モデル ビューでの部材ハンドルおよび部材参照線の表示

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

モデル ビューでの部材ハンドルおよび部材参照線の表示

部材ハンドルは、モデル オブジェクトの移動や、そのモデル オブジェクトの形状またはサイズの変更に使用できます。部材参照線は 2 つの参照点の間の線であり、線の終端にハンドルがあります。

注:

梁などの水平部材を作成する場合は、常に同じ方向 (左から右など) に点をピックします。これにより、Tekla Structuresの図面内で部材を配置して寸法を付けるときの方法が統一され、部材マークが部材の同じ側の端部に自動的に表示されるようになります。

部材ハンドルの表示

Tekla Structures では、部材の方向はハンドルで示されます。部材を選択すると、Tekla Structures はハンドルを表示します。部材の 1 番目の端部には黄色のハンドルが表示され、それ以外の端部にはマゼンタ色のハンドルが表示されます。

部材のハンドルのみを選択する方法については、「モデル オブジェクトの選択」を参照してください。

[直接変更] がオンになっている場合、Tekla Structures では、選択した部材の参照点、角、セグメント、およびセグメント中点にも直接変更ハンドルが表示されます。これらのハンドルは青色です。

ハンドルを使用した部材の長さの変更

直接変更を使用しない場合、部材ハンドルを使用して部材の長さを変更できます。
  1. [直接変更] スイッチ がオンになっていないことを確認します。

  2. 部材を選択します。

    Tekla Structures では、部材のハンドルがハイライトされます。

  3. ハンドルのいずれかをクリックして、選択します。

  4. Tekla Structures では、他のオブジェクトの場合と同様にハンドルを移動します。

    たとえば、右クリックして [移動] を選択します。

    [ドラッグアンドドロップ] が有効であれば、ハンドルをそのまま新しい位置にドラッグできます。

警告:

カット またはフィッティング を使用して部材の長さを変更しないでください。理由は次のとおりです。

  • NC ファイルに情報をエクスポートしたときに、カットが部材の長さに常に反映されるとは限らないので、カットにより工場でエラーが発生する可能性があります。

  • フィッティングが原因で、ジョイントとディテールに問題が生じる場合があります。

ハンドルの入れ替え

[Swap handles] マクロを使用して部材のモデリング方向を変更できます。このマクロは黄色の始点ハンドルをマゼンタに、マゼンタの終点ハンドルを黄色にします。

  1. モデリング方向を変更する部材を選択します。

    Tekla Structures は、部材ハンドルを表示します。

  2. [クイック起動] に移動し、「swap handles」と入力して、表示されたリストから [マクロ.Swap handles] コマンドを選択します。

    Tekla Structures では、部材のモデリング方向が変更され、始点ハンドルと終点ハンドルが入れ替わります。

モデルビューでの部材参照線の表示

部材の作成時には、点をピック して部材を配置します。これらの点が部材参照点となります。2 点をピックして部材を配置する場合、点によって部材参照線が形成され、線の両端にハンドルが表示されます。デフォルトでは、部材参照線はモデル内に表示されません。この線は、部材の中心点にスナップする場合などに表示すると便利です。

  1. ビューをダブルクリックして、[ビュープロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [表示設定(D)...] をクリックして、[表示] ダイアログ ボックスを開きます。
  3. [詳細設定] タブで [部材参照線] チェック ボックスをオンにします。
  4. [変更] をクリックします。

    部材参照線が表示されます。

Was this helpful?
Previous
Next