Trimble Connector での ToDo の操作

Tekla Structures
2021
Tekla Structures

Trimble Connector での ToDo の操作

Trimble Connector [ToDo] リストには、プロジェクトに追加された ToDo メモが表示されます。 ToDo メモを追加したり、他のプロジェクト メンバーのメモに返信したりできます。 デフォルトでは、ToDo メモは、すべてのプロジェクト メンバーと共有されますが、解決期限付きで ToDo を割り当てるユーザーまたはユーザー グループを選択できます。

ToDo リストを開いて表示する

ToDo メモを表示または作成するには、現在のモデルにリンクされているプロジェクトが必要です。

  1. [Trimble Connect] リボン タブで、 [ToDo] をクリックします。
  2. [Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • [ToDo] リストを別の条件に従って並べ替えるには、使用可能な列のいずれかをクリックします。

      ToDo メモは、[作成者][受託者][期限][状態]、または [優先順位] に従って並べ替えることができます。

    • 特定の ToDo メモを検索するには、[検索...] フィールドに検索語を入力します。

      Trimble Connector に、検索に一致する ToDo メモが表示されます。

    • ToDo メモをグループ化するには、[グループ化] リストでグループ化オプションを選択します。

      オプションは、[作成者][状態][優先順位][タイプ][注記][日付生成]、および [最終更新日] です。

  3. [ToDo] リストを閉じるには、 [閉じる] ボタンをクリックします。

ToDo メモを作成する

  1. ビューとスナップショットを使用して ToDo を作成する場合は、モデル ビューでネイティブ Tekla Structures オブジェクトを選択します。
    ビューとスナップショットを使用して ToDo を作成する場合は、次の点に注意してください。
    • 座標系は、[作業平面ハンドラー] ツールバーの設定に従います。

    • 一度に多くのオブジェクトのビューを作成すると、ToDo の作成に時間がかかるため、お勧めしません。

    ビューを作成するとき、選択したネイティブ オブジェクトの IFC ファイルが作成され、プロジェクトの root\TeklaStructures-ToDos フォルダーにアップロードされます。

    ビューとスナップショットを使用せずに ToDo メモを作成することもできます。これを行うには、Tekla Structuresモデル ビューでオブジェクトを選択しないでください。

  2. [Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、[ToDo の作成] ボタンをクリックします。
  3. ToDo メモの [タイトル][説明] を入力します。

    [タイトル] および [説明] は必須です。タイトルと説明を付けずに ToDo メモを保存することはできません。

  4. ToDo メモをユーザーまたはユーザー グループに割り当てるには、[受託者] の横にある [選択] をクリックして、プロジェクト メンバーまたはユーザー グループを選択します。

    表示されているオプションをフィルター処理するには、ユーザーまたはユーザー グループの名前を入力します。

    プロジェクトが共有されると、ToDo メモを他のユーザーに割り当てることができます。

  5. 必要に応じて、次の 1 つ以上の操作を行います。
    • 注記を追加するには、[注記] ボックスに注記を入力し、Enter キーを押してタグを保存します。

      複数の注記を追加できます。

    • [優先順位] リストから ToDo メモの優先順位を選択します。
    • ToDo メモの期限を設定するには、[期限] ボックスに期限を入力するか、 をクリックしてカレンダーから期限を選択します。
    • ToDo のタイプを定義するには、[タイプ] リストからオプションを選択します。
    • ToDo メモの状態を定義するには、[ステータス] リストからオプションを選択します。
    • [完了 %] ボックスに、ToDo メモの完了比率を入力します。
  6. 添付ファイルを追加するには、[添付ファイルの追加] をクリックし、次のいずれかまたは両方の操作を行います。
    • および をクリックしてコンピューター上のファイルを参照し、そのファイルを選択したフォルダーに追加します。次に、[OK] をクリックします。

    • をクリックしてコンピューター上のファイルを参照し、[コンピューターから追加] をクリックします。次に、ファイルを現在の [ToDo] メモに添付して [OK] をクリックします。

