オフラインで使用するためのオンプレミス ライセンスの持ち出し設定

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

オフラインで使用するためのオンプレミス ライセンスの持ち出し設定

オンプレミス ライセンス サーバーへの信頼できる接続を利用できない場所で作業するユーザーは、Tekla ライセンス サーバーから認証取得済みのライセンスを持ち出すことができます。ユーザーは、設定された期間有効になる一時的なローカル ライセンス ファイルを受け取ります。

このページの情報は、オンライン ライセンスには当てはまりません。

ユーザーは、Tekla License Borrow Tool により、オフラインで使用するために Tekla Structures オンプレミス ライセンスを持ち出すことができます。ユーザーがライセンスの持ち出しと返却を行うには、ライセンス サーバーへのネットワーク接続が必要です。

持ち出し中のライセンスは、使用中でなくても、持ち出し期間中は予約されるため、他のユーザーは、持ち出し中のライセンスを使用できません。

設定ファイル

ライセンスを持ち出すには、製品 ID ファイル (.tpi) が必要です。ライセンスのアクセス権を管理するためにライセンス オプション ファイル (tekla.opt) を使用する場合、必ずユーザーにカスタマイズされた製品 ID ファイルを用意する必要があります。すべての設定をリスト表示するデフォルト ファイルは、技術的には他の場合にも使用できますが、管理者は、カスタマイズした製品 ID ファイルを提供する必要があります。カスタマイズしたファイルには、実際にサーバーで認証したライセンスが含まれているため、このファイルを使用すると、ユーザーはライセンスを簡単に選択できます。詳細については、「オフライン ユーザーへのカスタマイズされた製品 ID ファイルの提供」を参照してください。

ライセンス サーバーのライセンス オプション ファイル (tekla.opt) で、どのライセンスをどのユーザーが使用できるかを指定できます。詳細については、「オンプレミス ライセンスのアクセス権の変更 (tekla.opt)」を参照してください。

オンプレミス ライセンスの持ち出しのしくみ

ライセンスの持ち出しでは、オンプレミス ライセンスが次のように予約および開放されます。

  • ライセンスの最大持ち出し期間は 1 か月です。ライセンスを持ち出すときに、ユーザーが持ち出しの有効期限を指定します。持ち出し中のライセンスが返却されるか、ライセンス持ち出し期間が終了するまで、他のユーザーはそれらのライセンスを使用できません。

  • ユーザーは、ライセンス持ち出し期間が経過する前に、持ち出しに使用したコンピューターで License Borrow Tool を使用してライセンスを返却することができます。オペレーティング システムの大規模なアップグレード、再インストール、またはそれらのコンピューターのハードウェアに関する重要な変更を行う前に、ユーザーがすべての持ち出し中ライセンスを返却したことを確認してください。

  • ライセンスを新しいバージョンにアップグレードしたり、ライセンス サーバーを新しいハードウェアに移動したりする場合、ライセンス サーバーでライセンスの認証を返却する前に、持ち出し中のライセンスを返却する必要があります。誰がどのライセンスを持ち出しているか確認するには、ライセンス サーバー上の LMTOOLS アプリケーションでライセンスの状態を紹介します。

注:

上記のガイドラインに従わないと、ライセンス持ち出し期間が終了するまで、元々ライセンスを持ち出したユーザーを含め、すべてのユーザーが持ち出し中のライセンスを使用できなくなる場合があります。

  1. カスタマイズした製品 ID ファイルを使用して、ユーザーのコンピューターに Tekla License Borrow Tool をインストールします。
  2. ライセンスを持ち出すには、ユーザーのコンピューターがオンラインで Tekla ライセンス サーバーに接続できる状態で、そのコンピューターにインストールされている Tekla License Borrow Tool をユーザーが開く必要があります。

    Tekla License Borrow Tool のバージョンは、Tekla ライセンス サーバーのバージョンと同じである必要があります。

  3. ライセンスを持ち出した後、ユーザーは、コンピューターをオフラインにして、ライセンス持ち出しの期間中は Tekla Structures で自由に作業でき、終了したり、開き直したりすることもできます。
  4. ユーザーがコンピューターを再度オンラインにすると、持ち出しライセンスをライセンス サーバーに返却する必要があります。

    ユーザーがライセンスを返却しない場合、ライセンス持ち出し期間が終了した後に、他のユーザーがライセンス サーバーでそのライセンスを使用できます。ただし、ユーザーが返却するまで、ライセンスは、そのユーザーの License Borrow Tool にリスト表示されます。

詳細な手順については、「Tekla Structures をオフラインで使用するための Tekla License Borrow Tool の設定」を参照してください。

エンド ユーザーの手順については、「オンプレミス ライセンス サーバーからライセンスを持ち出します。」および「持ち出し中のオンプレミス ライセンスを返却する」を参照してください。

Was this helpful?
Previous
Next