表示設定の調整

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

表示設定の調整

表示設定を調整して、部材やその他のモデル オブジェクトをモデル ビューで表示する方法を定義します。

[表示] 設定で、モデル オブジェクトの表示と表現を設定します。

モデル オブジェクトのタイプごとに、表示と表現を個別に定義できます。

  1. ビューをダブルクリックして、[ビュープロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [表示設定(D)...] ボタンをクリックして、[表示] ダイアログ ボックスを開きます。
  3. チェック ボックスをオンまたはオフにして、ビューに表示するオブジェクトを指定します。
    モデル内オブジェクトとコンポーネント内オブジェクトのオブジェクト表示を個別に指定できます。
  4. 部材、ボルト、孔、溶接、補助平面、および鉄筋の表示オプションを選択します。

    次のオプションを使用できます。

    • 高速

    • 正確

    • 参照線 (部材のみ)

    • 正確長孔 (孔のみ)

    • 正確 - 溶接マークなし (溶接のみ)

  5. 現場打ちコンクリート構造を使用しており、現場打ちコンクリート部材管理機能が有効の場合:
    1. [現場打ち] リストで、構造を [部材] として表示するか、[現場打ちコンクリート] として表示するかを選択します。
    2. 現場打ちコンクリート構造に [部材] を選択した場合は、その部材を [マージ] して表示するか、[個別] で表示するかを選択します。
  6. ビューが選択されていることを確認します。
  7. [変更] をクリックして変更内容を適用します。
注:

モデルおよびコンポーネント内のオブジェクトの表示をすばやく変更するには、コンテキスト ツールバーを使用します。ビューをクリックし、コンテキスト ツールバーの目のアイコンを使用して、表示を設定します。

表示の設定

これらの設定の中には、システム パフォーマンスに影響するものもあることに留意してください。

オプション

説明

設定

部材

部材を表示する方法を定義します。

[高速] では、内部の陰線は表示し、カットは表示しない高速描画テクニックが使用されます。既にモデリングされている部材には、この設定は自動的には反映されません。この設定をオンにした場合、新しく作成された部材、および [正確表示] コマンドを使用して表示されている部材にのみ、高速表示モードが適用されます。

[正確] では、カットは表示されますが、部材の内部陰線は表示されません。

[参照線] では、部材が線状で表示されます。モデル全体を表示したり、大きな部材を表示したりする場合にこのオプションを使用すると、描画スピードが大幅に向上します。

現場打ちのコンクリート構造は [現場打ちコンクリート] として、または [部材] として表示でき、後者は [マージ] または [個別] で表示できます。詳細については、「現場打ちコンクリート構造の表示」を参照してください。

ボルト

ボルトを表示する方法を定義します。

[高速] では、軸とボルト ヘッドを示すクロスが表示されます。このオプションにより、表示速度が大幅に向上し、システム メモリの消費量が減少するため、ボルトの表示にはこのモードを使用することをお勧めします。

[正確] では、ボルト、ワッシャー、およびナットがソリッド オブジェクトとして表示されます。

孔を表示する方法を定義します。

[高速] では、第一平面の円のみが表示されます。このオプションを使用すると、Tekla Structures で常に (ボルトの先頭から数えて) 最初の部材に高速の孔が表示されます。部材に長孔がある場合は、長孔は最初の部材 (その部材の孔が長孔でない場合でも) に表示されます。新しい長孔には、(ボルトの先頭から数えて) 最初の長孔と同じサイズと回転が適用されます。

部材の外にある孔は、常に高速の孔として表示されます。

[正確] では、孔がソリッド オブジェクトとして表示されます。

[正確長孔] では、長孔のみが正確モードで表示され、通常の孔は高速モードで表示されます。

溶接

溶接を表示する方法を定義します。

[高速] では、溶接にシンボルが表示されます。

[正確] では、溶接がソリッド オブジェクトとして表示され、溶接シンボルが表示されます。溶接を選択すると、溶接マークが表示されます。

[正確 - 溶接マークなし] では、溶接を選択すると、溶接がソリッド オブジェクトとして表示されますが、溶接シンボルや溶接マークは表示されません。

詳細については、「溶接の表示の設定」を参照してください。

補助平面

補助平面の表示方法を定義します。

鉄筋

鉄筋オブジェクトの表示方法を定義します。

[高速] では、輪郭のポリゴンおよび斜線を使用して、溶接金網の形状が表示されます。単体の鉄筋と鉄筋グループはソリッド オブジェクトとして表示されます。

[正確] では、鉄筋、鉄筋グループ、および溶接金網がソリッド オブジェクトとして表示されます。

詳細設定

部材マーク

部材ラベルを使用して、部材情報を表示する」を参照してください。

点サイズ

ビュー内での点のサイズと表示設定を定義します。XS_​HANDLE_​SCALE と一緒に使用すると、ハンドルのサイズと表示設定にも影響します。

[モデル] を指定すると、ポイントのサイズはズームに合わせて大きくなります。点とハンドルを 3D 立方体として表示します。

[ビュー] を指定すると、ポイントのサイズは大きくなりません。点とハンドルを 2D の平面オブジェクトとして表示します。

Was this helpful?
前へ
次へ