    添付ファイルをダブルクリックすると開くことができます。

    Windows でファイル名拡張子の関連付けがある場合は、添付ファイルが開きます。モデル ファイルは開きません。

    添付ファイルを削除することもできます。これを行うには、添付ファイルの右側にある [X] をクリックします。

  7. ToDo メモを保存するには、[保存する] をクリックします。

保存された ToDo メモは Trimble Connect に即座に同期されます。ToDo メモが Trimble Connect にアップロードされると、短縮されたプロジェクト名と連番から成る一意の名前が ToDo に付けられます。

Trimble Connect で、ToDo メモは、[ToDo] タブと [アクティビティ] タブで確認できます。

ToDo メモの表示と変更

  1. [Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、表示する ToDo メモをダブルクリックします。
  2. [編集] をクリックします。
  3. 必要に応じて ToDo 情報を調整します。

    たとえば、受託者、状態、または完了率を変更できます。

  4. 変更を保存するには、[保存する] をクリックします。

[ToDo] プロパティ パネルを閉じるには、 [閉じる] ボタンをクリックします。

ToDo メモにコメントを追加する

プロジェクト内の任意のユーザーが、任意の ToDo にコメントできます。

  1. [Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、コメントする ToDo メモをダブルクリックします。
  2. [コメント] ボックスが表示されるまで下にスクロールします。
  3. ToDo メモに関するコメントを入力します。
  4. 必要に応じて、 をクリックして、次のいずれかまたは両方を行うことで、添付ファイルを追加します。
    • および をクリックしてコンピューター上のファイルを参照し、そのファイルを選択したフォルダーに追加します。 次に、[OK] をクリックします。

    • をクリックしてコンピューター上のファイルを参照し、[コンピューターから追加] をクリックします。 次に、ファイルを現在の [ToDo] メモに添付して [OK] をクリックします。

  5. コメントを保存するには、[コメントを追加] をクリックします。

また、プロジェクト管理者や ToDo の作成者は、[コメント] ボックスの隣にある [削除] ボタンをクリックしてコメントを削除することができます。

[ToDo] プロパティ パネルを閉じるには、 [閉じる] ボタンをクリックします。

ToDo メモのマークアップの作成

Trimble Connector で ToDo マークアップを作成して、Tekla Structures および Trimble Connect の両方にマークアップを表示できます。

  1. 現在のモデルにマークアップを追加するには、Trimble Connector の下部にあるマークアップ ツールを使用します。
    表 1.
    ボタン 操作 使用方法

    すべてのモデル ビューからすべてのクリップ平面を削除します。

    • Trimble Connector の下部で、 をクリックします。

    モデルからすべてのマークアップを削除します。

    • Trimble Connector の下部で、 をクリックします。

    測定のマークアップを作成します。

    測定マークアップは、2 点間の距離を示します。

    1. モデルで、距離を表示する点を選択します。

      点、縁端、または面をピックできます。

    2. 測定を配置する点をピックします。

    クモマークのマークアップを作成します。

    1. モデルで、クモマークの中心点をピックします。

    2. クモマークの縁端の位置をピックします。

    Tekla Structures により、ピックした中心位置によって定義されたビュー平面に垂直なクモマークが作成されます。

    線のマークアップを作成します。

    1. モデルで、線の始点をピックします。

      矢印は始点に作成される点に注意してください。

    2. 線の終点をピックします。

    以下で構成されるテキスト マークアップを作成します。
    • テキストまたは UDA、またはレポート属性

    • 引出し線

    1. マークアップ コマンドの下のテキスト ボックスにテキストまたは頭マークを入力します。

    2. マークアップ コマンドの下にあるリストから UDA またはレポート属性を選択します。

      上の図では、承認者がテキストとして入力されており、使用可能な属性のリストから [UDA: 承認者] が選択されています。

    3. 引出し線の始点をピックします。

    4. テキストを追加する点をピックします。

    ヒント:

    使用可能な属性のリストに UDA またはレポート属性を追加するか、または [テキスト マークアップ属性オプション] リストに新しい属性を追加してこれらの属性を選択可能にするには、右下隅にある [テキストのマークアップの属性オプションを維持する] ボタンをクリックします。

