ビュー クリップ平面の作成

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

ビュー クリップ平面の作成

クリップ平面を使用すると、モデル上で確認が必要な詳細部に焦点を絞ることができます。クリップ平面を作成するには、オブジェクトの面を選択するか、ビュー デプスに基づいてクリップ平面を作成します。

ビュー クリップ平面の作成

オブジェクト面を表示するいずれのモデル ビューにも、クリップ平面を 6 つまで作成できます。

  1. クリップ平面を作成する場合は、オブジェクト面を表示するモデル ビューを使用していることを確認します。

    [表示] タブで、[レンダリング] をクリックし、次のいずれかのオプションを使用します。

    • 部材 半透明 (Ctrl+2)
    • 部材 グレースケール (Ctrl+3)
    • 部材 ソリッド (Ctrl+4)
    • コンポーネント 半透明 (Shift+2)
    • コンポーネント グレースケール (Shift+3)
    • コンポーネント ソリッド (Shift+4)
  2. [表示] タブで、クリップ平面 [] をクリックします。
  3. モデル オブジェクトの上にマウス ポインターを移動します。

    緑のシンボルは、クリップ平面を選択し、整列できるオブジェクト面を示します。緑の線は、クリップされる縁を示します。例:

    [スナップ] ツールバーでのスナップ デプスの設定は、選択できるオブジェクト面に影響することに注意してください。3D 空間全体でオブジェクト面を選択するには、スナップ デプスを [3D] または [自動] に設定します。

  4. オブジェクト面を選択します。

    クリップ平面のシンボルがモデル内に表示されます。

  5. 手順 4 を繰り返して、クリップ平面を必要なだけ作成します。
  6. クリップ平面の作成を終了するには、Esc キーを押します。
  7. クリップ平面を移動するには、クリップ平面のハサミのシンボルを選択して新しい位置までドラッグします。

  8. クリップ平面のハサミのシンボルをクリップ平面上の新しい位置に移動させるには、Shift キーを押しながらシンボルをドラッグします。

    この操作はクリップ平面を移動させず、はさみシンボルだけを移動させます。

  9. 今後必要ない場合は、クリップ平面を削除できます。
    • 単一のクリップ平面を削除するには、クリップ平面のシンボルを選択して Delete キーを押します。
    • 開いているすべてのビューのすべてのクリップ平面を削除するには、表示 > クリップ平面 > クリップ平面をすべて削除 をクリックします。

ビュー デプス クリップ平面の作成

モデル オブジェクトが作業領域のビュー デプスに適合しない場合、コンテキスト ツールバーでビュー デプス クリップ平面を作成できます。

ビュー デプスに基づいて、たとえば、建物から床全体を簡単に切り離すことができます。ビュー デプスのクリップ平面は、ネイティブ Tekla Structures モデルと参照モデルおよびオーバーレイ モデルのどちらでも作成することができます。

  1. 必要に応じて、コンテキスト ツールバーで現在のビューのビュー デプスを変更します。
  2. コンテキスト ツールバーで、[ビュー デプス クリップ面の追加または更新] をクリックします。
  3. ビュー デプスのクリップ平面を削除する場合、コンテキスト ツールバーで [ビュー デプスのクリップ平面を削除] をクリックするか、表示 > クリップ平面 > クリップ平面をすべて削除 をクリックします。

    [作業領域] ボックスでは、ビュー デプスにギャップが存在する場合があります。また、オーバー レイモデルを使用している場合、作業領域外のモデルをクリップできます。

制限事項:

  • クリップ平面を新しい位置にドラッグしても、ビュー デプスのクリップ平面を移動することはできません。これは、ビュー デプスのクリップ平面がビュー デプスに厳密に接続されているためです。

  • ビュー デプスを調整したら、[ビュー デプス クリップ面の追加または更新] ボタンをクリックして、ビュー デプスのクリップ平面を手動で更新します。

役に立ちましたか?
前へ
次へ