作成できます。

オフライン使用履歴は、Windows ドメイン ユーザー アカウントに従って保存されます。Tekla Model Sharing モデルでは、共有サービスに変更をアウトするときに、変更は Trimble Identity を使用して保存されます。

Tekla Model Sharing でモデル履歴をクリアする

共有モデルのモデル履歴をクリアすると、Tekla Model Sharing 内の大きな共有モデルのパフォーマンスを向上できるとともに、ディスクの容量を節約できます。モデル履歴をクリアすると、Tekla Structures のユーザー インターフェイス、レポート、または Tekla Open API で、モデル履歴情報を使用できなくなります。

モデル履歴をクリアする前に、次のことを確認します。
  • モデル履歴に保存された情報は不要なものである。

  • 共有モデルのすべてのユーザーがすべての変更をアウトしている。

  • 自分以外のユーザーが、目下、共有モデルに対して作業を行っていない。モデル履歴は、週末などのアクセスの少ない時間に削除することをお勧めします。

注:

共有モデルの履歴をクリアするために history.db ファイルを削除しないでください。history.db ファイルは増分的に共有されているため、削除すると共有モデルでエラーが発生する可能性があります。

  1. 履歴を削除する共有モデルを開きます。
  2. [ファイル ] メニューで、[共有 > アウトの予約] をクリックします。
  3. [アウトの予約 ] ダイアログ ボックスで、次回のアウトを予約する理由についてコメントを記入します。
  4. [予約] をクリックします。
  5. [ファイル ] メニューで、[設定 > 詳細設定 > ソリッド設定] をクリックします。
  6. [詳細設定 ] ダイアログ ボックスで、XS_CLEAR_MODEL_HISTORY オプションを TRUE に設定します。
  7. [OK] をクリックします。
  8. モデルを保存します。
  9. Tekla Structures を再起動します。
  10. モデル フォルダーを開き、history.db ファイルのサイズが小さくなっていることを確認します。
  11. ベースラインをアウト します。

他のユーザーが、アウトした新しいベースラインに参加 できるようになりました。

Was this helpful?
前へ
次へ