部材、鉄筋、作図オブジェクトの作成

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

部材、鉄筋、作図オブジェクトの作成

さまざまなタイプのモデル オブジェクトを Tekla Structures で作成および変更する方法について基本原理がわかっていれば、詳細なレベルからモデルの作業を開始できます。

モデルの作業を開始するには、まず部材 を作成する必要があります。部材は物理モデルを構築する要素となります。たとえば、部材の形状を変更 したり、ボルト、溶接、カット、またはフィッティングなど部材にディテールを追加 したりするなど、部材を通じて作業は続けられます。

工場溶接やボルトを使用して部材を結合することで、鉄骨部材製品の作業方法を身に着けることができます。

コンクリート部材の場合は、各コンクリート部材は独立したキャスト ユニット と見なされます。工法的な理由により、複数のコンクリート部材を 1 つのキャスト ユニットに結合することが必要な場合があります。現場打ちのコンクリート構造をモデリングする場合、現場打ちコンクリートの作業 方法の確認が必要な場合があります。コンクリート部材のモデルを作成した場合、部材を補強 して、部材の強度を高める必要があります。

また、モデリングの補助として、点または作図オブジェクト の使用が必要な場合があります。点および作図オブジェクトは、モデル内の他のオブジェクトを配置するときの補助機能として使用できます。

Was this helpful?
Previous
Next