    [テキスト マークアップ属性オプション] ダイアログ ボックスが開きます。

    ここでは以下の操作を実行できます。

    • 使用可能な属性のリストに追加する UDA またはレポート属性を選択する。

    • 上部のオプションを使用して新しい属性を追加する。以下の操作が必要です。

      1. 属性が [ユーザー定義情報] または [レポートの作成] の場合に選択します。

      2. 属性のタイプ ([整数]、[二重]、または [テキスト]) を選択します。

      3. 属性の名前を入力します。

      4. 製品属性を追加する場合は、[製品] チェック ボックスをオンにする必要があります。

      5. [+] をクリックし、新しい属性をリストに追加します。

    鉛筆マークアップまたはフリーハンドのマークアップを作成します。

    1. モデルで、マークアップの始点を選択します。

    2. マウス ポインターを移動して、目的の形状を描画します。

      マウスの左ボタンを押したままにしないでください。

    3. マークアップの終点をピックします。

    Tekla Structures により、選択した始点によって定義されたビュー平面に対して垂直にマークアップが作成されます。

  2. Tekla Structures モデルで必要なモデル オブジェクトを選択します。
  3. [ToDo の作成] ボタンをクリックします。
  4. ToDo 情報を入力します。

    少なくとも ToDo のタイトルと説明を入力する必要があります。

  5. ToDo が Trimble Connect と同期されていることを確認します。

    [リストを更新] ボタンをクリックすると、ToDoを Trimble Connect に手動でアップロードできます。

ToDo メモの割り当て

プロジェクトが共有されると、ToDo を他のユーザーに割り当てることができます。ToDo を他のユーザーに割り当てることができるのは、プロジェクト管理者とその ToDo の作成者のみです。Trimble Connector で作成した ToDo のみを割り当てることができます。

  1. 必要に応じて、ToDo の優先順位、タイプ、および状態を設定します。
  2. [保存] ボタンをクリックして変更を保存します。
  1. [Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、割り当てる ToDo メモをダブルクリックします。
  2. [編集] をクリックします。
  3. [受託者] の横にある [選択] をクリックし、プロジェクト メンバーまたはユーザー グループを選択します。

    表示されているオプションをフィルター処理するには、ユーザーまたはユーザー グループの名前を入力します。

  4. ToDo メモの期限を設定するには、[期限] ボックスに期限を入力するか、 をクリックしてカレンダーから期限を選択します。
  5. 必要に応じて、以下のいずれかの操作を行います。
    • [優先順位] リストから ToDo メモの優先順位を選択します。
    • ToDo のタイプを定義するには、[タイプ] リストからオプションを選択します。
    • ToDo メモの状態を定義するには、[ステータス] リストからオプションを選択します。
  6. 変更を保存するには、[保存する] をクリックします。

[ToDo] プロパティ パネルを閉じるには、 [閉じる] ボタンをクリックします。

ToDo ビュー設定の調整

  1. [Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、[設定] ボタンをクリックします。
  2. 使用する [ToDo ビューをダブルクリック] の設定を選択します。
    • カメラとビュー投影を調整します:たとえば、座標系が異なる場合、現在のスナップショット ビューを変更せずに保持するには、このオプションが必要です。このオプションを選択すると、Tekla Structures のビューの投影が ToDo メモのスナップショット ビューの投影と異なる場合、ビューの投影も変化します。
    • クリップ平面の削除と追加:Tekla Structures ビューのクリップ平面が削除され、ToDo ビューのクリップ平面が Tekla Structures ビューに追加されます。このオプションは、[カメラとビュー投影を調整します] オプションを選択した場合のみ使用できます。
    • オブジェクトの選択:このオプションは、ToDo ビューで該当するオブジェクトが選択されている場合、Tekla Structures ネイティブ オブジェクトを選択します。座標系が異なる場合、オブジェクトを選択して、選択したオブジェクトにズームすることができます。

    これらの設定は ToDo メモ内のスナップショット ビューに影響を与えます。

  3. 設定パネルを閉じるには、 [閉じる] ボタンをクリックします。

ToDo メモを同期する

他のプロジェクト メンバーが ToDo メモを作成した場合または ToDo メモにコメントした場合、即座にその ToDo が自動的に同期されます。または、ToDo の変更を手動でアップロードすることもできます。

[Trimble Connect - ToDo] ダイアログ ボックスで、 [リストを更新] ボタンをクリックします。
Was this helpful?
前へ
次へ