Tekla Structures ライセンスの管理

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Tekla Structures ライセンスの管理

Tekla Structures には、主に 2 種類のライセンスがあります。
  • 新しい Tekla Structures ライセンスのデフォルト オプションであり、Tekla Model Sharing 機能にライセンスが付与されるオンライン ライセンス。

  • 自社のハードウェアにインストールしたライセンス サーバーでローカルに認証を行うオンプレミス ライセンス。ユーザーは、ローカル サーバーに接続してライセンスを予約します。

オンライン ライセンスの使用

各ユーザーの Trimble Identity のオンライン ライセンスを認証します。その後、ユーザーが Tekla Structures にログインしたときにライセンスを選択できるようになります。管理者ユーザーは、オンライン ライセンスの使用状況を監視し、契約管理者ユーザーは Tekla Online Admin Tool でサブスクリプションの更新を管理できます。

オンライン ライセンスの手順については、「Trimble Identity および Tekla Online ライセンスの管理」を参照してください。

オンプレミス ライセンスの使用

オンプレミス ライセンスの管理を開始するには、次のようにします。

  1. ライセンスのしくみを理解していることを確認します (「Tekla Structures オンプレミス ライセンス」を参照)。
  2. ライセンス サーバーをインストールします (「Tekla ライセンス サーバーのインストール」を参照)。
  3. ライセンス サーバーが Trimble の認証取得サーバーに接続でき、クライアントがライセンス サーバーに接続できることを確認します (「Windows ファイアウォール経由での Tekla ライセンス サーバーの使用」を参照)。
  4. サーバー上でライセンスを認証します (「オンプレミス ライセンスの認証」を参照)。
  5. ライセンスが機能しているかテストし、クライアントをライセンス サーバーに接続します (「ユーザーのライセンス サーバー設定の事前構成」を参照)。

さらに、オンプレミス ライセンスの使用および持ち出しについてアクセス権を定義することで、最も必要とするユーザーに適切なタイプのライセンスを提供することもできます (「オンプレミス ライセンスのアクセス権の変更 (tekla.opt)」を参照)。これにより、誰かが本当に必要とはしていないライセンスを予約または持ち出ししたために、そのライセンスを必要とするユーザーが利用できるライセンスがなくなるといった状況を避けることができます。

ライセンスを更新する場合や、ライセンス サーバーのハードウェアを交換する場合は、ライセンスを返却する必要があります (「オンプレミス ライセンスの認証の返却」を参照)。

オンプレミス ライセンスが信頼できない状態になっているか、無効になっている場合、使用できないためライセンスを修復する必要があります。これを行う方法については、「オンプレミス ライセンスの修復」を参照してください。

Was this helpful?
Previous
Next