オブジェクト表現およびフィルターでオブジェクト グループを使用する

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

オブジェクト表現およびフィルターでオブジェクト グループを使用する

オブジェクト グループでは、オブジェクトは一連のルールと条件によってグループ化されます。オブジェクト グループを使用して、モデル ビューでモデル オブジェクトの透明度と色分けを制御し、フィルタでは表示されるオブジェクトや選択できるオブジェクトを定義します。

オブジェクト グループが使用される場所

オブジェクト グループとは、選択したプロパティと条件に基づいてオブジェクトをグループ化できるルールのセットのことです。

オブジェクト グループを使用する場所と目的

オブジェクト グループの目的ごとに、異なるオブジェクト グループ ファイルを使用します。 オブジェクト グループ ファイルは、現在のモデルの attributes フォルダーに保存されます。

オブジェクト グループ ファイル名拡張子

オブジェクト グループ - 表現

.PObjGrp

オブジェクト グループ - ビュー フィルター

.VObjGrp

オブジェクト グループ - 選択フィルター

.SObjGrp

オブジェクト グループ - オーガナイザー

.OrgObjGrp

オブジェクト表現のオブジェクト グループを作成する

  1. [表示] タブで、[オブジェクトの表示設定] をクリックして、[オブジェクト表示] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [オブジェクトグループ...] をクリックして、[オブジェクトグループ - 表現] ダイアログ ボックスを開きます。
  3. [保存/読込] リストから既存のオブジェクト グループを選択して変更したバージョンを作成するか、既存の設定を使用せずにゼロから始める場合は [新しいフィルター] をクリックします。
  4. [行の追加] をクリックするか、引き続き既存の行で設定を変更します。
  5. [カテゴリー]、[プロパティ]、および [条件] の各リストからオプションを選択します。

    フィルタリングと同じオブジェクト プロパティ方法を使用できます。

  6. [] リストに値を入力するか、モデルから値を選択します。

    値には、プロファイル名 UC310*97 のように、完全な文字列を使用できます。不完全な文字列をワイルドカード と一緒に使用することもできます。たとえば、UC* という値を使用すると、プロファイル名が UC* という文字で始まるすべての部材に一致します。値が空の場合、空のオブジェクト プロパティに一致します。

    複数の値を使用する場合は、空白で各文字列を区切る必要があります (例: 12 5)。値が複数の文字列で構成されている場合は、値全体を引用符で囲むか (例: "custom panel")、スペースを疑問符で置き換えます (例: custom?panel)。

  7. [かつ/また (AND/OR)] オプションと括弧 を使用して、複数の行どのように連動するかを定義します。
  8. 行の最初の列にあるチェック ボックスをオフにすると、ルールを削除せずにルールを一時的に無効にすることができます。ルールを再度有効にするには、チェック ボックスをオンにします。
  9. [名前を付けて保存] ボタンの横にあるボックスに一意の名前を入力します。
  10. [名前を付けて保存] をクリックしてオブジェクト グループを保存します。

オブジェクト グループ - 表示設定

[オブジェクトグループ - 表現] ダイアログ ボックスでオブジェクト グループを作成する場合、フィルター処理と同じオブジェクト プロパティおよびテクニックを使用できます。 次の表では、オプションを簡潔に説明します。詳細については、「フィルターに使用するオブジェクト プロパティ」と「フィルター テクニック」を参照してください。

説明

チェック ボックス

ルールに行を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。 デフォルトでは、新しい行は無効になっています。

括弧

入れ子になったルールを作成する場合は、括弧を使用します。

カテゴリー

ユーザー定義属性を使用する場合や、GUID に基づいて選択フィルターを作成する必要がある場合などは、[オブジェクト] カテゴリーを使用します。

プロパティ

使用可能なプロパティを選択します。 すべてのユーザー定義属性も選択できます。

条件

数値、テキスト、および日付のプロパティはすべて、条件のセットが異なります。

値を手動で入力することも、オブジェクトをクリックしてモデルから値を選択することもできます。

たとえば、[カテゴリー] として [部材] を選択し、[プロパティ] として [名前] を選択した場合に、モデル内の部材クリックすると、オブジェクト グループ ルールでその [名前] プロパティが取得されます。

かつ/また (AND/OR)

複数行を持つルールを作成する場合は、[かつ/また (AND/OR)] 列を使用します。

空のフィールドは、[かつ (AND)] オプションが選択されている場合と同じです。

別のモデルへのオブジェクト グループのコピー

  1. コピーするオブジェクト グループを選択します。

    作成したオブジェクト グループはモデルの \attributes フォルダーにあり、ファイル名拡張子は .PObjGrp です。

  2. オブジェクト グループをコピーする場所を選択します。
    • オブジェクトグループを別のモデルで使用できるようにするには、そのファイルを目的のモデルの\attributesフォルダにコピーします。

    • オブジェクト グループをすべてのモデルで使用するには、そのファイルを詳細設定 XS_​PROJECT または XS_​FIRM で定義されているプロジェクトまたは企業フォルダーにコピーします。

  3. Tekla Structures を再起動します。

\attributes フォルダー内のオブジェクト グループ ファイルを削除する場合は、.PObjGrp ファイルを選択して Delete キーを押します。

Was this helpful?
前へ
次へ