スナップ位置

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

スナップ位置

ほとんどのコマンドでは、モデルまたは図面にオブジェクトを配置する点を指定するように促されます。 これをスナップと呼びます。 新しいオブジェクトを作成するとき、Tekla Structures は利用可能なスナップ点のスナップ シンボルとスナップ ツールティップを表示し、スナップ点と最後に指定された点の間に淡い灰色のラインを表示します。

スナップ ツールバースナップ スイッチ を使用して、スナップ位置を制御できます。

たとえば、以下の位置にスナップできます。

  • 端点、中点などのさまざまな点

  • 中心点

  • 交点

  • 線と縁端

  • 寸法とマーク線、図面レイアウトのアイテムおよび図面枠

特定の位置にスナップするときに正確な距離や座標を使用する場合は、数値スナップ を使用します。

異なるスナップ ツールの組み合わせを使用して、モデルおよび図面内の平面上の最も近い直交点などにスナップできます。 また、線に合わせて、線上の指定した距離に点を指定することもできます。また、モデルと図面でローカル原点として使用するために、一時参照点を作成できます。

Tekla Structures ではスナップ時に寸法が表示されるため、目的の長さのオブジェクトが簡単に作成できます。 詳細設定 XS_​DISPLAY_​DIMENSIONS_​WHEN_​CREATING_​OBJECTS を使用して、スナップ寸法のオン/オフを切り替えます。

ヒント:

スナップ用キーボード ショートカット を使用して、作業を高速化できます。

Was this helpful?
前へ
次へ