フェーズ管理

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

フェーズ管理

フェーズ管理を使用してモデルをセクションに分解します。

フェーズは、建方の順序を示すのにもよく使用されます。フェーズ番号に基づいて、レポートおよびビューの作成、オブジェクトの非表示およびロック、他のモデルからのオブジェクトのコピー などを行うことができます。

たとえば、大規模なプロジェクトで数人のユーザーがシングル ユーザー モードで同時に作業しているとします。このような場合、まず最初に、柱などを含む基本的なモデルを作成します。これがフェーズ 1 です。次に、この基本モデルをすべてのユーザーにコピーします。

各ユーザーは、建物の部材ごとに作業を開始します。モデルの部材が完成すると、完成した部材をフェーズ 2、3 など別のフェーズとして基本モデルにコピーして戻します。

注:

フェーズを使用してモデル間でオブジェクトをコピーする場合、コピー先のモデルは、コピー元のモデルが作成されたものと同じか、それより新しいバージョンの Tekla Structures を使用して作成されている必要があります。新しいバージョンから古いバージョンへのコピーはできません。

フェーズへのモデルの分割

  1. [管理] タブで、[フェーズ] をクリックします。

    [フェーズ管理] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [追加] をクリックして新しいフェーズを作成します。
  3. [現在のフェーズに設定(S)] をクリックして、選択したフェーズを現在のフェーズに設定します。

    これ以降、Tekla Structures は、作成するすべてのオブジェクトを現在のフェーズに割り当てます。フェーズ番号の横の @ (アットマーク) は、現在のフェーズであることを示します。

  4. モデルをフェーズに分割します。
    1. オブジェクトのフェーズを識別するには、オブジェクトを選択して [オブジェクト→フェーズ] をクリックします。

      Tekla Structures でオブジェクトのフェーズが選択されます。

    2. 特定のフェーズに属するオブジェクトを参照するには、リストからフェーズを選択して [フェーズ→オブジェクト(O)] をクリックします。

      Tekla Structures によりモデル内で該当するオブジェクトがハイライトされます。

    3. 1 つまたは複数のオブジェクトのフェーズを変更するには、オブジェクトを選択し、リストからフェーズを選択して、[フェーズ変更(M)] をクリックします。
  5. [OK] をクリックして変更を保存します。

特定のフェーズのオブジェクトのロックとロック解除

誤って変更されたり削除されたりしないようにオブジェクトを保護するため、オブジェクトをロックすることができます。たとえば、フェーズに基づいて、Tekla Structures モデルの部材、ボルト、溶接、および参照モデルをロックすることができます。

オブジェクトをロックすると、そのプロパティを変更したりオブジェクトを削除したりすることはできません。オブジェクトの、ナンバリングに影響しないユーザー定義情報のみを変更できます。ロックされたオブジェクトを変更または削除しようとした場合、Tekla Structures は次の警告メッセージを表示します。

"ロックされているオブジェクトがあるため、この操作を実行できませんでした。"

  1. [管理] タブで、[フェーズ] をクリックします。
  2. [フェーズ管理] ダイアログ ボックスで、ロックまたはロック解除するオブジェクトが含まれるフェーズを選択します。
  3. 以下のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトをロックするには、[オブジェクトのロック] をクリックします。

      Tekla Structures によって、選択されたフェーズに含まれるオブジェクトのユーザー定義情報 [ロック] が [はい] に設定されます。

    • オブジェクトのロックを解除するには、[オブジェクトのロック解除] をクリックします。

      Tekla Structures によって、選択されたフェーズに含まれるオブジェクトのユーザー定義情報 [ロック] が [いいえ] に設定されます。

マルチユーザー モード時に誤って変更されないようにオブジェクトを保護する方法については、「マルチユーザー モードのアクセス権」を参照してください。

カスタム フェーズ プロパティの定義

カスタム フェーズのプロパティは追加できます。追加したプロパティは、[フェーズ管理] ダイアログ ボックスに列が追加され、そこに表示されます。

objects.inp ファイルでフェーズ プロパティの名前を定義します。フェーズのプロパティをレポートやテンプレートで使用するには、フェーズ プロパティのフィールド名に PHASE.ATTRIBUTE_NAME の構文を使用してください。

デフォルトの objects.inp ファイルには、構文の例が記載された「フェーズ属性」セクションがあります。詳細については、「objects.inp ファイルのプロパティ」と「ユーザー定義情報 (UDA) の定義と更新」を参照してください。

Was this helpful?
前へ
次へ