選択したビュー角度での、部材、コンポーネント、または製品の表示

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

選択したビュー角度での、部材、コンポーネント、または製品の表示

場合によっては、選択したビュー角度で部材、コンポーネント、または製品を確認することが役立ちます。 たとえば、コンクリート部材を補強する場合、鉄筋の間隔を簡単に確認できます。

制限事項:

この [ビュー角度] オプションは、次の場所では使用できません。

  • システム コンポーネント ディテール

  • カスタム コンポーネント ディテール

  • カスタム シーム

  1. オブジェクトを選択します。
  2. コンテキスト ツールバーで、 [ビュー角度] をクリックします。
  3. 上面、背面、右面、下面、正面、または左面のビューを選択します。

    Tekla Structures に、選択したビュー角度でオブジェクトが表示されます。必ずしもオブジェクト全体が表示されるとは限らないことに注意してください。

    部材の場合、ビュー角度は選択したオブジェクトの座標系を基準とするため、上面ビューは負の z 方向を向いています。たとえば、上面ビューを選択すると、Tekla Structures によって、現在のビュー角度の設定が座標系の上向きから下向きに変更されます。

    製品およびコンポーネントの場合、ビュー角度は製品のメイン部材の座標系を基準とします。そのため、オブジェクトは必ずしも選択したビュー角度で想定どおりに表示されません。

  4. 元の 3D ビューに戻すには、ビュー角度オプションの中央にあるボタンをクリックします。
注:

Tekla Structures により、現在のビュー (マウスが最後に存在したビュー) にオブジェクトが表示されます。コンテキスト ツールバーが、たとえば、2 つのビューの上部にある場合、オブジェクトは、オブジェクトが選択されたビューではなく、マウスが最後に存在したビューに表示されます。

Was this helpful?
前へ
次へ